妊娠と基礎体温についてのご説明をしています
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
妊娠と基礎体温・赤ちゃん・排卵日について

妊娠と基礎体温

妊娠の為に基礎体温表をつけましょう
不妊症基礎体温は女性ホルモンの分泌に影響され変化します。
つまり基礎体温は女性ホルモンが正しく働いているかを知るための重要な手がかりです。
毎日つけていることで曲線の形から、排卵の有無を予測することができます。
キチンと排卵がおこっているか調べると同時に排卵日を予測しましょう。
※ほとんどの不妊外来で、初診時、数ヶ月分の基礎体温表を求められますのでがんばってつけておきましょう
基礎体温の測り方>
1、婦人体温計を枕元に置いて寝る。目覚めたら動かずふとんの中で計測します
2、婦人体温計は舌の下の奥に入れて口を閉じて計測します。
3、なるべく毎日同じ時間に測定しましょう。また、最低でも5時間以上睡眠後に測定しましょう。
4、夜更かし、飲酒、風邪など体調・体温に影響がでやすい場合はメモしておきましょう
<基礎体温計・婦人体温計>
1/100度までを表示できる体温計。デジタルのものや、メモリー機能付きやグラフ表示のものなど多機能なものが多種類あります。
☆仰向けで口に入れてるのは結構口が疲れます。軽いものがオススメです。
☆毎日、データを書き写すのが面倒な方はメモリー機能付きを使い、数日分あとからまとめて記録しちゃいましょう。
<妊娠と曲線のパターン>
正常な排卵の場合は、排卵が起きてから生理が始まるまでの約2週間が高温相、生理が始まって排卵が起こるまでの約2週間が低温相になります。
☆婦人体温計に付属の説明書に、正常な曲線、その他のパターン、パターンから読みとれるトラブルなどが説明されています。もちろん妊娠しやすい時期についても説明されています。
妊娠する為には、排卵日を予測しよう
排卵日の予測方法>
1.基礎体温
排卵により基礎体温は高温期に入ります。高温期から低温期に入ると生理が始まります。
2.頸管粘液測定
排卵が近づくと子宮頸管には、精子をうまく留めておくために、卵白状の粘液が出てきます。
おりものが卵白状になり粘性が増してきたら、もうすぐ排卵だと予測できます。
排卵が近づくと指で伸ばして15cmくらいのびます。
3.LH測定
血液中のホルモンであるLHの値は排卵前に急激に上昇し、そして下降します。この急激な下降によって排卵がおこります。LHが一定値を超えることで24時間内の排卵を予測できます。尿中LHの判定薬は薬局で7日分3000円くらいで購入できます。
4.頸管粘液・だ液の構造
顕微鏡で見たとき、排卵が近づくと頸管粘液はシダ状になります。同時にだ液もシダ状に見えることがわかっています。
妊娠しやすいタイミングをあわせよう
一番大切なのは、妊娠しやすいタイミングに夫婦生活を持つということ。
卵子は排卵後約24時間しか生きていられず、精子は子宮頸管粘液の中で2.3日生存していると言われます。
排卵の前後に夫婦生活を持ち、妊娠の可能性を高めましょう。
妊娠しやすい身体づくりをしよう
高度医療や技術を使っても、タイミングをバッチリあわせても妊娠に「必ず」というのがないのが難しいところ。
日頃から健康なカラダ、妊娠しやすいカラダづくりに努めましょう
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、最適な体内環境作りをサポート
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ