リウマチ(関節リウマチ)

リウマチ(関節リウマチ)は、自分の体の一部が自分を攻撃する自己免疫の異常が原因で、初期の症状としては熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどが続きます。

また、朝方に関節の周囲がこわばったり、進むと指関節まどが腫れ痛みが発生し手首や肘、肩、足首、膝、股関節など全身の関節に症状が出てきます。

日本のリウマチ患者さんの数は、70万人とも100万人ともいわれており、全人口の割合は0.5~1.0%で、割合は外国とほぼ同じっで大きな差はありません。

発症しやすい年齢は、30~50才代で65才以上になると発症する割合が低下します。
また、女性のほうが男性より約3倍発病しやすく、子供を産んだ後に、少しして手・足がこわばり、関節の痛みが出てきてリウマチと診断された方が多いようです。

リウマチの症状は、病気が進行してしまえば、誰がみても「リウマチ」だと言えるようになりますが、始まりは分かりにくいようです。
初期症状としては、なんとなく体が重く、微熱(37℃台の熱)があったり、食欲がなかったり、貧血ぎみであったりします。
さらに、境界のはっきりしない痛みやこわばりとともに知らないうちに発病していることが多く、次第に関節の腫れ、痛み、熱感といった関節炎の症状が出現してきます。

リウマチの症状について

リウマチの症状は、朝のこわばりと関節を動かす時の痛み、圧痛(押さえると痛い)、関節の腫れが主なものです。
この際、注意すべきことは、関節炎(関節の腫れ)は、一ケ所のみでなく多くの関節を侵し、左右対称性に侵されることが多いことです(必ずしも同時期に左右の関節が腫れるわけではなく、右の関節の腫れと痛みが起こった後に左も腫れるというような具合で対称性に起こります)。
侵された関節は、腫れて、熱があったり、水が溜まったりします。
症状が進むと軟骨や骨を破壊し、関節が変形したり、骨と骨がくっついて動かなくなったりします。

リウマチは、“免疫”のシステムにおいて、自分の体の一部が自分を攻撃してしまう状態、すなわち“自己免疫”が関係しています。
自己免疫が起きる原因には、その一つとして、細菌やウイルスなどの感染が関わっているようです。
また、慢性関節リウマチになりやすい体質の人が過労やストレス、出産などがきっかけになって発病することも少なくないようです。
女性に多いことから女性ホルモンが関与しているともいわれています。
いずれにせよ、慢性関節リウマチになる原因は一つだけではなく、複数の要因が複雑に重なり合って発病に至ります。

リウマチ症状の進行について

関節の内面をおおう骨膜は、正常なときは1mmもない薄い膜です。
ところが関節リウマチが起こると、骨膜は炎症を起こしはれ上がり、充血し、元の厚さの何倍もふくれます。
また、骨膜の表面は、細胞の増殖によって絨毛状になっていきます。
骨膜炎は自然によくなることは少なく、しだいに慢性化して、増殖性の病変は周りの組織に入り込み破壊していきます。

骨膜炎が起こった関節の変化は次の4段階になります。

【初期~中期】
骨膜がはれてきます。 骨膜の表面は細胞がぞうしょくして絨毛状となり、関節腔(骨と骨の間のすきま)には、関節液がふえてたまっていきます。
骨の組織が失われていき、軟骨の薄くなります。骨は破壊には至らないものの、「す」が入ったようになって、著しい骨萎縮が見られる場合あります。
関節がはれあがり、外からは紡錘形に見えます。

【進行期】
骨膜の組織内に、多くの炎症細胞や免疫細胞が浸潤して積み重なっていきます。
そのため骨膜の細胞が増殖し、肉芽を形成します。肉芽は軟骨にとりつきます。
肉芽の一部は軟骨の表面をおおうように広がり、パンヌス(一枚の布)という膜状の組織をつくります。
パンヌスの下の軟骨は 肉芽によって破壊され、また肉芽の一部組織は骨にまで侵入し、骨の組織を侵食して「嚢胞」(袋状のもの)を形成します。
ただ、この段階では、まだ関節の変形は見られません。

【高度期】
軟骨が消失します。軟骨は骨と骨の間でクッションの役をしています。
これがなくなるわけですから、関節を動かすと骨と骨が直接こすれ合い、きしむ音を立てたり、痛みのため曲げ伸ばしができなくなります。
また、骨の表面が欠ける変化が見られます。骨の破壊がさらに進むと、骨はボロボロになって関節がうまくかみ合わなくなり、脱臼あるいは亜脱臼が起こります。
関節の動きがわるくなるとともに、腱や筋肉の伸縮が悪くなるため、関節の変形が起こります。

【末期・荒廃期】
パンヌス が繊維化してかたくなり、骨と骨とがくっついて、一つの骨のようになることがあります。
これを「骨性強直」と呼びますが、こうなると、関節はまったく動かなくなります。逆に骨がとけて、骨と骨とが 離れて、ぶらぶらと不安定になることもあります(ムチランス型関節炎)。
どちらの場合も、関節としての機能は完全に果たさなくなります。

リウマチ症状のシグナルについて

リウマチの症状としては「はれ」と「こわばり」は、初期のシグナルとして注意が必要です。
「はれ」は、初め指の関節に出ることが圧倒的多くなっています。特に指先から数えて2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節に起こります。
「こわばり」は特に、朝、起き上がるときにあらわれます。「朝のこわばり」は、リウマチの代表的な症状の一つです。
朝、体がこわばるのは、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、むくむため、と考えられます。
長い人で1時間以上、短い人では数分、こわばりがつづきます。
リウマチのはれや痛みは、初期は、常に持続するわけではなく、よくなったり悪くなったりしながら、じわじわと進むのが、大多数のケースです。

リウマチの痛みは精神的疲労、湿気、寒さ、 気圧の低下などの影響を受けると悪くなります。
また、天候がくずれる前には、痛みやこわばりが強くなることが多いようです。
また、リウマチの初期は急に熱が出て、かぜとまちがえることがあります。
発熱は37度前後の微熱で、悪寒を伴う高熱になることはありません。
また、普通のかぜと違って、全身のふしぶしが痛み、体を動かすのが不自由になるというのがリウマチの特徴です。

進行経過について 

関節リウマチによって生じる関節の破壊の進行には、かなりの個人差があります。病変の進み方から、以下の3つの型に分類されます。●急速進行型 発病後、急速に炎症が進行し、発病後1年でもう、関節の変形がみられます。早いうちから強力な抗リウマチ療法が必要です。全体の約10%がこの型です。●多周期型 よくなったり悪くなったりをくり返しながら徐々に進行する型で、全体の約70%を占めます。●単周期型 発病後しばらくは、関節炎がみられますが、半年から1年ぐらいで症状が軽くなる型です。関節の破壊はほとんどおこりません。全体の約20%を占めます。

リウマチの一番の特徴は関節炎ですが、これは関節の滑膜という部分に起きる炎症(赤い部分)です。
滑膜の炎症が慢性化すると同時に滑膜が増殖し、まわりの軟骨や骨を少しずつ破壊していきます。
通常、早ければ発症から2年ほどで約60%の人がこのような関節症状びらんの進行がみられます。
さらに破壊が進むと、手の指や足の趾の関節に慢性関節リウマチ特有の変形が起こり、次第に関節が動かしにくくなり、日常生活にも支障があらわれます。