精力減退を改善する

男性は、異性に興味失い、使わなければ、精力減退してしまう。

どんなに優れたものでも、その目的にしたがって使っていかなければ、機能不全あるは機能停止に追い込まれてしまうのです。
性に関する精力減退のことも例外ではありません。

精力減退も使わなければ、機能が衰え精力減退になるのは当たり前であり、性交を謹むことは何の意味も持ちません。
男性の場合には、睾丸から常につくられた精子を溜め込んでおく「精のう」がありますが、非常に重要な働きをする精のうは、ここで使われなかった精子を破壊したり、あるいは、精子を吸収して、体内の活力源へ送り出す働きをしています。

セックスをしたときに、精のうに溜められた精子が、強く収縮して絞りだされるようにして、ペニスを通して外に排出されるのだが、射精という行為が行われなくなると、収縮力が弱まり、かつ精子を吸収する力も弱まってくることから、体内へ活力源としてのエネルギーを送り出すことができなくなります。
そして、しまいにはしぼんだ風船かゴムまりのようになってしまうのです。 
長期間、射精をしないと精のうは、機能が低下し精力減退となり、その後、機能を失ってしまうのです。

どのぐらいの期間、射精という行為をしなければ精のうの機能が失われ精力減退になるかについては、個人差があるから一概にはいえない。

しかし、若いときよりも、歳をとってからのほうが精力減退や機能の衰えは早いということは確かだそうで、若いときは性に興味深々だから、セックスに消極的になる精力減退はなどはまれです。
したがって、いつまでも精力減退に無関係であり続けるためには、歳がいくほど、規則正しい性生活をおくるのがいいのですが、どうも現実はかなり状況が違うようです。
不景気が続き、リストラにおびえる状態では、性生活もおろそかになってしまい精力減退になりますが、そんなときだからこそ、精力減退を避ける為にも、中年は頑張って性生活をおくることで、精力を再び取り戻すことができるのです。

精力を高めるためにはどうしたらいいのか。

セックスは下半身で行うものと思っている人が多いようですが、実際は脳下垂体の周辺にある性中枢によって支配されています。
そのため、精子を製造する睾丸をいくら性能がよくても、性中枢に問題があると、性欲は起こりにくく精力減退になるのです。


交通事故などで脊椎を損傷し、性器には以上がないが勃起できないのは、性中枢からの指令経路が寸断されて精力減退になっているからで、その逆に、性器がなくとも性欲が起こることもあるのです。

精力減退を避け、性欲や精力を高めるためには、この性中枢を刺激することなのです。

性中枢へのマッサージだとか、あるいはレンタルビデオ店でポルノビデオを借りてきて、カップルで鑑賞するなどの方法によって、性中枢を高めると精力減退を避けるにはいいでしょう。
特に男性の場合には、目からの刺激は性中枢を刺激し、男性ホルモンの分泌を盛んに促す結果になり精力減退を防止できます。
性中枢への刺激の第二は、性生活のマンネリ化を解消し精力減退を回避することです。
環境を変えるとか、いろいろな工夫がマンネリや精力減退を防ぐコツでしょう。
中高年からのセックスライフは、子育てを終えたこともあり、もっとエンジョイすべきものなのではないでしょうか。