不妊検査についてご説明しています
HOMEこだわり天然と合成サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
不妊・不妊症・不妊検査・不妊症内診について

不妊検査について説明


不妊の検査とはどのような検査か、ちょっと心配になりますね
そんな皆さまのお役に立てば幸いでございます

検査の項目は病院・クリニックによって多少異なりますので、
一般的な検査についてのご説明です。
女性が受ける検査

初診の検査について
不妊症内診(基本)
膣鏡を膣の中に入れ、子宮頸部や子宮の出口を観察します。
また子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症の検査のため、指を使ってお腹と腟の両方から子宮や卵巣を調べます。
不妊症超音波検査(基本)
子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープ、多嚢胞性卵巣を調べるために、膣の中に超音波を出すプローベという器具をいれる経膣式の超音波検査をします。
これにより子宮や卵巣の位置や大きさ、構造を観察します。
不妊症その他
クラミジア検査、子宮頸ガン・体ガンの検査を行うこともあります。
不妊症の低温期に受ける検査
ホルモン検査(基本)
低温期には、卵胞を育てる卵胞刺激ホルモン、排卵を促す黄体化ホルモン、乳汁を分泌させるプロラクチンの値の測定をします。
ホルモン負荷検査(精密)
特定のホルモンを注射し、一定時間経過後に採血をし、ホルモン値の変化を調べます。
子宮卵管造影検査(基本)
子宮に造影剤を注入します。造影剤が子宮->卵管 腹腔内へと流れたところをレントゲンで撮影します
卵管の通り、子宮腔の異常、おなかの中の癒着などがわかります。またこれにより卵管の詰まりが改善されることもあります。
さらに、その翌日、さらにレントゲン撮影をして造影剤が卵管に残っているかを観察します。
卵管通気検査(基本)
卵管造影の代わりにより簡単に行う検査です。子宮の出口に卵管通気用の器具をつけて、子宮腔に二酸化炭素を注入し、圧力変化を調べます。卵管の通り具合がわかります。
不妊症の排卵期に受ける検査
フーナーテス(基本)
精子の量・精子の運動率、頸管粘液の粘度・酸性度、抗精子抗体の有無などを調べるために、排卵期になり子宮頸管粘液が増えるころに、自宅で性交をしてもらい、女性がその3時間〜12時間後に受診します。

子宮頸管から頸管粘液を採取、それを顕微鏡で見て、頸管粘液の中で精子がどのぐらい元気に動いているかを調べます。しかし、たまたま結果が悪くなることも少なくないので、何回か受けることがよいようです。
超音波検査(基本)
超音波は臓器などの境で反射する性質があります。返ってきた反射波を画像として受診しておなかの様子をみます。卵胞の発育や排卵の有無、子宮内膜の厚さや内膜のパターンを観察します。
不妊症の高温期に受ける検査
排卵後のこの時期、子宮に受精卵の着床準備ができているかどうかを調べます
黄体ホルモン検査
高温期の7日目ころに採血し、黄体ホルモンの測定します。値が低いと黄体機能不全と診断されます。
子宮内膜組織検査(精密)
子宮内膜を少しだけ採取し顕微鏡で観察します。子宮内膜の組織像の変化が正常かどうかを調べます。
その他
腹腔鏡検査(ラバロ)
おへその下(または上)に小さな穴をあけて腹腔鏡を挿入し、腹腔内を観察します。臓器を直接見られますので他の検査で見つけられない異常を見つけることもできます。癒着をはがしたり、初期の子宮内膜症の治療も同時にできます。同時に、卵管通水を行ったりすることもあります。腹腔内には炭酸ガスを注入してふくらませておきます。操作鉗子を入れる場合は他に1〜2カ所同様の穴をあけます。全身麻酔で5〜7日くらいの入院が一般的ですが、1泊2日でできる病院もあります。
子宮鏡検査
子宮腔に異常が疑われるときに行います。ファイバースコープなどで子宮腔を観察します。子宮筋腫や子宮内膜ポリープを見つけることができます。
抗精子抗体検査
女性の身体に精子に対する抗体ができていないかをみる血液検査です。 フーナーテストの結果が悪く、夫の精液検査で問題がないときに行われます。不妊症女性の数パーセントに抗精子抗体があるといわれています。
排卵時期を知る検査
タイミング療法や人工授精などといった実際の治療のために排卵時期を知ることは重要です。
子宮頸管粘液検査
子宮頸管粘液を採取し、顕微鏡で観察します。頸管粘液は、卵胞から出される女性ホルモンのエストロゲンの作用で排卵日が近づくと、透明で糸を引くような粘性が増え、シダの葉のような結晶になる特性があります。粘液の量、粘性、結晶像のできかたから予測します。
LH検査
排卵が近づくと、脳下垂体から黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌され(LHサージ)ます。LHサージを受けて排卵が起こります。尿中のLHサージの開始からは24〜36時間後に、血液中のLHサージの開始からは36時間〜後に排卵が起こることがわかっているので、排卵日を予測することができます。
超音波検査による卵胞径測定
卵胞の直径は個人差がありますが18mm〜22mmくらいになったとき排卵します。卵胞径のを計測することで排卵日の予測ができます。
不妊症の男性が受ける検査
精液検査
自宅で採取した場合は2時間以内に病院に届けます。精液検査では、精液の量、精子濃度(1ml中の精子の数)、運動率、奇形率、白血球数を調べます。
この検査を数回行って結果が悪い場合には、泌尿器科で異常の原因を調べる検査を行います。
問診・尿検査
過去の病歴や異常の有無を聞かれます。尿検査では糖、たんぱく、白血球、赤血球数を調べます。
性器の検査
皮膚の状態、奇形や外傷、前立腺の異常がないかを見ます。
精巣組織検査(精密)
精液検査で無精子症と診断された場合に行われます。局所麻酔をかけて、小さな器具で精巣組織を少しだけ切り取り顕微鏡で観察します。短時間で終わり入院の必要はありません。
精管レントゲン検査
精巣組織検査で異常がないのに精液中に精子がまったくいない場合、精管の詰まりが疑われます。造影剤を注入してレントゲン撮影をします。
尿中精子検査
逆行性射精とは、射精時に精液が尿道から 出ずに膀胱内に入る状態をいいます。精巣組織検査で異常がないのに精液中に精子がまったくいない場合、射精後に尿を採り、尿の中に精子がいるかどうか調べます。
ホルモン検査
造精機能に異常があるばあい、ホルモンの異常が疑われます。血液検査によりホルモンの量を調べます。
精策静脈癌の検査
超音波や血管造影を行います。触診で精策静脈癌が疑われた場合に行います。
精液培養検査
精液検査で白血球が多かった場合、炎症や感染症(クラミジアなど)が疑われます。精液を培養して細菌の種類を調べます。
初診はほとんどが30分未満であり、ほとんど健康保険でカバーできる場合が多いので、早めに医師にご相談されことをお勧めします。 又女性の場合は生理の周期に合わせて、4回の来診ですむ事が多いようです。
         関連情報: 妊娠のプロセス  妊娠と体重について  妊娠の為の運動
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、
体内環境をサポートします

  >コウノトリの羽のご案内
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ