免疫力についてご説明しています
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
免疫力・免疫力低下・免疫力を高めることについて

あなたの免疫力は大丈夫か

免疫力とは、生命の存続に不利な事柄(体内に侵入した細菌やウィルス、毎日体内で5000個程度発生している腫瘍など)を排除する力(免疫力)であり、リンパ球など白血球に含まれる細胞によって担われています。
免疫力の働きを分かりやすく例えると、病気という津波から健康を守るための防波堤といえます。


そのため、防波堤(免疫力)が高ければ高いほど大きな波(病気)を防げます。
これは、免疫抑制剤、HIV、先天性の免疫不全症など免疫力が低下した人では感染症やガンなど様々な病気が引き起こされることからも証明されています。 また、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息など現代人に急増しているアレルギー症状は、免疫力のバランスが崩れることにより発症するのではないかとの見解が種々の学会でも発表されております。



個々の人の免疫力は非常にバラエティにとんだものであり、マウスなどの実験動物のように一元的に話をすることは不可能です。個人差の原因として生活環境や遺伝も大きく関わっていることが知られています。
例えば、ガン家系と呼ばれる人達は、未知および既知の遺伝性のガンも含めてですが、各研究データーにおいて正常より免疫力が低いことが分かっています。


免疫力は、生活環境、中でも日常生活におけるストレスや疲労などにより低下することが知られています。そのため、規制正しい生活習慣やバランスの取れた食生活、適度な運動などを心がけ、ストレスや疲労にうまく対処することで、免疫力を高めることが大切です。

免疫増強作用の担い手はアルカロイドで、体内に侵入した病原菌や毒素などの異物を判断し、それらを体外に排出する機能のことです。
免疫力は、たとえば細菌やウイルスなどの外敵は、のどや鼻、腸の粘膜から侵入しようとします。
このとき、粘膜には粘液が分泌し、外敵が粘膜にくっつくのを防御し、また気管などに繊毛がなびいて外敵を体外に排除しようとします。
また外敵が体内に侵入しても、好中球(白血球の一種)とマクロファージなどの食細胞に食べられてしまいます。


マクロファージは細菌のほかに、ウイルスやガン細胞までも食べてしまうので、ガンへの効果が期待されるのです。アルカロイドによって免疫組織が刺激されれば、その機能が活性化し、異物となる病原菌に対する抵抗力が強くなります。これによつて人間が本来もっている自然治癒力が高められるわけです。
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ