精力減退・中折れ・勃起不能(ed)などの要因と対策をご説明しています
テーマ:精力減退、中折れ・精力減退、について

精力減退・中折れ・勃起不能(ed)

想像以上に多い中折れ!

男性の場合、性欲は25歳をピークに前後5年間が最も強く、30歳を過ぎる頃からゆるやかに精力減退し下降線をたどりedや中折れの症状も出ています。

30代・40代サラリーマン100人を対象にした中折れアンケート

30歳代 40歳代
最近、女性と一緒にいる時勃起しないことがある 43% 81%
挿入時に途中で中折れしてしまうことがある。 31% 62%
勃起しても中折れしたり、以前のように固くならない。 48% 82%

この調査では、30代で半分近く、40代で70%以上が中折れの悩みを抱えています。

体力が衰えると、性欲もそれに比例して衰え、その上環境ホルモン、さらに病気や精神的なストレスがある場合は、その影響をもろに受け精力減退してedや中折れの症状もでてまいります。

ですから過労気味だったり深刻な悩みを抱えていたりしていると、30代、40代でも精力減退し、勃起不能(edや中折れ)に陥ってしまいます。現実問題としてこの働き盛りの若い世代でも精力減退や中折れに悩む人は想像以上に多いようです。

関連情報
中折れの原因について
勃起不全症について
精力減退の症状
勃起のメカニズム
精力豆知識
勃起力低下
勃起とテストステロン
性欲とストレス 
精力減退は男性ホルモンの分泌量が・・

さて、このようにして精力減退が起こるわけですが、精力減退は性ホルモンと深く関係しています。男性ホルモンは睾丸と副腎より分泌されるホルモンですが、ストレスなどによってこのホルモンの分泌量が減少すると精子の発育が悪くなって、勃起中枢が興奮しにくくなり、その結果、精力減退で、edや中折れのような症状が出てくるわけです。
男性の活力や男性力の低下の原因には、
男性ホルモンであるテストステロンの減少による精力減退が根底にあるようです。


年代別テストステロン値
そこで、精力を回復させるには、男性ホルモンの分泌を促したり、勃起力を高めたり、性器の機能を高め精力減退やedや中折れを防止することが大切です。 
        

■環境ホルモンと精力減退や中折れ、EDについて
精力減退・中折れ・夫婦この50年間というもの、人間、動物、そして魚でも、精子の数が減少し精力減退を続けているとモントリオール大学のセルジュ・ベリズル教授(産婦人科学)は報告しています

原因はまだ特定されていなせんが、大気の汚染や食生活(インスタント食品など)食品の保存や着色物質の他、ポリ袋やプラスチック容器に入ったものを、電子レンジで温めるとプラスチックが熱されたときに浸出する化学物質や、ほとんどの殺虫剤に使用されている内分泌撹乱化学物質、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる一連の化学物質が動物の生殖システムに大きな影響をもたらし、精力減退や中折れ、EDにも関係している場合多いようです

日本でも1990年以降、精力減退はもとより、「精子数」に強い減少傾向と精子の活動性が低下しているようです

        
精子の数と運動能力の減少についてはこちらでご説明しています
■精力減退の原因

精力減退は男性ホルモンが低下することが要因ですが、
そればかりが原因ではありません。


精力減退の考えられる要因としては、次の5つがあります。

 
1.加年による男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下による精力減退
 2.精神的な
自信喪失や不安による精力減退
 3.
慢性の疾患や過去の病気による精力減退
 4.薬などの服用による
副作用による精力減退
 5.事故などによる中枢神経の遮断よる精力減退


中年精力減退・中折れ
精力減退は、要因はさまざまですが、直接の原因となるのは、性ホルモンの分泌の低下及び、事故などによって脊髄に通っている中枢神経が遮断された場合の2つです。
2〜4の場合は、それらが発端となって、結果的に男性ホルモンの分泌が急激に低下するために生殖機能が低下し精力減退してしまうのです。

●加年からくる男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下による精力減退や中折れは、どんな人にも必ず起こることです。

男性の場合、普通25歳をピークにして男性ホルモン(テストステロン)の分泌が低下していき精力減退もおきてきます。

男性ホルモン(テストステロン)とは、生殖機能の働きを促すためのものですから、もし分泌が低下してくるとと、精力減退となり、勃起力もなくなり、性欲そのものが低下するだけなく、射精をコントロールする射精閉鎖筋の機能も衰え、その結果早漏になったりもします。
しかし、日頃の生活態度や食生活に気をつけることで、精力減退の進み具合を遅くすることが可能ですし、低下しても男性ホルモン(テストステロン)をサプリメントなどで、外部から補ってやれば、生殖機能の衰えや精力減退、そして中折れ防げるということです。

●精神的なものというのは、例えば女性から言葉で、ひどいショックを受け
自信を喪失したことが要因で精力減退になることです。


このような例の精力減退は意外と多いようです。
女性にそのつもりはなくても、ほんの何気ない一言で弾性はショックを受けてしまい、精力減退となり、勃起不能に陥ってしまうことがあります。
また、セックスのことに限らず、人格やプライドをひどく傷つけられたりしたときにも、突然勃起不能になってしまうことがあります。
その他、仕事や私生活などで自信喪失をして、精神的にも落ち込んで自律神経の変調や、疲労やストレスが溜まってしまったときにも、精力減退となり、ひどい時には勃起不能になってしまいます。

精力減退には、特にストレスは、本人が自覚しないままに蓄積し、溜まってしまうことが多く、特に注意が必要でしょう。

●精力減退をおこす慢性の疾患や過去の病気というのは、糖尿病や肝臓病、腎臓病などの病気のことです。

糖尿病になると、精力が減退することは良く知られていますが、肝臓や腎臓などの慢性の病気になっても精力減退はするようです。
その要因である病気そのものが良くなれば、生殖機能も復活しますので、病気を治すことが精力減退の改善の上では先決といえるでしょう。

●薬などの服用による副作用による精力減退とは、

どんな薬でも、それをやたらと飲みすぎると、身体がその薬に依存してしまうため、結果的に生殖機能が正常に働かなくなることをいいます。特にシンナーや麻薬、覚せい剤を常用すると、神経が麻痺した状態になり精力減退し、勃起しなくなるばかりか、普通の刺激にも反応しなくなってしまいます。
また、タバコやお酒によるニコチン中毒やアルコール依存症になったような場合も、精力減退に当てはまります。

●事故などによる中枢神経の遮断とは、背骨を折ったり、痛めたりした場合にも精力減退っは起こります。

背骨の脊髄には様々な中枢が通っているのですが、ペニスを勃起される勃起中枢神経が通っていて、それを何らかの原因と遮断されると、いくら大脳から勃起するように命令がいってもペニスに伝わらなくなり、全くの不能状態になってしまいます。
これは精力が減退したということではなく、全くの役立たずになったということで、
このような場合は、どんな精力剤やサプリメントを使用しても、回復は難しいでしよう。


■精力減退を防止し精力を増強する為に
精力増強作用を担う成分は、ヨード(ヨウ酸)・亜鉛・アスパラギン・アルギニン・ビタミンEなどで、これらの有効成分の相乗効果によって、身体の生殖器を刺激し、性能力を活性化させedや中折れを改善させるのです。

■亜鉛
ホルモン分泌を改善して、精子や卵子づくりを活発にし性能力を高めますので、生殖器管の発達、生殖能力の(edや中折れの防止)維持には欠かせません。
■アスパラギン
有害なアンモニアを体外に排除したり、神経系を守るアミノ酸で、エネルギー代謝に関与し、疲労に対する抵抗力を高め、スタミナを増やし、精力減退を改善する働きがあります。
■アルギニン
必須アミノ酸の一つで、成長ホルモンを合成し、免疫反応を助ける働きをすると共に、生殖の機能を高め、男性の精子の数を増やします。アルギニンが不足すると男性の不妊症を招きます。
血管や内臓の老化を抑制して、若々しさを復活させ精力減退、edや中折れを改善させる力があります。
■ビタミンE
若返りのビタミンといわれ、細胞を強化し、老化・成人病を予防する働きがあり、もともとは不妊症治療ビタミンとして登場したように、ホルモンバランスを整え、生殖機能を増す働きがあり精力減退を改善し、edや中折れ防止を促進します。

また、男性器が完全に勃起できない勃起不能(ed)や性交にいたるまで勃起を持続できない、あるいは性交できても、萎えて射精できない(中折れ)などの場合は、糖尿病や肝臓病などの病気が関係していることもありますが、大半のedや中折れは精神的な理由によるものです。中折れ1

この場合は、でんぶんの分解成分であるデキストリンを摂取することで、下腹部の動脈(陰茎動脈)の血液の流れを活発にして、勃起を促進してくれます。
また、植物性アルカロイドやステロイドを摂取することで、勃起不能(edや中折れ)を改善します。


                       >あなたの精力・男性力の診断はこちら<   
■ポイントは交感神経と副交感神経
ペニスは、平静時には交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が関門へ伝達され、両方のシグナルが互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。

ストレス、恐怖、緊張などを感じたとき、交感神経系のシグナルが副交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、ペニスは萎縮した状態になります。
睾丸から分泌された精液がある程度たまると、大脳にこれを体外放出(射精)したいという欲求が生じ、性的刺激に敏感になります。そして、ペニスが刺激を受けた時、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入します。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じ、血液の環流を不可能になり、陰茎海綿体に血液が充満しペニスが硬く大きく屹立します。これが勃起です。

男性は、通常30代から、主には40〜50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の量が減少してくるととともに、性欲や興味薄くなり、性欲も落ち、勃起力低下し、中折れ症状もでてきます。
精力減退という状態で、これが進行すると勃起不全・ED(インポテンツ)勃起障害につながります。

精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。
まず、ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になります。

この視床下部への刺激物質がテストステロンでありテストステロン濃度の増量は性的衝動には必要不可欠です。
テストステロンの一番重要な働きは、男性の性欲と勃起機能を高めることで、精力減退を改善し中折れやED(インポテンツ)の対策となります

誰しも加齢などにより体内のテストステロンの濃度が減少すると、精力減退となり勃起力低下ばかりでなく、中折れや勃起不全ED(インポテンツ)の原因になります。
トンカットアリと勃起のメカニズムについてご紹介いたします。
トンカットアリの根の部分には、大量のカッシノイドが含まれています。
このカッシノイドには、抗腫瘍・抗がんの効能があることが、東京薬科大学の研究により判明しています。
また、トンカットアリがペニスの勃起レベルを向上させるメカニズムについては、
性的興奮作用とエネルギーの産生作用で性行為を助長させます。
性的興奮作用では、PDE(ホスホジエステラーゼ)Vという機能の働きを阻害することにより、細胞のサイクリックGMP(グアノシン1リン酸)濃度を増加させることで、海綿体への血液の流入を促進し勃起引き起こし、またエネルギーの産生作用では、PDE UPDE V の働きを阻害することで、細胞サイクリックAPM(アデノシン1リン酸)の濃度を増加させ、合成されるテストステロンの量を増やすことで、海綿体への血流を促進し勃起を引き起こしやすくします。


■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!

会社案内お問い合わせ特定商取引法