【第71回】『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』 
冬の風が冷たくなりましたが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザや風邪が流行る季節です。
ワクチンなども強い味方ですが、手洗い・
うがいといった基本的な予防策も効果的です。
1人1人がきちんと予防しましょう(*´ェ`*)


これからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎骨粗鬆症に注意@☆

◎ナチュラルインデックスからのお知らせ

◎骨粗鬆症に注意A☆

◎健康生活のためのお役立ち情報

サプリメントってどれも同じじゃないの?

天然サプリメントと合成サプリメントについて

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○  骨粗鬆症に注意@☆  


皆さんは骨粗鬆症という言葉を聞いたことがありま
すか?骨がもろくなる病気だというイメージはあり
ますが、一体どんな病気なんでしょうか(*´∀`)

今回は、この骨粗鬆症についてお話したいと思います。

骨の中には「骨梁(こつりょう)」という縦横に通る
無数の“柱”があり、丈夫な構造になっています。柱
が細くなったり、数が少なくなると骨がスカスカにな
って骨の強さを示す指標となる「骨量」が減ってしま
います。これが骨粗鬆症です。

骨量は20歳ごろで最大に達し、年齢とともに減少して
いきます。特に女性は一般に50歳を過ぎると骨量が急
激に減少し、骨粗鬆症を発症する人が増えます。

骨は古くなった骨を「破骨細胞」が壊し、「骨芽細胞」
が新しい骨を作るという「骨代謝」を絶えず繰り返し
ています。この作ると壊すのバランスがとれていると
骨の強度は保たれますが、骨粗鬆症ではこのバランス
が崩れてしまいます。

骨粗鬆症では“つくる”よりも“壊す”働きが強くな
り、骨がもろくなっている状態なのです。

骨粗鬆症が生じても自覚症状はほとんどありませんが、
進行して骨がもろくなると、体の重みや少しの衝撃で
背骨の骨がつぶれる「圧迫骨折」が起こりやすくなり
ます。

圧迫骨折が生じても痛みがないことも多く、気づかな
い人も多いのですが、具体的には「身長が縮む」など
の変化が現れます。また、転倒して骨折を起こす危険
性が大変高くなります。

高齢者の場合、骨折をきっかけに入院して安静にして
いると筋力が衰えて、さらに転倒しやすくなります。
この悪循環が繰り返されると、要介護や寝たきりにな
る可能性が高くなります。これが、骨粗鬆症の最も大
きな問題です。

次の「骨粗鬆症に注意A☆」では骨粗鬆症にならない
ための対策についてご紹介したいと思います(*´I`*)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ ナチュラルインデックスからのお知らせ



■〓 ちょっと健康にお役立ちブログのご紹介 〓■
・ナチュラルインデックスでは健康生活へのお役立ちにと
豆知識ブログを毎日更新しています。
よろしければ見てみて下さいね。
 http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/



■〓 メールマガジンバックナンバー 〓■
・これまでお送りいたしましたメールマガジンのバックナンバーを見れるように
 いたしました。以下のURLよりご覧いただけますので、ご活用くださいませ。

 http://three-b.net/kenkou/shop/meru1.html


★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 骨粗鬆症に注意A☆


骨粗鬆症で最も問題となるのは、骨がもろくなったこと
で起こる「骨折」です。治療するには生活習慣の改善が
基本になります。そして必要に応じて薬を使った療法が
行われます。

一般に骨折の危険度が高い場合、骨を強くするための
「薬物療法」が行われます。

一方、骨折の危険度が低い人は生活習慣の改善だけで
「骨量」の低下を防ぐことも可能です。

ふだんの生活のなかで骨を強くするには、まず喫煙者は
禁煙し、過度のお酒を控えましょう。そして、「食事」
「運動」「日光」の3つがポイントになります。

●食事●
食事では骨を強くするように働くカルシウム・ビタ
ミンD・ビタミンKを多く含む食品を上手に組み合
わせて積極的にとりましょう。

もう1つ特に高齢者にとって大切な栄養素が、骨の
材料になる「たんぱく質」です。高齢になると小食
になり、たんぱく質の摂取量が不足しがちです。意
識して食べるようにしましょう。

カルシウムを多く含む食品
牛乳・乳製品・大豆製品・小松菜など。

ビタミンDを多く含む食品
きくらげ・まぐろの赤身・さけ・しらすなど。

ビタミンKを多く含む食品
納豆・ほうれんそう・にら・ブロッコリーなど。


●運動●
運動不足は、骨量の低下を引き起こす原因になります。
さらに骨にカルシウムを蓄えるには“骨に体重をかけ
る”ことが必要です。階段の上り下りや、散歩の時間
を増やすだけでも、骨を強くする効果がえられます。

ただし、骨に一時的に負担をかけすぎると、背骨に圧
迫骨折などを引き起こす危険性があります。運動を始
める前には担当医に相談し、どの程度の運動なら行っ
てもよいのかを確認しましょう。

●日光●
カルシウムを効率よく吸収するには、食事でとったビ
タミンDを活性化させる必要があります。ビタミンD
は、日光が皮膚に当たることで活性化するため、適度
に日光に当たることが大切です。

日光は長時間浴びる必要はなく、夏は木陰で、または
日傘をさして30分程度。冬なら手や顔に1時間程度浴び
れば十分です。



生活習慣の改善を行うと、骨が強化されるだけでなく
薬物療法の効果を増強させることも期待できます。ま
だ発症していない人でも、生活習慣に気をつけること
で骨粗鬆症の予防になる可能性があります。


積極的に取り組んで体のメカニズムを整えましょう(*´ェ`*)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★



○○○
○○ 健康生活のためのお役立ち情報


サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントの違いについて
http://three-b.net/kenkou/shop/tennen-sapuri.html

納豆を使ってツルツルお肌を!今すぐ出来る「納豆ローションのレシピ」はこちらから↓
http://three-b.net/kenkou/shop/natutou.html

エコな生活を心がけてみませんか?
地球にもカラダにもやさしい「ロハスな生活」のご説明はこちらから↓
http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-06.htm

自然が生んだ中和して汚れをおとす効果!
掃除に役立つ「魔法の粉・重曹」のご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-05.htm

そして疲れたカラダを癒す簡単足ツボレシピのご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-03.htm

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
他愛のないお話も混ぜつつ、これからもどんどんみなさまのお役に立てる
情報を書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん教えてくだ
さいね♪管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.netまでどうぞ♪
■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせお役立ち相互リンク