納豆ローションの作り方をご説明しています
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ

乾燥肌が潤う納豆ローションの作り方

肌の水分量や保湿因子をふやし、乾燥肌を根本から改善夢のPGCでつるつるでピチピチ肌に!
「スパスパ人間学」でも紹介され大反響をよんだ、ごく身近にある納豆から家庭でも身近に作れる納豆ローションが、
乾燥肌を若々しいうるおいのある肌に,、一度あなたも試してみませんか
用意する材料と道具 納豆(約100グラム・2パック程度) 無水エタノール500ミリリットル(薬局で購入)
ボウルなどの容器 ガーゼ  はし(棒状のものであればOK)
納豆をはしでよくかきまぜる。
納豆のネバネバ成分がPGAなので、全体が少し白っぽくなるまでしっかりとまぜるのがコツ
別の容器(500ミリリットルはいるもの)に移し、300ミリリットルの水をそそいで納豆のネバネバを水を洗い落とすようにかきまぜる
水がやや糸を引くようようにトロッとなったら、3枚以上重ねたガーゼでこす 一気にそそぐと、納豆液がこぼれてしまうことがあるので注意
濾過したら、豆をつぶさないように、そっとガーゼを絞る 豆がつぼれると、PGA以外の成分が混入してしまうので、キュッと絞らないこと
ガーゼを3枚以上重ねて、もう一度こす
これでおよそ250ミリリットルの納豆液がとれる
500ミリリットルの無水エタノールの中に、納豆液を少しずつそそぎ入れ、はしでかきまぜる このとき、なるべくゆっくり液をそそぐようにする
はしそのものを回転させながら、液体をまぜていくと、はしにPGAが巻きついてくる 液体が透明になり、感触が軽くなってきたら、はしを取り出し、残った液は捨てる
巻き付いたPGAをピンセットで外し、新たに500ミリリットルの水で溶かす 溶けにくいので、ハサミや包丁で細かくきざむといい
PGAがほぼ溶けたら、できあがり 溶けきらないPGAがあったら、再度ガーゼでこすか、ピンセットなどで取りのぞく
簡単でしょう   さあ皆さんもピチピチの潤いをお肌に!
納豆ローションの作り方は、マキノ出版の安心「手づくり・納豆ローション」
福岡女子大学 助教授 白石 淳 先生の記事より
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントをご紹介いたしております。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ