マスタベーションで定期的に射精射する
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援するサイトです。
睾丸でつくられ精のうで貯蔵される精子は
性行為や自慰行為によって精液を射精する

中高年は定期的に射精すべし

■中高年は定期的にマスタベーションを

マスタベーションのすすめ


四〇代から五〇代にかけて性力減退を訴える人がいるが、糖尿病や性機能障害をわずらっている以外は、そんなに早く性力が減退するのは、三〇代からすでにマスタベーションを含めた性行為をあまりしてこなかったからだそうです。

射精は、性行為のときだけというわけではなく、マスタベーションと射精を行うことによって自分を若々しく保つことにつながるのです。
以前、筆者の友人に、女性との性行為が終わったあとでもなお、マスタベーションをするという三〇代の「猛者」がいたが、彼などいつみても若々しさを保っていたそうで、自分の身体を
健康に保つために重要なことは、マスタベーションにより常に新陳代謝が身体のなかで行われていることです。
そうすれば健康を保つことができます。

これを男性の性機能と結びつけて考えてみると、睾丸でつくられた精子は、精のうとよばれる場所に貯蔵されます。
ここで精子がある程度たまってくると、排出という欲求が生まれてきます。
しかし、若いときはいいが、年を経てくると、性欲が減少してくるので、マスタベーションをしないと、精液はそこに止まり続け、新しい精液の供給が徐々に弱まってきます。

ところが、
睾丸は精液がなくなるとまたつくりだすから、中高年でも性欲を何らかの手段で高め、性行為の機会をもつとか、あるいはマスタベーション・自慰行為によって精液を排出することが必要なのです。

ここで重要なことは、もしマスタベーションをせず、精液を精のうにためたまま、長期間そのままの状態でいると、身体が睾丸機能を退化させてしまう危険性があることで、それを防ぐ意味でも、きちんとマスタベーションで射精はしたほうがいいようです。
特に、年々身体機能が衰えていくオジサン、中高年は、マスタベーションを定期的にすべきのようです。

そうやって、マスタベーションで新陳代謝を繰り返していくと、睾丸は機能を維持することができる。
皆さんの中には、妻帯者なのに別にマスタベーションなど不必要ではないかという意見もあるでしょう。
パートナーがよく性生活の協力者であったとしても、マスタベーションは別な意味で中高年オジサンには大切な行為なのだそうです。


マスタベーションは、自分の健康度を知るバロメーター
になるからです。
例えば、精液の量や粘り、射出のスピードなどを知ることで、自分の健康状態を計ることができるからです。

最近の研究で射精をする前に徐々に男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精時をピークにして下降するということがわかったのです。
研究実験では、勃起する前から、射精直前までぐんぐん男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精する時をピークにして、その後は下降してくる事が解りました。
ちなみに、乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンと、副腎ホルモンであるコルチゾールは、勃起から射精前後を通じて、上昇することもわかりました。


この研究では、射精をする前後で、ダイナミックに男性ホルモンが変化すること、つまり、射精をすると男性ホルモンが増加するということがわかります。

男性ホルモンは、性機能だけではなく、脳、血液、骨、血管、筋肉、脂質代謝に効果的作用することがわかっており、男性ホルモンが多い方が健康に良いようです。
マスターベーションの射精時で、一時的に男性ホルモンが増加することが証明されましたれ、男性ホルモンが体にいいということを考えると、「射精自体が体にいい」可能性があることをこの研究が証明しました。
一般的にプロラクチンは射精前後で継続的に上昇しますが、」射精後にプロラクチンが上昇しない人は射精の連射が可能のようです。

前述したように、使わない機能はだんだん低下していきますので、そのため仮に性生活がかなり長いことあくようであれば、時期をみて中高年はマスタベーションをするほうがいいのです。

これは、何も男性に限らず、女性の場合でも、使わない器官の機能は減退することを知っておくべきです。女性の膣も同じことがいえる。使わなければ、膣そのものが徐々に萎縮し、しまいには膣壁も破れやすくなります。
性力の老化を防ぐためには、定期的な性生活が必要で、それは中高年になったからといっても性生活をさけるべきではないのです。
若々しい自分を保つためにはも、性行為やマスタベーションは重要な日常生活のファクターでもあるようです。

試した人の72%が、たった1週間で
効果を実感したトンカットアリと勃起のメカニズム

トンカットアリの根の部分には、大量のカッシノイドが含まれています。
このカッシノイドには、抗腫瘍・抗がんの効能があることが、東京薬科大学の研究により判明しています。
また、トンカットアリがペニスの勃起レベルを向上させるメカニズムについては、
性的興奮作用とエネルギーの産生作用で性行為を助長させます。
性的興奮作用では、PDE(ホスホジエステラーゼ)Vという機能の働きを阻害することにより、細胞のサイクリックGMP(グアノシン1リン酸)濃度を増加させることで、海綿体への血液の流入を促進し勃起引き起こし、またエネルギーの産生作用では、PDE UPDE V の働きを阻害することで、細胞サイクリックAPM(アデノシン1リン酸)の濃度を増加させ、合成されるテストステロンの量を増やすことで、海綿体への血流を促進し勃起を引き起こしやすくします。


■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!






精力を取り戻す方法の関連情報
ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・ 
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。