更年期と筋肉痛

まれに運動も何もしていないのに筋肉痛になってしまうことがあります。

筋肉痛が発生する場合は、筋肉の繊維が壊れることで発生しますし、運動不足のため圧迫するだけで筋肉痛になることもございます。
何もしていない筋肉痛は膠原病の可能性もございますので油断はできません。

筋肉の繊維を損傷すると繊維を修復しようとし、繊維を回復する作用の中で、その繊維周辺の体の組織から痛みの基となる物質であるブラジキニン・ヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジンなどを発生させます。

床ずれや長時間の正座そして太りすぎによる身体への負荷など日常の中で気づかないうちに、筋肉の繊維を損傷させてしまっていることにより筋肉痛を感じる場合があります。

また、運動不足が長い間続くと筋肉というのは退化し細くなってしまい少しの衝撃で筋肉が傷ついてしまうことがあります。

筋肉痛のような症状が起こる病気としては

膠原病(こうげんびょう)
病気によって体中の血管や皮膚等に炎症ができる病気で、免疫不全に関係する病気ですが原因がわからないことが多く、筋肉痛のほかにも発熱や発疹といった症状が起こることがあります。

リウマチ
自己免疫の異常でおきるリウマチも筋肉痛を発生させますが、主に関節の痛みがひどくなります。

線維筋痛症
中年以上の女性に多い病気で、体にこわばりや、痛みを感じる病気で検査で異常が出ないことが多く、原因不明の病気とされてしまうことが多いです。

45才~50代女性が悩む更年期障害の症状にも筋肉痛はあります。

更年期において筋肉痛に悩まされる人は思っているより多く、これは自律神経の乱れからくる血行の流れが悪くなる事で起こるものです。

女性更年期の時期には、筋肉痛を訴える方も増えます。

筋肉痛といえば、通常激しい運動をしたり、日ごろ運動不足の方が急に体を動かしたりする時に起こりやすいものです。

また、特定の部位に負担をかけて重い荷物を持ったりするときにも、筋肉痛が起こることがあります。

血流が悪くなり筋肉が委縮し筋肉痛をおこす場合もエストロゲンの分泌量の低下が大きく影響しており、ホルモンバランスの急激な変化により自律神経の働きが乱れることで起こります。

血流のバランスも崩れ、心臓に近い血管は拡張ぎみになって顔や上半身がほてるのに対して、指先や足先の血管は縮小して血行が悪くなってしまいます。
そのため、足や腕の血の流れが悪くなって、筋肉が委縮し筋肉痛が起こりやすくなるのです。

筋肉痛といえば、通常激しい運動をしたり、日ごろ運動不足の方が急に体を動かしたりする時に起こりやすいものです。

また、特定の部位に負担をかけて重い荷物を持ったりするときにも、筋肉痛が起こることがあります。

ですが、女性更年期の時期に起きる筋肉痛は、激しい運動や重い荷物を持ったわけでもないのに、筋肉がズキズキと痛んだり、ヒリヒリと感じたり、なんとなく常に鈍痛がする、筋肉が突っ張ったような感じがするといった症状をもたらします。

血流が悪くなり筋肉が委縮し筋肉痛をおこす。

この原因もエストロゲンの分泌量の低下が大きく影響しており、ホルモンバランスの急激な変化により自律神経の働きが乱れることで起こります。

血流のバランスも崩れ、心臓に近い血管は拡張ぎみになって顔や上半身がほてるのに対して、指先や足先の血管は縮小して血行が悪くなってしまいます。
そのため、足や腕の血の流れが悪くなって、筋肉が委縮し筋肉痛が起こりやすくなるのです。

女性更年期で起こる筋肉痛は、一般的な筋肉痛と違って冷やしたりするのではなく、お風呂にゆっくり入ったり、温熱マッサージをするなど、体を温めて血流を促してあげると緩和されるのが特徴です。

筋肉痛を改善し、更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。