生理周期と症状をご説明しています
HOMEこだわりサイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
生理・生理周期・生理周期の特徴について

生理周期と症状

女性の生理周期について
生理周期(生理が始まってから次の生理が始まる日の前日までの日数)は、約4週間(28日間)の周期で変化します。

その生理周期は卵胞期(約1週間),黄体期(約2週間)、月経期(約1週間)の、大きく3つに分けられます。
この生理周期を作り出しているのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という卵巣から分泌される二つの女性ホルモンです。
この2つの女性ホルモンのバランスの変化から、身体的,精神的な様々な特徴が見られます。
 
生理周期には二種類の女性ホルモン
関連情報
生理痛
生理不順
女性ホルモンの変調
生理前症候群
子宮内膜症
更年期障害
不妊症
体内のホルモンは、からだの状態を一定に保つ働きをしています。

女性ホルモンは、女性の体にいつも一定量あるわけではありません。
時期にあわせて必要な量だけ存在しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、美容ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体つきや女性の魅力を引き出すホルモンであり、コラーゲンを増やす働きもあり、肌のつややはりが出ます。
また、骨のカルシウム量を維持する働きやコレステロールの調整機能もあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠サポートホルモンと呼ばれ、体温を上げる働きのほか、体に水分を保持したり食欲を増進したりする働きもあります。

それぞれの生理周期の期間には特徴があります
卵胞期(生理後絶頂期) 約1週間
月経期に成熟しはじめた卵胞が、エストロゲンを分泌し、
子宮内膜が徐々に厚くなり受精の準備を始めます。


生理周期の中でもエストロゲンの分泌が最も盛んで、最も体調が良くなる時期で、肌にもハリやつやがでて、ニキビなどのトラブルも減ります。
副交感神経の働きも活発になり、気分的にも安定し、ダイエットの効果もでやすいと言われています。

生理周期の中では、心も体も絶好調。ダイエットや新しい事にチャレンジするのに最適の時期です。
多少の無理もきく時期ですが、「しすぎ」は禁物です。

※ 排卵期には、おりものが増え、体調が崩れたり、腹痛や不正出血が有る事も。

体は、 体調がいい、女性の魅力が高まる、むくみが取れ,体が軽くなる、リラックスできる
心は、 精神的に安定する、優しくなる外向的になる、自信がみなぎる、性欲が高まる
肌は、 つやとはりが出る,血行が良くなる、くすみが取れる,ニキビが減る

  (肌のコンディション抜群! 皮脂とりパック等、肌の刺激になるケアや新しい化粧   品を試すのも、この時期がおすすめです!)


黄体期(デリケートな調整期・生理前の不調期) 約2週間
黄体ホルモンの分泌が高まり、妊娠に備えて子宮内膜がやわらかく厚くなります。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが急激に変化するので、生理周期の中でも一番精神的に不安定な状態ももたらし、気分が変わりやすくなります。
また、交感神経が優位になってくるので、心身ともに活発になります。皮脂分泌も多くなるので生理周期の中でもっともニキビなどの肌トラブルも多くなってきます。
生理周期の中でPMS(月経前症候群)の症状がでてくるのもこの時期です。 

(デリケートな調整期)

この時期に無理や不摂生をすると,次の時期に響くので注意!
心の安定と不安定が交錯する時期。判断力や集中力も体調もだんだんと低下していくので、ケアレスミスには要注意。
生理周期の中では、最もペースダウンを心がけることが必要です。

体は、大きな不調は無いが・・・鼻血が出やすくなる、むくみや便秘,肩こりや腰痛が起こりやすくなる、食べた物がそのまま体につきやすい
心は、活動的になる,テンションが高まる、笑ったりブルーになったりと躁鬱が激しくなる
肌は、抵抗力がある、皮脂分泌が高まる、自然な保湿ができ,乾燥を防げる

    (肌トラブルはそれほど気にならない時期。 ただし、この時期に不摂生するとニキビを作る素になるので注意!)
(この時期は、生理周期の中で太りやすい時期です)
肩こりや腰痛も起こりやすいので、体を動かし、糖分や脂肪分は控えめに。
便秘になりやすい時期でもあるので、野菜や繊維質の多いシリアル等を摂ったり、次の時期に備えてカルシウムを補給しておきましょう。

(生理前の不調期)
生理周期の中では、もっとも心も体もトラブルだらけ、無理な事はせず、ストレスをためないように心がけましょう。

体は、むくみ、便秘、肩こり、腰痛、胸が張って痛い、眠気が増したり、逆に眠れなくなる、体臭が強くなる、食べ過ぎる、甘い物が欲しくなる
心は、イライラ,怒りっぽくなる、やつあたり、集中力が無くなる、不安感,恐怖心を抱く、憂鬱,落ち込みがちになる
    (それらを食べる事で、紛らそうと、過食になる活動的になる)
肌は、ニキビ,肌荒れ、シミ、血行が悪くなる、クマやくすみが目立つ、アレルギー反応が起こりやすい,かゆみや湿疹が気になりやすい


甘いものが欲しくなる、人と会いたくない、そんな自分を受け入れることも大事。
ひとりでゆっくり過ごしたり、積極的にリラックスを心がけましょう。

判断力が鈍り、生理周期の中で一番ケンカもしやすい時期。
親しい人に自分の状態を理解して貰って、決断が必要なことは月経後まで待つのが無難でしょう。
月経期(生理中ブルー期) 1週間

黄体ホルモンの分泌が減り、不要になった子宮内膜が
血液とともに体外に排出され、生理が始まります。


黄体ホルモンの分泌がなくなるので、生理周期の中でもこの時期が体が冷え、血行も悪くなります。
肌も敏感になり、トラブルも起こりやすいようです。

体は、 生理痛、頭痛、胃の痛み、吐き気、むくみ、貧血、体がだるい、下痢
心は、 憂鬱、ブルー、神経質になる、匂いに過敏になる
肌は、 ニキビ、肌荒れ、毛穴が開き気味になる、乾燥しやすい、肌が過敏になる,
   かぶれや湿疹が起こりやすくなる


(血行が悪くなる時期なので、積極的に血行改善をしましょう)

・ ウォーキングや軽いストレッチで体をほぐす。
・ きついガードルや補正下着など、下着で締め付けない。

(食事にも充分注意しましょう)

鉄分、たんぱく質、カルシウムを補給しましょう。
月経により失われる鉄分を補給するためには、ひじき、海苔などの海藻類、小松菜、魚等を積極的に食べ、。ナッツ類やごま、かぼちゃ、アボカド等のビタミンEやしょうがなど血行を良くする作用があるものを意識して摂りましょう。

もう、マカはお試しになられましたか?
女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です
ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。
女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。
アンデスの薬用植物「マカ」もお勧めのサプリメントです。
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ