線維筋痛症、強直性脊椎炎について

線維筋痛症とは、全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気とのことです。

「関節や周囲の骨、筋肉などが痛む病気」という意味でリウマチ性疾患のようです。
しかしリウマチのような関節の腫れや変形はなく、一般の検査では目立った異常はみつけられないのが特徴です。

症状としては
全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。

痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になります。
随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。
中には、リウマチや他の膠原病を併発している場合もあります。
痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられております。
死に至る病ではありません。

線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。

そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴など他の病気と診断されることも少なくありません。
現在人口の1.66%、約200万人いるのではないかと疫学的に発表されております。

血液、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素、CT、MRIを検査しても異常がなく、線維筋痛症と診断できる検査がありません。
そのため患者の多くは診断されるまで、何箇所もの医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。

原因はまだ未解明です
アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようですが、はっきりはしておりません。
また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われております。

治療薬については、だれにでも効くという特効薬はまだないようです。
リウマチ薬を含む膠原病の薬、向精神薬、神経の薬などの組み合わせが効くこともあり、その意味では、リウマチの効果のあるキャッツクローはお試しいただく価値はありそうです。

強直性脊椎炎について
脊椎(背骨)が強直する(連続的に融合する)特徴をもつ病気です。
しかし、これはかなり後期にみられる症状で、病気の初期から一貫してみられるのはむしろ、骨盤にある仙腸(せんちょう)関節の炎症です。炎症が最初に現れる部位は、骨に付着する靭帯(じんたい)および関節包(かんせつほう)(靭帯付着部炎)、関節近くの靭帯組織、滑膜(かつまく)、関節軟骨などで、進行すると徐々に線維性および骨性の強直を引き起こします。
原因は現在も不明ですが、白血球の血液型でHLA│B27陽性の人に高率にみられます。

主な症状には全身症状、骨格症状、骨格外症状があります。
全身症状は、初期に体重減少、食欲不振、疲労感、発熱、貧血などが起こります。
骨格症状は、徐々にあるいは突然、腰背部痛(ようはいぶつう)が現れます。長い安静後に悪化し、軽度の運動で改善します(表11)。靭帯付着部炎による、関節外あるいは関節近くの骨の圧痛が病気の初期にみられます。また、股関節や肩関節など躯幹(くかん)に近い部位の関節に痛みや運動制限が起こります。胸部に起こるさまざまな関節炎のため、胸郭(きょうかく)を十分拡張できないことに気づく患者さんもいます。

関節症状が進行すると、最終的には強直になります。脊柱に強直の変化が進行すると、脊柱全体に運動制限が現れ、前屈みなどの動作が困難になります。
骨格外症状としては、眼に現れる急性虹彩炎(きゅうせいこうさいえん)(急性前部ぶどう膜炎)があります。
また大動脈弁閉鎖不全(だいどうみゃくべんへいさふぜん)を起こしたり、まれですが脊椎骨折(せきついこっせつ)や頸椎(けいつい)の骨折・亜脱臼(あだっきゅう)による神経症状を起こすこともあります

治療の方法
痛みを和らげる治療と運動療法が基本的な治療になります。運動によって疼痛、こわばりを軽減し、不都合な位置での強直を防ぎます。
薬物療法では、非ステロイド性抗炎症薬(いわゆる消炎鎮痛薬)が中心になります。
最近では、サラゾスルファピリジン、メトトレキサートなどの抗リウマチ薬が有効な方もいます。