子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

子宮内膜症という病気は、一言でいうと「子宮の内腔以外の場所にも子宮内膜が生育している病気」といえます。

子宮内膜は本来自分の身体の中(=子宮の内腔)に存在するものですが、あるべき場所ではないところにもそれが認められるような病気である、ということです。

病気の根本は、実は単純にそれだけのことなのです。
しかし、このことが原因となって身体に現れる症状は意外に多岐に渡るものであり、しかもその症状の中心にあるのは「痛み」であるという点が最も問題になる点であるといえる
でしょう。
子宮内膜症というのは「子宮内腔以外の場所に子宮内膜が生育している病気」ですから、身体のどこかに子宮内膜が生育している場所があることになります。すると、その場所でも子宮内腔で起こるのと同様に、毎月内膜が増殖と剥離出血を繰り返すことになります。

初期のころは無症状が多いようですが、病状がすすむに連れてほかの子宮内膜症と同じように、寝込んでしまうほど生理痛がひどくなったり、腫れた卵巣が他の臓器を圧迫して癒着(ゆちゃく)が起こると腹痛や下腹部痛、排便痛、性交痛を感じることもあります。
まれに卵管がつまってしまい、受精がうまくいかずに妊娠しにくくなったり、不妊症の原因になることもあります。

また、子宮筋腫は月経が始まる前の女性にはほとんど発生しないこと、また、月経が終わる年齢になると筋腫が小さくなることを考えあわせると、子宮筋腫の発育には月経をおこすホルモン、すなわち卵巣のホルモンが深く関ってきていることが考えられます。

筋腫が育つ環境を見ると、卵巣からのホルモンが必要であることは何となく理解できますが、子宮の筋肉の中になぜ筋腫に育つ細胞の芽が生まれてくるかは不明です。また、子宮のなかに筋腫が一個だけできることは少なく、同時にたくさんできる場合がほとんどです。

筋腫の原因として、卵巣からのホルモンの一つであるエストロゲンの関わりが考えられてきました。しかし、動物にエストロゲンを長期間、大量に与えても、実験的に子宮の筋肉の中に筋腫をつくることはできていません。このことから、既にできあがっている子宮の筋肉ホルモンを作用しても、筋腫の芽はできないのではないかと考えられます。

一つの考え方として、子宮の筋肉が出来上がる前の段階も考慮しなければなりません。子宮の筋肉は、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいるときに作られ始めます。この時に、なんらかの原因によって筋腫の芽が作られる可能性が考えられます。
子宮の筋肉は、赤ちゃんを育てるために、毎月の月経周期ごとに大きくなる準備をしています。
しかし、妊娠しないで月経を繰り返していると、妊娠にむけて細胞を増やす準備をしていた子宮の筋肉は、細胞増殖の準備作業を何度も途中でやめなければならない状態になります。

この、細胞が増えようとする仕組みが中途半端な状態でとめられると、細胞に異常がおこる場合があります。すなわち月経を繰り返すこと事体が、子宮の筋肉の中に筋腫の芽となる細胞を生み出す原因となるとも考えられます。

妊娠中にみられる骨盤内の腫瘍のなかで、子宮筋腫はもっとも頻度の高い良性の腫瘍です。100人の妊婦のうち、0.3~2.6人が腫瘍をもっているといわれています。筋腫があっても気づかずに分娩をすませる人もいるので、実際にはさらに多くの人が「筋腫合併妊娠」であると思われます。

妊娠すると女性ホルモンがたくさん作られるようになりますが、このホルモンの働きによって子宮が大きくなっていくのと同時に、筋腫もこの女性ホルモンの働きで大きくなっていきます。特に妊娠前期には女性ホルモンが急に増えるため、筋腫も急激に大きくなります。

この時期にそれまで気づかなかった筋腫が発見される事はよくあります。
妊娠中期になると、弾性のある硬い腫瘤であった筋腫は、多くの場合、やわらかく変化し、周囲の子宮の一部のようになってきます。

従って、筋腫のほとんどは、胎児の発育や分娩に支障はないと考えられています。特に漿膜下筋腫の場合は胎児への影響は少ないと考えられています。