括約筋を強化して、膣のしまり具合をよくしよう
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援するサイトです。
正座は、肛門括約筋を強くし
膣のしまり具合をよくします


括約筋を強化で膣のしまりが

■括約筋を強くし、膣のしまり具合をよくする

括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう。


正座をすることで、括約筋が強化され、女性だと膣のしまり具合がよくなるというのをご存じでしょうか。
正座は腰を中心とした姿勢や運動で、肛門括約筋を強くし、膣のしまり具合をよくするのに簡単で、最適な方法です。

それと同じように、相撲の四股も同様な膣のしまりの効果をもたらします。

最近では、正座をする機会はめったにないようですが、なぜ、正座が肛門括約筋を強化するかといえば、ピンの伸ばした上半身の体重を腰やもも(大腿部)、下腹部で支える姿勢を保ち続けることで膣のしまりをよくするもので、ふだんの生活に正座という習慣を取り入れることで、その気になりさえすれば、場所や時間を選らばずに膣のしまりに取り組むことができます。

また、身体の背面の強化が膣のしまり具合をよくすることになります。
ももの裏側の筋肉、背筋などを集中的に鍛えることで膣のしまりはよくなります。

水泳部の練習をみていると、水に入る前に必ず柔軟体操を行うが、そのときに、腹筋と同様に背筋の鍛練も行っています。
いちばんいいのはそうしたクラブに所属して、なかば強制的に背筋など背面の筋肉を鍛えるのが膣のしまりにはいいのでしょうが、そうできない方は、自宅の階段を使って背筋を鍛える運動を行うと膣のしまりには、いいでしょう。

膣のしまり運動としてまず、階段と正面に向き合い、足をピタッとそろえて階段の上に立ちます。そのとに足全体を階段につけるのではなく、かかとは階段からはみ出すようにしましょう。
どのぐらいはみ出したらいいのかは、自分でバランスをとり、身体が崩れない程度でいいでしょう。
そして、つまさきを中心に、かかとを上げたり下げたりします。
ひざを曲げてはいけません。伸ばしたまま、最初は軽く上下を繰り返しますが、慣れてきたら思い切った上下運動をしましょう。

階段がない家庭では、百科事典など大きくて分厚い本を利用する膣のしまり運動がいいでしょう。
本に足を乗せるのはいやだという人は、そのときだけ心を鬼にして、これを一日一〇回から一五回は最低繰り返します。
時間があったり、体調がいい場合にはそれ以上繰り返してOKですが、けっして疲れるような無理はしないこと。

膣のしまり運動のパターンとして、次に、床に四つん這いになります。
その姿勢から右手を床から離して、真横後方に思いっきり伸ばします。
上半身が右手の動きを中心にねじれるような格好になります。
このとき、左足もピンと上に伸ばします。
そうした動きを左右交互に繰り返します。
これは背筋と腰を同時に鍛える重要な運動で、狭い場所でも手軽にできます。
一日、最低でも一五回から二〇回はやってみると膣のしまりにはいいでしょう。

最後の運動は、ひざを開きかげんにして仰向けになります。
ひざは急角度に曲げ、この姿勢で足の裏や手のひら、腰を床につけたまま、両腕を伸ばして腰を浮かします。ちょうどブリッジをつくる時の形に似ていますが、それほど苦しい姿勢ではなでしょう。

そして、腰を上下に動かします。そのとき、肛門をキュッとすぼめることが肝心です。
この運動も、毎日10回から15回続けてやると、括約筋は確実に強化でき膣のしまりがよくなるでしょう。




■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!





精力を取り戻す方法の関連情報
ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・・
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。