リウマチの治療について

リウマチの因子が確認されたら、お薬で炎症をおさえることが一般的。

薬物療法は関節の炎症を抑える、いわば慢性関節リウマチと正面から闘う治療です。
最近では免疫異常について少しずつ研究が進み、起きた症状に対処する治療だけでなく炎症や免疫異常を直接抑え込もうとする積極的な薬物療法が行われるようになってきています。

薬の種類としては、

抗炎症剤

炎症を抑えて痛みを和らげる薬があり、その中に非ステロイド系抗炎症剤がり、痛みや炎症のもとになるプロスタグランジンという物質が体内で作られないようにすることで炎症を抑えます。
即効性で鎮痛・解熱作用もあわせ持つ。副作用は胃腸障害(胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)がよくみられる。
副作用対策として、空腹時服用しない、胃腸薬の併用などがあり、また座薬、腸溶剤、貼付薬など様々な薬の形があり、副作用として胎児の動脈管への影響もあるので注意が必要です。

またステロイド系抗炎症剤は、副腎皮質ホルモンを人工的に合成したもの。非ステロイド系抗炎症剤と同様にプロスタグランジンの生成を抑えるが、より早い段階で生成を抑え、また免疫の働きを抑える作用もある。効果は強力だが一時的なもので根本治療にはなりません。
一定量をある期間使うと必ず副作用が出てリバウンド(服用をやめると反動で悪化)もあり、安易な使用はしないのが原則です。
副作用としてはムーンフェイス、不眠、食欲不振・過剰、だるさ、血圧上昇などの他に、ステロイド白内障・緑内障、ステロイド潰瘍、ステロイド筋症、骨粗しょう症、動脈硬化/血管炎、糖尿病の誘発・悪化、感染症にかかりやすくなるなど中には重大なものもあるようです。
非ステロイド系の薬では炎症が抑えられない場合や血管炎をともなう重い悪性関節リウマチ、冠婚葬祭などにポイント的になど、使用が限定される。最近では病気の広がりを食い止めるために早い段階で抗リウマチ剤と併用するなどの試みも。錠剤、注射剤の他に関節に少量を注入する方法もあります。

抗リウマチ剤

免疫の異常を改善して病気の進行を抑える薬としては、免疫調整剤があり「免疫の異常」を改善するための薬で、免疫系に作用するものと、滑膜の増殖の抑制に作用するものがあります。
一般に抗リウマチ剤は遅効性で飲み始めてから2~3ケ月以上たたないと効果が出ないようです。
副作用は腎障害や肝障害、造血障害などがみられるが、薬によっては自己免疫疾患や間質性肺炎なども。出方も個人差があり様子をみて他の免疫調整剤に変えたり免疫抑制剤に切り替えるなどするようです。

免疫抑制剤は、主に白血球やリンパ球が新しく作られないようにして免疫の働き全般を抑える薬です。
もともとは臓器移植で拒絶反応を抑えるための薬。自己免疫病の悪化を防ぐのに有効だが、副作用が出やすく使用は難しいようです。
副作用は肝障害、胃腸障害や、正常な免疫の働きも抑えるため、造血障害や長期ではがんにかかりやすくなる傾向も。胎児の催奇形性があるので妊婦や妊娠の可能性のある女性には使用できません。
薬によっては、腎障害、間質性障害なども。生殖細胞の障害の出る薬は子供を望む男女には使用できない。副作用が重いため進行が早い例や重症例に少量を使用するようです。

分 類 特 徴 副作用
非ステロイド系
抗炎症薬
エヌセイズ
即効性があり、痛みがすぐに和らぎます。リウマチの発病初期から関節の変形が進んだ晩期までどの段階でも処方されます。 胃腸障害(特に胃潰瘍・十二指腸潰瘍)には注意が必要です。
抗リウマチ薬
ディーマーズ
免疫異常を抑え、外から体内に侵入するウイルス等を攻撃する作用が高まります。効果が現れるまでに時間がかかります。 胃腸障害、発疹、口内炎などがあります。
免疫抑制薬 抗リウマチ薬よりも強く、免疫異常を抑える作用があります。 骨髄抑制、胃腸障害、感染、奇形、腫瘍の危険性など副作用が多いです。
ステロイド薬 ディーマーズの効果が現れるまで待てない病状や、DMARDsでの効果が得られなかったときに投与を検討します。 胃腸障害、満月様顔貌、にきび、肥満、月経不順、多毛、骨折、白内障など副作用が多いです。