早漏を防ぐ・・腰や下腹部周辺の筋肉の緊張を取り除いて
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援するサイトです。
下腹部周辺の筋肉の緊張を取り除く
それが、早漏を防ぎます

下腹部の筋肉の緊張をとり
射精を遅らせ早漏を防ぐ

■早漏を防ぐ為、下腹部の筋肉の緊張をとりのぞく

早漏を防ぐ筋肉リラックス法


性の悩みのなかでもっとも多いのが、女性がオーガズムに達する前に、
男性が射精してしまう、いわゆる早漏でしょう。


早漏は性行為のやり方に問題がないわけではないでしょうが、挿入後から射精まではある程度の時間が必要なのも現実のようです。
では、早漏を防ぐ方法である筋肉リラックス法を紹介しましよう。

その前に、勃起は末梢神経が充血し、海綿体状のペニスが緊張することによって起こります。
性的興奮が訪れると、下腹部や太もも、肛門周辺の筋肉が極度に緊張し、性器が充血して
射精を促すのです。


したがって、早漏では射精を遅らせるために必要なことは、腰や下腹部周辺の筋肉の緊張をできるだけ取り除いてやれば、理論的には射精を遅らせることができるわけです。

早漏を心配の場合は、性行為の最中に、アキレス腱を伸ばすなどして、足先の力を抜けば、太ももや腰の筋肉が緊張から解放されるとう簡単な方法がありますが、早漏を防ぐためには次のような三つの運動を毎日繰り返すと効果があるでしょう。

@は、仰向けに寝て、腰を上下に浮かすが、浮かしたときに腹にぐっと力を入れる。
Aは、四つん這いになって、足を伸ばしたときに腹に力を入れる。
Bは、左手で右足のふくらはぎを触る、これを交互に行う。 いずれの運動もまず、三カ月は続けてみましょう。

トンカットアリはお試しになられましたか?

トンカットアリの根の部分には、大量のカッシノイドが含まれています。
このカッシノイドには、抗腫瘍・抗がんの効能があることが、東京薬科大学の研究により判明しています。
また、トンカットアリがペニスの勃起レベルを向上させるメカニズムについては、
性的興奮作用とエネルギーの産生作用で性行為を助長させます。
性的興奮作用では、PDE(ホスホジエステラーゼ)Vという機能の働きを阻害することにより、細胞のサイクリックGMP(グアノシン1リン酸)濃度を増加させることで、海綿体への血液の流入を促進し勃起引き起こし、またエネルギーの産生作用では、PDE UPDE V の働きを阻害することで、細胞サイクリックAPM(アデノシン1リン酸)の濃度を増加させ、合成されるテストステロンの量を増やすことで、海綿体への血流を促進し勃起を引き起こしやすくします。






■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!






精力を取り戻す方法の関連情報

ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・・ 
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。