勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランスよくその機能を発揮する状態がベスト
いつまでも若く、精力的に生きたい人を応援するサイトです。

勃起は、副交換神経の作用、
射精は交換神経の作用により起こります。

勃起力や射精力を回復するには

■勃起と射精力を改善する

勃起は、副交換神経の作用によって生じ、
射精は交換神経の作用によって起こります。



男の厄年は、二五歳、四二歳、六二歳ですが、この年になると体に何らかの変調をきたすことから、先人が長い時間をかけて後世に伝えた知恵でもあります。
なかでも、男四二歳は、女性でいうお肌の曲がり角ではないが、体力的なおとろえ、特に勃起と射精で精力の衰えを感じる年頃です。

一般的に言われるているのは、男性の老化現象が現れるのは、まず、目である。次に歯、そして、勃起と射精のようです。なかでも勃起と射精つまり、勃起不全とか勃起力が弱くなるほど、男性にとってショックなことはありません。
性行為を行っている途中に、萎えてしまう中折れも勃起と射精の問題です。

ふつう、勃起は、副交換神経の作用によって生じるもので、射精は交換神経の作用によって起こります。
したがって、性能力が衰えるということは、副交換神経の働きが、交感神経によって抑制されているわけで、交感神経が強すぎるという状態なのです。
では、交換神経が強く働くとき、私たちの状態はどんな状態なのかといえば、ストレスが非常にたまっている状態であり、現在ストレスにさらされている状態といってもいいでしょう。
交感神経が働き過ぎると、脈拍が多くなり、心臓はどきどきし、血圧は上昇する。身体にとってけっしてよくない状態です。
そんな状態を解消するには、勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランスよくその機能を発揮する状態にすればいいのです。

自律神経のコントロールを自律訓練法やサプリメントでサポート


勃起と射精に関係する神経は自律神経なので、これまでは外部からコントロールできないとされてきたが、最近では、自律訓練法や自律神経の正常化によいサプリメントなどが開発され、ある程度はコントロールすることもできるようになってきたことがわかってきました。
例えば、ヨガや座禅、あるいは環境音楽といった心をリラックスさせる音楽療法、暗示療法などがその代表例ですし、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進したり、疲労回復に効果的なトンカットアリなどのサプリメントが注目されています。。
そうしたいろいろな方法を試み、自分にもっともあった勃起と射精を改善する心理療法やサプリメントを取りいれることが重要でしょう。
しかし、そうした心理療法やサプリメントを取り入れて、心身ともにリラックスするために肝心なことは、パートナーの協力が必要で、勃起と射精については、奥さんであれ、恋人であれ、パートナーの愛情に勝るものはないようです。

さらに言えば、職場などでは同僚や部下、あるいは上司との人間関係を充実したものにする必要があるでしょう。
中高年はともすればリストラの対象となりやすく、日々、その心配に直面している方もいるかもしれませんが、 しかし、それに打ち勝つような強い心をもたなければ、まずます精力は減退するばかりで勃起と射精の問題も大きくなってくるのです。

自分の心身が健康状態かどうかをはかる目安は次の四つです。


 @朝目覚めたときに疲れが残っているかどうか。
 A睡眠がよくできるか。
 B食欲は多いにあるかどうか。
 C快便かどうか。

これが心身の健康バロメーターで。、 また、マッサージも勃起と射精を回復する決め手になります。
夫婦や恋人でお互いをマッサージすることで、皮膚感覚を刺激し、脳の性中枢も刺激することによって、それが性欲や性力を高めることで、勃起と射精を改善することつながるからです。
性欲や勃起と射精の問題を解決するには、お互いのスキンシップも重要なのです。


もう、トンカットアリはお試しになられましたか?
男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、ペニスの硬さや勃起と射精を強化します。
テストステロンは睾丸で分泌されますが、これは脳からテストステロンの分泌指令を、
睾丸にあるライディッヒ細胞が受け取ることによって起こります。
しかし加齢とともに、このライディッヒ細胞の機能が低下してきますので、テストステロンの
分泌量が減ってきます。
トンカットアリはこのライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にさせます。
トンカットアリの働きにより、遊離テストステロンが増え、硬さや勃起と射精の強化がなされます。







精力を取り戻す方法の関連情報
ペニスの角度は強度と比例し深い関係があります。
勃起力の強化トレーニングとは。
夫婦で不感症を解消しましょう。
射精しなければ、精力減退してしまう。
勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経がバランス
括約筋を強化して、膣のしまりをよくしよう
    山芋を食べて精力アップを・・
精力減退を防ぐ股関節柔軟体操。
コーラの飲み過ぎは、インポ(勃起不全)になる可能性が
マスタベーションで定期的に射精するとは
早漏を防ぐ筋肉リラックス法とは
前立腺肥大が起こることで、性機能低下が
前立腺を鍛えて精力増強をする。
精力剤だある「強精剤」、「強壮剤」、「勃起薬」のちがい
精力増強のための薬剤及びサプリメント
私をサポートしてくれた精力剤サプリメントとは。