女性ホルモンの変調について
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
女性ホルモン・ホルモンバランス・ホルモンバランスと自律神経について

女性ホルモンの変調

女性がホルモンバランスを崩し体調が悪くなる場合とは

女性は一生に三度大きくホルモンバランスを崩す時期があります。

「三関」と呼ばれ、その時期、様々な女性特有の症状が現れます。

1、初潮期…生理痛・生理不順・発育不全・肌荒れ(ニキビ)
2、妊娠・出産期…生理痛・肌の老化・腰痛・不妊症/性交痛・体系の崩れ
3、閉経期…熱感/発汗/動悸・性欲減退・女性らしさの喪失・身体や肌の老化(シミ・シワ・くすみ)

更年期障害の原因になるエストロゲンは、思春期を迎えると卵巣で大量に作られるようになります。
その主な働きは次のようなものなどです。

1、子宮壁を厚くし受精卵が着床しやすい環境を作り、規則正しく生理を起こす。
2、骨密度を高くして強固な骨を作る。
3、肌に潤いと、コラーゲンを増やすことで張りのある肌を作る。
4、乳房を大きくする。
5、下腹部の筋肉をしっかりと保つ。

しかし更年期や何らかの理由で、エストロゲンの量が減ると、閉経が起こり、骨も弱くなり、肌の潤いや張りもなくなります。

更年期の症状は、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少で起こります

女性ホルモンのバランスがくずれると

自律神経のバランスが崩れ、、さまざまな症状が全身にあらわれます。
肩凝りや頭痛、疲労感、めまい、不眠、冷え、下痢や便秘、食欲不振や生理不順などいわゆる不定愁訴といわれるもので、一度に複数の症状が出たり、日によって症状が違ったりするのが特徴。検査をしても異常がみつからないので、本人は原因がわからずに不安がつのり、ますます調子が悪くなるという悪循環にもなることも。

ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れる原因は

精神的ストレス    

人間関係や仕事などの精神的ストレスは、自律神経を乱す大きな原因となります。

自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、バランスを崩しやすいといえます。

身体的ストレス

急激な温度変化や不規則な生活、激しい運動などの外的な刺激。

体の内部変化

更年期は、女性ホルモンの減少で自律神経失調になりやすくなります。
また感染症なども原因のひとつ。

女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です
ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。
女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ