前立腺肥大が起こることで、性機能低下が生じます。
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援するサイトです。
年をとるごとに前立腺だけは
なぜか肥大し性機能にも悪影響を与えます


前立腺肥大で性能力を低下

■前立腺肥大は性能力に悪影響を及ぼします。

前立腺肥大が起こることで、性機能低下が生じます。


年齢を経るごとに、私たちの体内の臓器は萎縮するのがふつうだが、
この前立腺だけはなぜか肥大する傾向をもっています。

「前立腺肥大」は、尿道を圧迫し、尿がでなくなったり、尿のきれを悪くする、
いわゆる残尿感をもたらします。

前立腺はまた、射精のときに精子に栄養を与える前立腺液をつくることでも知られています。
前立腺肥大になると、尿が出にくくなると、腎臓に悪影響を与えることになります。
前立腺肥大による腎機能低下は身体全身の機能低下を促し、性機能にも悪影響を与えることになるのです。

また、前立腺肥大によって前立腺液の生産量が減少することがわかっていますが、そうなると気持ちのいい射精ができなくなり、性能力も衰えることになります。
だから、前立腺肥大の場合には、気持ちのいい射精感が得られないことから、性行為が苦痛になる方もいます。
なぜ、前立腺肥大が起こるのかは、その原因はよく分かっていません。

前立腺肥大は、性ホルモンとの関係が指摘されていますが、定かではないようです。
確かに言えることは前立腺肥大は老化現象の一つだということです。
前立腺肥大は、ほっとくと前立腺ガンになることもあるから、尿が出にくくなったと感じたら、専門医の前立腺肥大診断を早急に受けるようにしましょう。


トンカットアリを一度お試しになられたらいいと思います

トンカットアリの根の部分には、大量のカッシノイドが含まれています。
このカッシノイドには、抗腫瘍・抗がんの効能があることが、東京薬科大学の研究により判明しています。
また、トンカットアリがペニスの勃起レベルを向上させるメカニズムについては、性的興奮作用とエネルギーの産生作用で性行為を助長させます。
性的興奮作用では、PDE(ホスホジエステラーゼ)Vという機能の働きを阻害することにより、細胞のサイクリックGMP(グアノシン1リン酸)濃度を増加させることで、海綿体への血液の流入を促進し勃起引き起こし、またエネルギーの産生作用では、PDE UPDE V の働きを阻害することで、細胞サイクリックAPM(アデノシン1リン酸)の濃度を増加させ、合成されるテストステロンの量を増やすことで、海綿体への血流を促進し勃起を引き起こしやすくします。




■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!






精力を取り戻す方法の関連情報
ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・・ 
    山芋を食べて精力アップを・・ 
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。