リウマチ検査

血液検査では、血沈、CRP、と血中リウマトイド因子で反応がでないからといって、リウマチを否定することはできません。発病しても早期の場合には、関節の痛みや腫れがあっても、これらの反応はいずれも正常値というケースもあります。

リウマチ患者でも陽性とならない人もあり、また、慢性関節リウマチ以外の病気の人や健康な人でも陽性となることもあります。

リウマチは診断のために様々な検査を行います。

一回の検査では診断がくだせず経過を見ながら何回か検査を繰り返す場合もあります。
検査結果と問診の情報からほかの病気と識別し診断をします。
慢性関節リウマチと診断されると状態にあわせ治療方針をたてますが、診断後も、経過をみて薬や治療法を変えていくことが必要であり、また薬の副作用や合併症の観察も必要なため定期的な検査が必要となります。
患者自身が自分の病状を知っておくことも大切です。
検査の数値を記録・把握し、意味を理解するようにしましょう。

関節リウマチは、“免疫”のシステムにおいて、自分の体の一部が自分を攻撃してしまう状態で自己免疫”が関係しています。
自己免疫が起きる原因には、その一つとして、細菌やウイルスなどの感染が関わっているようです。
また、慢性関節リウマチになりやすい体質の人が過労やストレス、出産などがきっかけになって発病することも少なくないようです。
女性に多いことから女性ホルモンが関与しているともいわれています。
いずれにせよ、慢性関節リウマチになる原因は一つだけではなく、複数の要因が複雑に重なり合って発病に至ります。

■血液検査

血沈は、関節リウマチによって炎症が起こっているかどうか、また炎症の程度を検査します。
体内に炎症があると赤血球が沈む速度(赤沈、血沈)は速くなります。
CRPも同様に体内の炎症の有無を調べます。
血沈(赤血球沈下速度) CRP(C反応タンパク)
試験管の中で、一時間の間に赤血球が沈下する速度により炎症反応を見る。

(男15mm以下、女20mm以下は正常)

体内で炎症が起きた時に現れる特殊なタンパクの有無により炎症反応を見る。

(異常・・陽性 正常・・陰性もしくは、正常・・・0.3mg/dl以下)

 

リウマトイド因子

リウマチ因子の検査で陽性反応がでればリウマチを疑います。
しかし、リウマチであっても陰性を示す場合(30%)があり、逆に全身性エリテマトーデスという別の病気でも陽性を示す場合があります。
その他、抗核抗体や免疫複合体の検査は、自己免疫疾患があると陽性にでるため、リウマチの補助的診断に用います。
抗核抗体検査では、全身性エリテマトーデスで80%、慢性関節リウマチで20%が陽性。さらに、補体検査を行い、 悪性リウマチや全身性エリテマトーデスとの鑑別を図ります。
補体検査では、全身性エリテマトーデスでは血液中の補体が低下しますが、リウマチではあまり変化しないのが特徴です。

その他の血液検査

関節リウマチでは活動期に一致して貧血がみられ、赤血球数やヘモグロビン値が低下し、白血球や血小板は増加します。
また活動期には血清総タンパク、アルブミンは低下し、グロブリン値は上昇します。
また骨由来のアルカリフォスファターゼが上昇することがあります。

関節液

通常の関節液は黄色透明で、ムチンを多く含むため適度な粘りを有しています。
しかし、関節リウマチになると、関節液は白く濁ります。
またムチンが減少するため、粘り気が低下します。関節リウマチの場合、関節液中にも炎症反応を示す白血球の増加傾向、リウマチ因子、免疫複合体が発現します。

X線検査

骨粗鬆症の出現や、関節の隙間の狭小化、さらに進行すると関節の融合(骨強直)を認めます。
また、関節周囲の骨が欠けて虫食い像を呈することもあります(骨びらん)。

リウマチ症状の進行について

関節の内面をおおう骨膜は、正常なときは1mmもない薄い膜です。
ところが関節リウマチが起こると、骨膜は炎症を起こしはれ上がり、充血し、元の厚さの何倍もふくれます。
また、骨膜の表面は、細胞の増殖によって絨毛状になっていきます。
骨膜炎は自然によくなることは少なく、しだいに慢性化して、増殖性の病変は周りの組織に入り込み破壊していきます。

リウマチの一般的な診断基準は、

1)1時間以上続く朝のこわばり  
2)3個所以上の関節の腫れ
3)手の関節(手関節、中手指節関節、近位指節関節)の腫れ
4)対称性の関節の腫れ
5)手のエックス線写真の異常所見
6)皮下結節
7)血液検査でリウマチ反応が陽性 の7項目からできています。