不妊ストレスの緩和

赤ちゃんがなかなかできないことが原因で、ご主人との関係が悪くなったり、悩みが深くなってはいませんか? 最近「不妊ストレス」をかかえる人が増えています。
ここでは日常生活で、ストレスなるべくストレスを溜めない工夫をご紹介しています。

■不妊がプレッシャーになっていませんか?

こんなにがんばっているのに、なんで赤ちゃんができないの?」と思いつめてはいませんか?
妊娠のためにいいことならひと通りやってみた、熱心に治療にもとり組んできた、でも妊娠しない・・・。
周囲からの期待を感じれば感じるほど、焦りやいらだち、悲しみはおおきくなるばかり。
しかし、そのことが知らず知らずプレッシャーとなり、心身のストレスとなっていないでしょうか。
よく「これ以上やってもだめだとこどもをあきらめたら、自然妊娠した」とか、「転勤して住居が変わったとたんに妊娠した」などという話をききます。
いったいなぜでしょう?

人間の心と身体は、強く結びついてます。
心に強いストレスがあると、その害は身体にまで及び、体調がおかしくなることもあるのです。その反対に、悩みごともなく、心の調子がよければ、身体の調子もよくなるものなのです。

赤ちゃんを望むが故のストレスが、さらに赤ちゃんをできにくくさせることもあります。そんなときこそ初心に戻り、パートナーとともに生きていける幸せを思い出してみましょう。
周囲の人は全然関係ありません。
2人の絆が強ければ、前向きに、力を合わせてとり組んでいけるはずです。

■どちらに原因があっても思いやりを忘れずに!

不妊をのりきるために必要なのは、夫婦の信頼関係。
やさしい言葉、思いやりのある態度を大切にして、2人が仲良くくらすこと。
それが、不妊治療の基盤となります。

(男性に)
「子供が欲しい」といえば、妻に負担をかけてしまうかなと思い、「できなくてもいいよ」といえば「積極的じゃない」といわれる。かといって、やさしくすればぐちばかり・・・。
しかし女性はもっと苦しんでいます。治療の苦痛も、女性の方がずっとおおきいもの。そんな女性をもっといたわりましょう。グチでもなんでも、たくさん聞いてあげましょう。そして、やさしい言葉をかけましょう。気にしなくていいよ、大丈夫だよという言葉が女性には大きな支えになるのです。

(女性に)
「子どもはまだ?」と聞かれるたびに、顔では笑っても、心では「ウンザリ」。親も友達も、誰もこの気持ちをわかってくれない。イライラしたり、落ち込んだり、でもいいや!と開き直ってみたり・・・不妊を抱える女性の心は、いつも揺れに揺れてます。

しかし、男性の方はどうでしょう。私がこんなに悩んでいるのに、あなたは全然積極的じゃない そんな不満を男性にぶつけてはいませんか?
原因がどちらにあるにしろ、あなたが苦しんでいる姿をご主人が平気でみているわけではありません。
ご主人だってつらいはずです。それでもやさしい言葉がかけられない、照れ屋な気持ちもわかって上げましょう。そして、2人で楽しく、仲良くしましょう。2人のよい関係が、一番の不妊の薬になるはずです。

周囲の人の勝手な言葉なんて、気にしないようにしましょう。不妊のつらさは、体験したものではないとわからないもの。他の人にはわからなくても、ご主人だけはわかってくれています。そんな安心感が、より夫婦の絆を深めるのです。悩みは1人で抱えず、夫婦二人三脚でがんばりましょう。