「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」とはなんでしょう。
精力剤は、
三つに分類できるようです


「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」
精力剤は、「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」の三つに分類できるようです。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい


精力剤には、疲労・年齢・ストレス・喫煙習慣などによって血流が悪くなり、末梢血管、とりわけペニスに血流を促進させるためのものや、性ホルモン分泌低下、精力に関する栄養素不足を補いホルモン分泌を促進させるもの、疲労回復や滋養強壮・精力増強を目的としたものがあります。

「強精剤」は


男子の陰萎(いんい)(インポテンス)の治療に用いる薬剤で、催淫(さいいん)剤ともいう。
勃起(ぼっき)中枢興奮薬としてヨヒンビンなどがあるが、副作用が強く、大量に用いると腎(じん)障害、中枢神経麻痺(まひ)などをおこし、呼吸麻痺死に至ることもあるようです。
内服すると尿中に排出されるとき尿路を強く刺激して陰茎を勃起させるものにカンタリス剤があるが、これも腎炎をおこす危険があるようです。
また、性器の発育を促進させる性ホルモン剤、勃起維持に奏効する局所麻酔剤を含有する軟膏(なんこう)も用いられます。
漢方では八味(はちみ)丸(八味地黄(じおう)丸)がもっとも有名ですが、人参(にんじん)、淫羊(いんようかく)、枸杞(くこ)子などもよく用いられるようです。

「強壮剤」は


新陳代謝機能の回復、栄養状態の改善、補血、強精、疲労回復など、広い意味での病体の一般的改善を目的とした薬剤をいい、変質強壮剤、苦味強壮剤、補血強壮剤、滋養強壮剤などがあります。
変質強壮剤とは体質を改善するという意味で、亜ヒ酸剤などがありますが、苦味強壮剤には胃液の分泌を促す苦味剤としてキナ製剤が、補血強壮剤には鉄剤がある。滋養強壮剤は栄養によって機能の回復を図るもので、各種ビタミン剤、タンパク質、炭水化物、ミネラル、アミノ酸などがあげられる。漢方では人参(にんじん)がよく用いられます。
最近では滋養強壮剤だけが栄養剤を含めて用いられ、薬用酒やドリンク剤がよく使われています。

「勃起薬」は


男性の性機能障害である勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬として、世界的話題になった「バイアグラ(シルデナフィル)がある。
シルデナフィルは陰茎海綿体のサイクリックGMP特異的ホスホエステラーゼ5(PDE5)を選択的に阻害し、神経および海綿体内皮細胞由来の
NO刺激により産生された陰茎海綿体内のサイクリックGMP分解を抑制することにより、陰茎海綿体平滑筋を弛緩させ、血流量が増加し、
陰茎を勃起、維持させます。
1998年5月アメリカで発売され、続いてヨーロッパをはじめとして世界各国で使用されるようになりました。

「勃起薬」この種類の精力剤は、インポテンツや勃起障害と呼ばれる男性性機能の低下した際に用いられるそうで、主成分はヨヒンビンで
作られています。
勃起薬で使われるヨヒンビン成分は、勃起時にブレーキとして働く神経である「自律神経」の働きを改善します。
すると直接、勃起の中枢に神経が働くことになるので、勃起がしやすくなるのです。
よって、中折れやインポテンツなどを改善する精力剤として、勃起薬が使われます。
しかし勃起薬は精力の効力が強く、劇薬として指定されている為、店頭販売のみでしか購入する事が出来ません。
勃起薬は成分の配合によって、色々な銘柄の勃起薬がありますので、体の症状に合うものを選ぶ必要があります。


これまで、精力減退や、EDにはありとあらゆる方法、手段が試されてきました。
しかし、各人の体力や体質、その原因も様々であり、ある人にとって効果のある方法が、必ずしも自分に効果が現れるとは限りません。
ご自分で一度確かめてみないと、その効果の判断はできないでしょう。


もう、トンカットアリはお試しになられましたか?
男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、ペニスの硬さや勃起角度を強化します。
テストステロンは睾丸で分泌されますが、これは脳からテストステロンの分泌指令を、
睾丸にあるライディッヒ細胞が受け取ることによって起こります。
しかし加齢とともに、このライディッヒ細胞の機能が低下してきますので、テストステロンの
分泌量が減ってきます。
トンカットアリはこのライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にさせます。
トンカットアリの働きにより、遊離テストステロンが増え、硬さや勃起角度の強化がなされます。









精力を取り戻す方法の関連情報
ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・・ 
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操。
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。