精子量と運動の向上

睾丸で作られた精子は、 副睾丸に運ばれここ10日~20日間蓄えられます。

この間精子は成熟して、前進運動をする能力などを獲得します。
そして、副睾丸から精管といわれる管を通り、精嚢から分泌される精嚢液によって成熟して、前立腺から分泌される精漿と混ざり合って、精液が作られます。
睾丸の造性機能は脳下垂体から分泌されるホルモンがつかさどっており、この脳の部分は非常にストレスの影響を受けます。
人体は、外部から攻撃(ストレス等)を受けると一番必要な部分へ栄養等を回す為、生殖器官への養分は二の次、3の次になります。

そこで、非攻撃要素を先ず緩和する事です。(深酒、夜更かし、仕事のしすぎ)サブリメントも有効ですが、先ずは、食べ物から改善していかないと中々良くなりません。
毎食、貝類の御汁と海草類をたべ、6時に起き10時までに寝る事。
それと、睾丸部分を良く冷やす事(下着も越中褌がベスト

具体的には・・
*睡眠をよくとる
*缶コーヒー、炭酸飲料をやめる
*禁煙しアルコールは付き合い程度
*肉は鳥のみ、牛乳、卵はとらない
*コンビニ弁当やハンバーガーをやめる
*小魚と豆をたくさん食べ

精子に悪いライフスタイルが精子の量を減少させます。

・ 過度なストレスによる、ホルモンバランスの変化
・ セックスに対して無力・早漏・相互のセックスに対する相

サウナ等の睾丸への激しい刺激
サウナ等で睾丸を高温を刺激することにで、一時的に精子の量は減る可能性があります。

喫煙による精子の量の減少
喫煙は、精子の量、精子の運動性を損なって、精液寿命を減少の変化を引き起こすかもしれません。 1999年の調査では、煙草を吸う男性が禁煙しない男性に比べてセックスの回数が少ないという結果も得られています。

不可欠な栄養素の摂取不足
欠かせない栄養素(例えばビタミンC、セレン、亜鉛と葉酸)の欠乏は、精子量の減少の因子になると考えられています

肥満
すべてではありませんが、いくらかの研究では、男性の精子の量において肥満との間の関係性を見つかっています。

遺伝による精子の量の減少
遺伝要因は、男性の不妊性の重要な誘因であることがわかっています。
そのような遺伝子の状況は受け継がれるかもしれないか、環境攻撃に起因するかもしれません

金属からの影響
鉛、カドミウムまたはヒ素のような金属の接収は、精子の量に影響を及ぼすとも考えられています。
精液の中のこれらの金属の痕跡量は、先体に含まれる酵素の機能を妨げるようです。

放射線治療
放射線治療/X線は少なくとも細胞に影響を及ぼします。
精子を生産する細胞は放射線障害にすごく敏感です。通常の精子を生産を再開するために最高2年の歳月が掛かるかもしれません、ひどい状況では、決して回復しないかもしれません。

睾丸の造性機能を良くするには・・・
生活が不規則になりがちな男性は、特に食事をしっかりとる必要があります精子を元気にし、精力をアップするためには、毎日の食生活が基本です。

精子生成に欠かせない栄養素

ビタミンE 亜鉛
ビタミンEが不足すると、男女ともに生殖能力の低下を招きます。また、ビタミンEは血行をよくし、冷え性を改善する働きがあります。

●ビタミンEを多く含む食品●
ナッツ類、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草、アボガドなど 男性ホルモンの合成を促すミネラル、亜鉛が不足すると、精子の製造能力が下がります。

●亜鉛を多く含む食品●
カキ、ホタテ貝、牛肉、たらこ、しょうが、ナッツ類

ビタミンB ビタミンA
疲労回復・スタミナアップに効果を発揮するビタミンです。

●ビタミンBを多く含む食品●
うなぎ、豚肉、大豆製品、しいたけなど がん抑制に効果のあるビタミン


ビタミンA

ビタミンAは、抵抗力をつけ、身体の活性化させるもととなります。

●ビタミンAを多く含む食品●
やつめうなぎ、レバー、鶏卵、小松菜、ほうれん草など

アルギニン
タンパク質の形成する必須アミノ酸の一種。精液の80%を占めている成分です。
●アルギニンを多く含む食品●
豆みそ、ナッツ類、玄米、ゴマなど

日頃の食生活の中で、意識して取り入れましょう。