更年期のホットフラッシュ

40歳に近づくころから、女性の身体には様々な症状が現れ始めます。

「生理が不規則になる」「量の増減が激しくなる」といった生理に関するものから「急に汗が噴き出す」「冬なのに顔だけほてる」など「ホットフラッシュ」と結われる症状もその代表的な更年期の症状です。

更年期に入ると卵巣の機能も衰え分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくると同時に、卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こります。
卵巣の機能は、脳の視床下部によってコントロールされ、ここからの指令を受けて脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンが分泌されていますが、いくら指示を出しても女性ホルモンが卵巣から十分に分泌されないので、どんどん性腺刺激ホルモンが分泌され、さらにホルモン環境がアンバランスになっていくのです。
そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経の働きや情動にまで影響が及び、さまざまな症状が嵐のように襲ってくるのです。
いままで、視床下部→下垂体→卵巣の連携によって行われてシステムに狂いが生じ、血行不良、生活環境の変化、ストレスなどが重なり、発生するのが精神神経症状です。
具体的にいうと、不眠、憂うつ、不安、イライラ、あせりなどがよく起こりますが、そのほか、気力減退、恐怖感、判断力の低下、興奮しやすいなどといった症状が起こることもあります。
また、頭痛、頭重もよくみられます。頭痛や頭重は後頭部に起こることが多いのですが、首や肩までのこりを伴うこともあります。

更年期の女性のほてりやのぼせの症状は、“ホットフラッシュ”と呼ばれ、更年期障害代表的な症状です。

顔のほてり・のぼせでお悩みの更年期の女性は意外と多く、更年期の女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下によるホルモンバランスの崩れが原因と考えられます。
顔のほてり・のぼせは体温が高くなくとも感じるあり、顔が熱くなったり赤くなたリしますが、更年期女性の3人に2人が経験するといわれています。

のぼせ・ほてりは更年期障害の特有の症状(不定愁訴)のひとつです。

更年期にはホルモンバランスの崩れが自律神経に影響するため、皮膚表面に近い血管が拡張して血流が増えるためと考えられています。
特に顔や首などにほてりを感じ、ほてりは数十秒から数分ほどつづき、大量の汗を伴うこともありますし、ほてりの後に悪寒を感じることもあります。
このような症状をホットフラッシュ(hotflush)とも呼びます。

更年期に、のぼせ・ほてりの症状がひどい場合は、自律神経失調症や更年期障害の血管運動神経系の症状と疑われます。
症状が軽くとも、顔のほてり・のぼせは不快ですし健全な生活の妨げになります。

理由もなく顔が赤くなったり、熱くなったりする“ほてり・のぼせ”。
特に汗かきの体質ではないのに、睡眠時やちょっとしたときに滝のような汗が出る“多汗”。
これらはすべてホルモンバランスの乱れが原因と言われ、多くの女性が1年~5年の長いスパンで悩み続けます。

更年期になると数日に1回、多い人は1日数回にわたって“エストロゲン”と呼ばれる女性ホルモンが急激に上がったり下がったりします。
この影響で自律神経が乱れ、突然のぼせたり、ほてったり、汗が出るという症状が現れます。
まずは、女性ホルモンのバランスを保ち、自律神経の変調を改善することが重要です。
そのためには、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。

のぼせ・ほてり・多汗の治療法としてはホルモン補充療法・漢方療法・自律神経調整剤の服用などの治療も考えられますが、
マカなどの天然植物で副作用のないサプリメントを飲むのもお勧めです。