話題のトンカットアリDX
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援します。

男の自信を取り戻す

マレーシアの密林から
今、話題の精力剤

           トンカットアリDX

■トンカットアリは、熱帯雨林に自生するニガキ科の薬用植物
東南アジアの精力剤とよばれているトンカットアリは、原産地はマレーシアのニガキ科の潅木で、マレーシア、インドシナ、スマトラ、ボルネオの熱帯雨林の中で発見された野生の植物の一つです。

このトンカットアリは、何年もかかってじっくり成長し、,直径15センチの幹になるのに約10年を要することがマレーシア森林研究所の試験栽培で記録されてます。
トンカットアリは枝がないことも多く、先端には赤茶色の葉柄が見られ、葉は偶数羽状複葉で長さは1メートルに達すます。各複葉は30ないし40の小葉からなり、各小葉は長さ約5-20センチ、幅1.5-6センチです。
ニガキ科の植物の特徴である苦味がトンカットアリにもあり、その葉や幹、そして根にも強い苦味があります。
トンカットアリは、マレーシアの熱帯雨林で、氷河期の影響をうけずにその特性のまま、現在に至っており、東南アジアでは、トンカットアリは古くから伝統精力剤として利用されてきました。


■トンカットアリDXは、テストステロン分泌を促進し、疲労回復、
精力減退、中折れ、EDをサポート

トンカットアリDXは、バイアグラやその他の化学薬品のような、
その場しのぎではなく、確実に男性力を底上げするだけでなく、
ご心配の副作用もございません。


トンカットアリという名は、「 Ali のステッキ」の意味で男性生理器官への影響に由来し、男性の精力剤及び強壮剤として伝統的に使われてきました。


伝統的に健康、及び、精力剤のための補足として使われただけでなく、解熱剤としてマラリヤ治療薬としても古くから用いられてきたようで、特にマレーシアではトンカットアリは有名な伝統的マレー精力剤として、マレー薬店や街頭香具師が昔から販売していた。
この10年ほどトンカットアリを商業精力剤として薬品化する試みが盛んになり、さらにこの数年のバイアグラブームでこの伝統的薬用植物のトンカットアリの効能が見直された。
マレーシアのマスコミや国会でも取り上げられ、地元製薬会社もトンカットアリの製品化に乗り出し、多くの商品が市場に出回ったが、現在ではマレーシア政府の認可を受けた数社のトンカットアリ製品が大勢を占めています。
トンカットアリは男性の勇気を高めると考えられているため、男性の精力剤として有名で、1977年に刊行されたオックスフォード大学出版のマレー薬辞典でもEurycoma Longifolia(トンカットアリの学名)にその旨記載されています。
セインズ・マレーシア大学薬学部講師のAng Hooi Hoon博士は、シンガポール大学医学部の研究者達と5年間に渡ってトンカットアリに関する共同研究を行ないました。
その結果、トンカットアリはペニスの硬直指数を増加させ、セックスに対する精力とスタミナを高めることが証明されました。

トンカットアリは男性の生理器官に対して特殊な精力剤効果を持つもので、Ang博士は長年トンカットアリの研究をしており、その業績はマレーシアだけでなく英国、米国からも高く評価されています。
Malaya 大学の生化学研究局(Johari M Ali et al)によれば、トンカットアリを1週間服用した後では、精巣で作られる男性ホルモンのテストストロン(testosterone)のあたいが480%増加する結果が得られ、トンカットアリには、精子数を増加させる作用があることが確認されています。
精力剤として、トンカットアリDXの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。

トンカットアリDXの2つの働きにより、テストステロンが増加します。
テストステロンは睾丸で分泌されますが、これは脳からテストステロンの分泌指令を、
睾丸にあるライディッヒ細胞が受け取ることによって起こります。
しかし加齢とともに、このライディッヒ細胞の機能が低下してきますので、テストステロンの分泌量が減ってきます。
トンカットアリDXはこのライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にさせます。

テストステロンには2種類あり、テストステロン単独で存在する遊離テストステロンと性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と結合しているテストステロンです。
このうち性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と結合しているテストステロンは、男性ホルモンとしての機能を果たさず、遊離テストステロンが男性ホルモンとしての機能を発揮します。トンカットアリはこの性ホルモン結合グロブリン(SHBG)を減らして、遊離テストステロンを増やす働きがあります。

トンカットアリDXのこの2つの働きにより、遊離テストステロンが増え、男性としての性的機能が改善されます。
■ペニスの勃起レベルを向上サポート
最近は研究が進み、韓国の研究者は、トンカットアリが朝鮮人参よりも、5倍も高い効果をもつことを明らかにした。
テストステロンは、精子の生産に関係していますが、性的興奮の発現にも関係しています。
加年によるホルモンの減少は精力の衰えとなって現れてきます。
シンガポール大学やセインズ・マレーシア大学薬学部の5年間にわたるラットを使用した研究において、トンカットアリを与えたラットは性行為の回数が増し、また1回当たりの時間も長くなることが確認されています。
そして、この研究により、精力剤としてトンカットアリがラットのペニスの硬直指数を増加させる、つまりペニスの勃起レベルを向上させることも確認され精力剤としての有効性が確認されました。

日本でも、東京大学薬学部と東京薬科大学の共同研究によりトンカットアリの抗がん特性が発見された。
エネルギーおよび健康を調節するために、トンカットアリDXは精力剤の他、疲労の諸症状の緩和にも利用されています。
■トンカットアリDXの特徴
1疲労回復
2免疫力の向上
3腰痛の緩和
4血液循環の向上
5ホルモンバランスの調節、特に精子数の増加(精力剤)
6勃起レベルの向上(精力剤)
7性衝動の増進及び射精前状態の増長(精力剤)
8性行為の活発化(精力剤)
9抗腫瘍の効能
10抗潰瘍の効能
11抗マラリア
■大変貴重なトンカットアリ
伝子を稲などの農作物に組み込み、農薬を使用しなくても病気や害虫などの影響を受けずに丈夫に育つ稲などの研究が盛んに行われております。
トンカットアリは、栽培することは非常に難しく、原料となるトンカットアリの根っこは全て野生のものに限られ、しかも、トンカットアリは一般の人では数日間ジャングルに入ったとしても、まず見つけることができない貴重なものです。
トンカットアリについては、オランアスリなど、ジャングルに住む特定な人にしかその生息している場所は知られていませんし、トンカットアリは収穫には5年から10年位のものを選びます。
また、男性ホルモンに関与する成分(ユーリコマノンなど)は根っこの部分のみにしか含まれていないので、精力剤として使用できる部分はほんの僅かしかありません。
 
■私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
 
天然100%の健康食品でも、私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです。
初めてトンカットアリDXをお飲みになる男性、他社商品をお飲みになられて実感が持てない男性、
いきなり商品をお求めになることが心配の男性へ、

一度安い価格のお試し用トンカットアリDXでお試しいただくことをお勧めしております。

20カプセル入り3個セット(7.200円相当)を4.500円にてご準備いたしております。 
試してみる価値はございます。  お試用で、人気の理由をお確かめください。 
今すぐお申し込みでない方、後で検討したい方は →  
すぐ購入せず、まずは安い価格でお試しになるといいでしょう。
トンカットアリがお試しできるサイトはこちら、 >トンカットアリお試用