サメの軟骨DXをご紹介しています 
サメの軟骨(コンドロイチン)

サメの軟骨(サメ軟骨・コンドロイチン)

 

最近、新聞雑誌の広告やテレビの通販番組で、サメの軟骨の 文字を多く見かけますが、サメ軟骨に含まれるコンドロイチン硫酸という物質が、注目されてきているのだと思います。

サメの肉は煮たり焼いたりして食用となりますし、それ以外でも、ちくわや蒲鉾などの練り商品の原料となります。
ヒレは中華料理の高級食材として有名なフカヒレに、肝油もかつてビタミンAの補給源よく使われました。
皮はなめして財布やベルトなどの皮革品にしたり、サメ肌を利用してサンドペーパーがわりに使われていた時代もあります。
そして近年、サメ軟骨に含まれる成分にコンドロイチン硫酸の存在が確認され、にわかに注目を集めるようになりました。

昔からサメは捨てるところがないというくらい有効活用されてきましたが、話題のサメの軟骨の主要成分であるコンドロイチンです。

私たちの体のコンドロイチンは加齢とともに体内の生成能力が落ちて不足しがちに。毎日の食事できちんと補いたい成分なのですが一般的な食材に含まれる量は少なく、化学的合成も難しいため、サメの軟骨に含まれるコンドロイチンを配合したサプリメントが注目を集めています。
コンドロイチン硫酸とは、なんでしょう
私たちの身体の骨と骨の連結部である関節は、「軟骨」というやわらかい骨で裏打ちされ、軟骨と軟骨の隙間を「関節液」が満たし、なめらかな動きを生み出しています。
この関節液は、関節に力が加わるたびに軟骨からしみ出ますが、この関節液を軟骨の中で大量に抱え込んでいるのが、コンドロイチン硫酸なのです。


しかし、20代過ぎからは体内でコンドロイチン硫酸の合成される量が減り始め、年を重ねるごとに軟骨中のコンドロイチン硫酸は減少し、軟骨どうしが触れ合うようになり、次第にすり減り、やがて骨どうしがぶつかるようになります。

コンドロイチン硫酸は、サメの軟骨・ウナギ・ドジョウ・フカヒレ・スッポン・豚足・マグロの目玉などにも含まれています。

ムコ多糖の中に含まれるコンドロイチン硫酸
ムコ多糖の「ムコ」とは、粘液という意味です。
一般にはネバネバ物質の呼び名で知られています。

このムコ多糖の中に含まれる代表的な成分が、コンドロイチン硫酸です。コンドロイチン硫酸はもともと身体の中にある“ムコ多糖類”という物質。 たんぱく質と結びついた形で細胞に保水性や弾力性を与えたり、栄養分の消化や吸収、代謝に関係したりと、さまざまな働きをしています。コンドロイチン硫酸は成長期には体内で十分に生産されますが、20歳を過ぎる頃から作られにくくなり、50歳頃になると必要量の20分の1しか合成されません。これが、関節の円滑性や皮膚のみずみずしさが失われてくる原因なのです。
普段、食事で食べている食品にもコンドロイチンは含まれています
この話題のコンドロイチンは、タンパク質、核酸(DNA)につづく第三の生命鎖として近年注目されている連鎖化合物です。
ムコ多糖を代表する物質です。
生命分布が広く、関節軟骨や骨などの硬組織の他にも、脳神経組織などのほとんど全ての臓器や組織に含まれ、重要な機能を担っています。

生態内におけるコンドロイチンの含有量は年々低下するため、コンドロイチンを摂取を心がけたいものです。
私たちは、普段から食事で食べている食品にもコンドロイチンは含まれています。
納豆やオクラ、うなぎ、すっぽん、どじょう、フカヒレなど基本的にネバネバした食品に多く含まれており、昔からネバネバした食品は健康食として珍重されてきました。
これらの食品のうち納豆やオクラは普段から食べる機会も多いのですが、食品によるコンドロイチンの摂取量は非常に少ないのが現状のようです。
サメの軟骨とはどんなものでしょう。
サメの骨格はすべて軟骨でできていて、エイ等もこの仲間に入ります。
これに対して硬骨魚類といわれる私たちが知っている魚、マグロとかサンマやタイ、コイ、メダカなどは、私たちと同じように硬い骨を持つ仲間です。

軟骨魚類であるサメの体からその骨格(軟骨)を取り出し、乾燥させ微粉末化したものを、「サメの軟骨」、といいます。

「サメの軟骨」として商品化するにあたり、商品企画や原材料の選定及び加工技術については、
ペルー国立技術大学付属研究所 所長カルロス・ティマナー博士とスタッフの方々の協力と指導により、
安全と純粋で高品質な商品をご提供できるよう努力いたしております。



「[株式会社ナチュラルインデックスが取り扱うマカ、キャッツクロー、サメの軟骨、エルカンプーレ、カイグアなどの
一連の自然食品は、農薬などの化学物質が使用されていないことを確認した安全な原料だけを使用しています。
株式会社ナチュラルインデックスにより輸入され日本国内で流通されるすべての自然食品は、商品が完成するまで
すべての工程において保存料などの化学物質が加えられていない100%自然のものであると証明いたします。」

ペルー国立技術大学研究所所長 (カルロス・ティマナー博士)
これだけは確かめましょう
サメの生息海域と種類・加工内容と製造会社・品質管理及び添加物の有無
ナチュラルインデックスが提供しているサメの軟骨DXは、ペルーのピウラ沖で捕獲されたものです。
ピウラ沖は、世界の海流を左右する、エルニーニョ、ラニーニャの発生地でもあり、自然界においてもとても重要な位置にあります。
ナチュラルインデックスのサメの軟骨は、世界の魚が集まるといわれるピウラ沖で捕獲された中から、厳選したヨシキリザメ「ブルーシャーク」を原料としています。捕獲されたサメは、
自然食品専門会社であるビダ・ナチュラル社で、厳しい品質管理のもと加工し、植物由来のカプセルに詰めたご安心の商品です。 
                            
詳細はこちら
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。

天然100%の健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないや、飲み続けることができそうかなど
お試しいただくことが、大切なことだと考えています


初めてサメの軟骨をお飲みになる方、他社商品をお飲みになられて実感が持てない方、
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ、
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。 
サメの軟骨の良さをご実感頂く為に
サメの軟骨お試用を1.500円にてご準備いたしております
 サメの軟骨DXのお試用お申し込みはこちらから

お試用お申し込みの皆様に
内容量300mg×20カプセルとサメ軟骨の本をお送り申し上げます

*服用目安1日3〜6カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい
お試用をご希望の皆様には、商品到着後1週間以内に郵便振替にてお支払いください
取り扱うサメ情報
サメの生息海域
サメ軟骨の加工会社
カプセル(植物由来)
詰め替え容器
ご案内
お問い合わせ
お試用お申し込み
通販法の表示
お支払いと配送
ご購入
プライバシー保護
会社概要
代理店募集







サメの軟骨DX
純粋100%
一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください
弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用を
お願いいたしております
コンドロイチンを含むサメの軟骨

目安:1日3〜6カプセルほど
成分:サメの軟骨
容量:100カプセル(300mg×100))
使用目安:1ヶ月ほど
副作用:なし                
メーカー小売希望価格 12.300円
割引販売価格 10.000円
           表示価格は消費税込み価格
2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ
純粋サメの軟骨 100%
健康食品コンドロイチン■1カプセル当たりの栄養成分表示
■エネルギー:0.76kcal 
■たんぱく質:0.105g 
■脂質:0g  
炭水化物:0.01g 
ナトリウム:0.75mg  
添加物:無添加
原産地:ペルー


販売者:株式会社ナチュラルインデックス
植物由来カプセル(
プラントキャプス)
 
価格表
小売希望価格 販売価格 ご継続価格 3個セット 6個セット
1個 12.300円 10.000円 9.200円 8.600円 8.300円
合計 - - - 25.800円 49.800円
 ※まとめ買いがお得です
                                            >お申し込みはこちらから<   
輸入検査社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク