キャッツクロー成分表

キャッツクロースーパーDX成分表

たんはく質 3.0% ビタミン6 140ug
脂質 0.8% 葉酸 14ug
繊維 38.9% ナイアシン 0.41mg
灰分 5.2% イノシトール 250mg
糖質 39.1% パントテン酸 0.27mg

キャッツクロースーパーDXのアルカロイド含有率と量

※人体に有用な 6 種類のアルカロイドはオレンジ色の文字で表しています。

アルカロイド名 含有率 1カプセル当たりの含有
テロポディン 0.142% 0.3124mg = 312.4 ㎍
イソテロポディン 0.132% 0.2904mg = 290.4 ㎍
スペシオフィリン 0.005% 0.011mg = 11 ㎍
ウンカリン 0.009% 0.0198mg = 19.8 ㎍
ミトラフィリン 0.075% 0.165mg = 165 ㎍
イソミトラフィリン 0.105% 0.165mg = 165 ㎍
合計 POA アルカロイド 0.468% 1.0296mg = 1029.6 ㎍
リンコフィリン 0.186% 0.4092mg = 409.2 ㎍
イソリンコフィリン 0.081% 0.1782mg = 178.2 ㎍
コリノキシン 0.018% 0.0396mg = 39.6 ㎍
イソコリノキシン 0.007% 0.0154mg = 15.4 ㎍
合計 TOA アルカロイド 0.292% 0.6424mg = 642.4 ㎍
総アルカロイド 0.76% 1.672mg = 1672

POA アルカロイド
五環系インドールアルカロイド =「ペンタサイクリック・オキシインドール・アルカロイド(POA)」 と呼ばれるアルカロイドで、体に必要な免疫機能バランスを整える力を持ち、免疫カ増強、抗炎症作用があります。

TOA アルカロイド
「テトラサイクリック・オキシインドール・アルカロイド(TOA)」と呼ばれるアルカロイドで、 TOA は POA の働きを阻害する機能を持ちます。

※人体に有用な 6 種類のアルカロイド・・・・「テロポディン (POA)、イソテロポディン (POA)、ミトラフィリン (POA)、 イソミトラフィリン (POA)、リンコフィリン (TOA)、イソリンコフィリン (TOA)」 →リンコフィリン (TOA)、イソリンコフィリン (TOA) は POA の働きを阻害する機能を持つと言われますが、キャッツクローでは  自然の相互作用により有用に働いています。

アルカロイド名 効 能
テロポディン(Pteropodine) 体外から侵入した病原体を死滅させる
イソテロポディン
(Isopteropodine)
免疫力を増強する働きを持つ スペシオ
ミトラフィリン
(Mitraphylline)
利尿作用がある
イソミトラフィリン
(Isomitraphylline)
体外から侵入した病原体を死滅させる
リンコフィリン
(Rhynchophylline)
イソリンコフィリン
(Isorhynchophylline)
血管を拡張して血圧を下げる働きがあり、抗血小板凝集作用や血栓を作らせない働きもあり、脳梗塞、心筋梗塞を予防する働きがある

キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。