更年期の汗と臭い

女性は、中年になると身体の不調を感じることが多くなります。

特に更年期に入るとイライラや不安などの精神状態の不調とともに、汗も量が増える上に粘度も高まると言われています。

なぜなら、女性ホルモンの分泌量が低下し、自律神経のバランスがくずれ、その結果汗腺機能や体温調節機能が衰退してしまうからです。

更年期に入ると、卵巣の機能も衰え分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくると同時に、卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こります。

この事が原因で、体温調節や血液の循環など自分の意思ではない体の調節機能である自律神経のコントロールが上手く行かなくなり、汗腺の調節機能が弱くなって乱れ多汗の症状が出てまいります。

40代前後の女性から発汗や汗の臭いの症状をよくききますが、それは、更年期症状(更年期障害)の疑いがあります。

更年期症状とはさまざまなものがあり、冷えやのぼせ、イライラ、不眠、発汗などが代表的な症状の例です。

女性ホルモンの分泌が低下する更年期になると自律神経の変調とともに、、汗腺の調節機能が弱くなって乱れます。
体温調節が上手く行かないので、体を動かしてもいないのに汗をかいたり、寝汗がひどくなったり、いつでもどこでも汗をかくということが多くなりやすいのです。

イライラや不安などの更年期の精神状態は、汗をかきやすい状態にしやすく、産後、女性ホルモンの分泌が急激に変化をすることで、自律神経失調気味になるため産褥性多汗症(さんじょくたかんしょう)と呼ばれる、汗をかきやすい状態になるのてにています。

更年期となるこの頃の女性は、お子さんの受験や就職などや人間関係などの悩みがありストレスとなりやすい環境にあります。
このことが、女性ホルモンの分泌が低下と合い間って、自律神経の変調を起こしやすくなります。

更年期とは、女性が閉経を迎えるだいたい45歳〜55歳前後の期間をいい、女性ホルモンの分泌も減ってくるのでホルモンバランスが崩れます。
体温調節や血液の循環など自分の意思ではない体の調節機能である自律神経のコントロールが上手く行かないということが、深く関係しているのです。

多汗症の方は手や足によく汗をかくと一般的に言われていますが、更年期の場合は違い手や足には汗をかかず、顔・首・胸など心臓より上の方に汗をどっとかきやすくなります。

汗腺機能のほかに体温調節機能も落ちているので、手や足は氷のように冷たくなるのに、顔がほてったり首や胸には滝のような汗をかいたり、もしくはそれに近い状態になる方が多くみられます。

スポーツなど体を動かして出てくる生理的な汗はサラッとして臭いも強くありませんが、更年期の汗は精神性の汗なのでベタベタしていて濃度も濃くなります。
この汗の中には、アンモニアなどの臭い物質が多く含まれているため、汗自体が臭うようになります。

ベタベタしている汗は蒸発しにくいので、体温調節をさらに悪化させて、いつまでもダラダラと汗をかくようになります。

このような症状で悩む更年期の女性には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整えることが重要です。