【第59回】『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』 
暑い日が多くなってきましたが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

この時期になると湿度が高くなり、熱帯夜に悩む
ことも増えてきますね。就寝前に体の熱を下げ、
眠りを誘うホルモンを増やすことが寝つきを良く
するポイントです。

・風通しを良くする
・手足を涼しくする
・ぬるめの風呂にゆっくり入る

元気な体は質の良い睡眠からです。夏の熱帯夜も、
ちょっとした工夫で快適な睡眠になるようしまし
ょう。


これからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎「いい汗」と「悪い汗」の違いは?☆

◎ナチュラルインデックスからのお知らせ

◎水分補給はこまめに☆

◎健康生活のためのお役立ち情報
サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントについて

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○  「いい汗」と「悪い汗」の違いは?☆  


夏に向けて暑い日が多くなってきましたが、皆さんは
「いい汗」と「悪い汗」があるのをご存知でしょうか。
健康な汗をかいて夏バテ予防するためにも、今回は汗
のお話をしたいと思います(´▽`*)


・「いい汗」「悪い汗」とは一体どんなものなのでしょうか。

もともと、汗の大切な役目は体温を下げることです。
汗は蒸発するとき体から熱を奪うことで、体温が高く
なりすぎることを防いでいます。

「いい汗」とは、すぐに出てきてサラッとしています。
そして塩分濃度が低いのですぐに乾き、体温を下げてくれ
ます。

逆に「悪い汗」とは、なかなか出ないうえにベタッとして
います。そして塩分濃度が高いので乾きにくく、体温を下
げてくれません。この「悪い汗」を大量にかくと水分だけ
でなく、たくさんの塩分も失われることになります。

すると今度は、血液の塩分濃度を保とうとする体の働きに
よって汗が出なくなります。それによって、気づかないう
ちに体温調節ができなくなり体温が上昇し続けます。これ
は思った以上に危険な状態です。最悪の場合、死に至ると
もいわれ、これが「悪い汗」といわれている理由です。


・ではなぜ、塩分濃度の低い汗(いい汗)と塩分濃度の高
い汗(悪い汗)の違いが生まれるのでしょうか(*´ェ`*)

汗の分泌にはエクリン汗腺の働きが大きく関係しています。
皮膚表面にあるエクリン汗腺は、脳から指令を受けるとまず、
血液から塩分だけを取り込みます。それによって血液の塩分
濃度が下がります。すると今度は濃度の低いほうから高いほ
うへ水分が移動する浸透圧の原理により、血液からエクリン
汗腺へ水分が移動します。

このようにして出来た汗が溜まると、エクリン汗腺は最後に
取り込んだ塩分を血液に戻します。こうして塩分濃度の低い
「いい汗」が作られるのです。

このとき、エクリン汗腺の働きが低下していると塩分を血液
に戻すことができません。よって塩分濃度が高いままの汗が
体から出ていってしまうのです。そしてこれが「悪い汗」と
なります。


「悪い汗」を「いい汗」に変えるためにはエクリン汗腺の働
きを良くすることが大切です。

そのためには持続的な運動が効果的で、軽いジョギングを1
日30分、1週間続けるだけでも効果があります。汗の量が
ぐっと増えたのを実感できたら、改善の兆しです。

「いい汗」で暑い夏を乗り切れるように、ぜひ試してみてく
ださいね。

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ ナチュラルインデックスからのお知らせ

 ■〓 ちょっと健康にお役立ちブログのご紹介 〓■
・ナチュラルインデックスでは健康生活へのお役立ちにと
  豆知識ブログを毎日更新しています。
  よろしければ見てみて下さいね。
 http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/



 ■〓 メールマガジンバックナンバー 〓■
 ・これまでお送りいたしましたメールマガジンのバックナンバーを見れるように
  いたしました。以下のURLよりご覧いただけますので、ご活用くださいませ。

  http://three-b.net/kenkou/shop/meru1.html


★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 水分補給はこまめに☆


さて、さきほどは「汗」についてのお話をしました。そこで
今回は脱水症状にならないための「水分補給」についてご紹
介したいと思います。

人間の体の80%は水分だといわれています。体内の水分が
不足すると、血液の粘度が強くなって血行が悪くなり、さま
ざまな影響がでてきます。脳卒中や心筋こうそく、熱中症の
危険が高まることはいうまでもありませんね(*´ェ`*)

とくに夏は発汗などで体の水分が失われがちです。1日に失
われる水分量は約2500MLです。暑いときや運動時に汗
をかくと、さらに1Lほど水分を失うといわれています。


【1日に失われる水分量】

@尿・・・・・・・・・・・1400ML

A皮膚・呼吸からの蒸発・・900ML

B便に含まれる水分・・・・200ML

     ↓
合計して・・・・・・・・・2500ML


「のどが渇いたら飲む」という水の取り方では体内の水分を
保つには不十分で、日中の大半が水不足の状態になってしま
います。こうなると体は脱水症状を招きやすくなり、知らず
しらずのうちに慢性脱水になってしまいます。

慢性脱水を防ぐために大切なのは、水分摂取のタイミングと
量です。理想的なのはのどが渇く前に水分を少量ずつとるこ
とです。1度にガブ飲みすると尿として排出されてしまうの
で、少量をこまめに摂ることが大切なのです。

夏に向けて暑い日が多くなりますが、1日1500MLは飲
み物から摂取するように心がけましょう(*´∀`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★



○○○
○○ 健康生活のためのお役立ち情報


サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントの違いについて
http://three-b.net/kenkou/shop/tennen-sapuri.html

納豆を使ってツルツルお肌を!今すぐ出来る「納豆ローションのレシピ」はこちらから↓
http://three-b.net/kenkou/shop/natutou.html

エコな生活を心がけてみませんか?
地球にもカラダにもやさしい「ロハスな生活」のご説明はこちらから↓
http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-06.htm

自然が生んだ中和して汚れをおとす効果!
掃除に役立つ「魔法の粉・重曹」のご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-05.htm

そして疲れたカラダを癒す簡単足ツボレシピのご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-03.htm

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
他愛のないお話も混ぜつつ、これからもどんどんみなさまのお役に立てる
情報を書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん教えてくだ
さいね♪管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.netまでどうぞ♪
■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・