精力減退から脱出までの道のり(体験談)5

よいサプリメントがあるらしい

自信回復までの10ステップ
化学薬品系のED治療薬は即効性があり効果もあることは体感したが、友人から副作用がなく男性機能をアップするサプリメントもあると聞き、勃起サプリメントを調べてみた。

勃起に効くサプリメントがあると言われ
ED治療薬は、即効性があり効果もあることは体感したが、調べると化学薬品系はどれも副作用があるようで不安でしたが、そのことを友人に話したところ、彼が今飲んでいるサプリメントは副作用もなく効き目にも満足だそうで、以前のバイアグラから現在はサプリメントにかえているとのことです。
これは、一度勃起に効くサプリメントを調べてみる必要があるなと思い、市販のサプリメントを調べて、その上で試して見ようを考えました。

調べる中で、精力減退の原因は、加年や複雑な人間関係、蓄積疲労・ストレス・食生活などが要因で、男性ホルモンの分泌の低下、精神的な不安が引き金で中折れなどもおこることをしりました。
精力剤としてマムシ・スッポン・オットセイなどが有名ですが、今は性ホルモン産生成分のテストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビンなどに関係するサプリメント主流のようです。また亜鉛 アスパラギン アルギニン ビタミンEなども一般的に配合されているようです。

驚くほど数多くのサプリメントが
商品としては、驚くほど数多く販売されているようです。
雑誌やインターネットで調べただけでも40種類以上あるようです。
内容は、オットセイ・マムシ・サソリ・スッポン・ニンニク・マカ・高麗人参・ガラナ・鹿の角・冬虫夏草・霊芝などがあり、最近ではトンカットアリが注目されているようです。
多くのサプリメントは、加齢やストレスやミネラル不足による性ホルモン分泌抑制、あるいは産生物質不足により生じた精力減退に対して性ホルモン分泌を促進させ勃起力をアップさせるものでした。

効きがよく安全な商品の見分け方とは?
数多いサプリメントの中で、勃起に効いて、しかも副作用なく体内に長い間飲み続けても安全なサプリメントを選ぶときのチエックポインチとは何かまとめてみました。

サプリメントごとに目的や効果はいろいろです。
数あるサプリメントを調べていくうちに、商品ごとの特徴や効果で、3つに分類できるようです。

1、末梢血管、とりわけ陰部に血流を促進により勃起させることを目的としたもの
2、性ホルモン分泌を促進させ、勃起力を高めることを目的としたもの
3、滋養強壮、疲労回復が目的で合わせて精力増強し勃起の改善をするもの
使用する個人が、それぞれ解消したい症状に応じて選ぶことが大切です。

私の場合、男性機能の強化と勃起力の持続したアップが目的で、それに副作用がなく安全なサプリメントであることから、性ホルモン分泌を促進させることにより、男性機能の強化と勃起力を高めるサプリメントに的をしぼることにしました。

性ホルモン分泌と勃起
ペニスの萎縮は交感神経系のシグナルによって、勃起は副交感神経系のシグナルによって引き起こされます。
ペニスが刺激を受けた時、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入します。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じ、血液の環流が不可能になり、陰茎海綿体に血液が充満しペニスが硬く大きく屹立します。これが勃起です。
ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になります。
この視床下部への刺激物質がテストステロンでありテストステロン濃度の増量は性的衝動には必要不可欠です。
テストステロンの一番重要な働きは、男性の性欲と性機能を高めるようです。

ポイントは、テストステロンの分泌促進に効果があること
精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。
男性は、通常30代から、主には40〜50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の量が減少してくるととともに、性欲や興味が薄くなり、性欲も低下して勃起機能も落ち、中折れ症状もでてきます。
精力減退という状態で、これが進行すると勃起不全・勃起障害につながります。


同じ悩みを持つ男性に
パワーアップを目指して
精力も減退してきた?
精力剤について調べた
サプリメントが良いらしい
こんな成分がおすすめ!
男性機能の向上に効果的
こんな症状に効果的
サプリメントを比較
副作用について
トンカットアリお試用
前のページ  続けて読む