性欲が弱い

性欲が弱い原因はテストステロンの分泌低下

男性の性欲が弱いことは、性欲はそれぞれの個性みたいな面もあるのですが、全般的に現代の男性は性欲が弱くなってきているようです。
要因の一つには、精子製造に関することがあるようですし、その原因は男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下が、男性の性欲の低下にあると考えられています。

男性の精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。
まず、性欲を増大させペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になります。
この視床下部への刺激物質がテストステロンでありテストステロン濃度の増量は性欲つまり性的衝動には必要不可欠です。
テストステロンの一番重要な働きは、男性の性欲と性機能を高めることで、EDや中折れの心配もなくなります。

加齢などにより体内のテストステロンの濃度が減少すると、性機能が衰え性欲も低下するばかりでなく、インポ(ED)や中折れや勃起不全の原因になります。

インポ(ED)とは、勃起機能の低下のことで、男性なら多くの人に起こり得る病気です。
男性が性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

最近、日本で行われたインポ(ED)についての疫学調査の結果によると、日本でも現在、40~70歳の男性の半数以上が何らかの原因で性欲が低下しEDになっていると考えられています。

勃起は、睾丸から分泌された精液がある程度たまると、男性は大脳にこれを体外放出(性欲)したいという欲求が生じ、性的刺激に敏感になります。ペニスが刺激を受けた時、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入します。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じ、血液の環流を不可能になり、陰茎海綿体に血液が充満しペニスが硬く大きく屹立します。これが勃起です。

ペニスへの血液の流れには二つのパターンがあり、ペニスが勃起していない時、大部分の血液は「動脈‐静脈わき道」を流れ、少量の血液だけがペニスに流入し、組織の恒常性を維持します。 「輸入動脈」と「輸出静脈」を流れる血液量が多くなるにつれて、ペニスの海綿体中の血液量が増加し、勃起の程度は高くなります。当然、そのとき、「動脈‐静脈わき道」を流れる血液量は少なくなります。

男性の性欲と勃起には、交感神経と副交感神経が深く関わっています。
「輸入動脈」には関門があります。正確には、関門とは、動脈血管壁を形成している中膜の平滑筋を指します。 末梢神経が関門周辺に接触しています。末梢神経には、交感神経系と副交感神経系のものがあり、ペニスの萎縮は交感神経系のシグナルによって、勃起は副交感神経系のシグナルによって引き起こされます。

男性は、平静時には、交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が関門へ伝達され、両方のシグナルが互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。
ストレス、恐怖、緊張などを感じたとき、交感神経系のシグナルが副交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、ペニスは萎縮した状態になります。

男性のインポ(ED)は、ストレスなどの"精神的なもの"と思っている方は案外多いものです。
たしかに精神的、心理的な原因もありますが、その他にも糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒など、好ましくない生活習慣からや男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下により、性欲が弱い体質となりインポ(ED)が起こります。