【第16回】『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』   
相変わらず暑い日が続き、熱中症の報告なども耳にしますが皆さんは
いかがお過ごしでしょうか?一日の最高気温が35℃を超える地域では
今まではみられなかったような局地的大雨への注意も喚起されています。

スコールのように短時間で大量の雨を降らせるこの現象は、高層ビルや
エアコンによるヒートアイランド現象が大きな原因だといわれています。
このような急な天候の変化は、川や河川敷での異常な増水や人々の
逃げ遅れを引き起こしてしまいます。

夏休みに向けて家族でのキャンプや川遊びを計画されている方には
この「時期特有の天気」についても気をつけてほしいものですね(´∀`*)

これからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎快眠は夏バテ予防の第一歩☆

◎ナチュラルインデックスからのお知らせ
日頃のご愛顧をこめてお客様にプレゼント

◎「あせも」はできる前に予防したい☆

◎健康生活のためのお役立ち情報
サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントについて

 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 快眠は夏バテ予防の第一歩☆ 


前回のメルマガで「快眠できる枕の選び方」についてお話したのを覚えて
いらっしゃいますでしょうか?夏バテしない身体づくりのためには、たっぷりの
睡眠時間と疲れを翌日にもちこさないことがポイントですよね。今回はそんな
快眠方法シリーズ第2弾として寝る前にできる簡単な環境作りについて
ご紹介したいと思います(*´ェ`*)

1日の睡眠時間が6〜7時間だとすると、私たちは1日のうち3分の1から4分の1を
眠っていることになります。逆にいえば1日の疲れをきちんと解消するには活動時間の
3分の1くらいの睡眠時間が必要だということですね。その睡眠時間を確保するためには
心身と環境を上手にととのえる必要があります。

大切な睡眠時間をより良質なものとするためにも簡単なポイントを知っておきましょう。

まず1つ目は眠る前にリラックスタイムをつくることです。
眠る1〜2時間前には音楽を聴いたり、読書することを習慣づけておくと、身体も脳も
眠りの準備に入りやすくなります。「早く眠らなくちゃ」などと意識せずに、ゆったりとした
気分で過ごすことを習慣づけましょう。

2つ目はぬるめのお湯にゆっくりつかることです。
37℃〜39℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかることで、自律神経の働きが整って
心身ともにリラックスすることができます。また、入浴剤やアロマオイルなどを使うことで
自分に合った気分転換もすることができますね(´∀`人)

そして3つ目に部屋の温度調節に気をつけましょう。
この時期、快適に眠るためには気温25℃前後、湿度40〜60%が最適といわれています。
しかし、このような温度設定で冷房を朝まで使ってしまうと、翌日身体がだるくなったり、
風邪をひいてしまいそうですよね。

そこで、お勧めしたいのが冷房機能や機械の使い分けです。
部屋全体が快適な温度、湿度になったら冷房をつけっぱなしにせず、除湿機能やタイマー
を上手に使って身体を冷やしすぎないようにしましょう。また、寝る前はエアコンで冷やして
ベットに入る前に扇風機に切り替えるなど、機械を使い分けることも効果的です。

睡眠不足で疲れているときには集中力や免疫力の低下だけでなく、心もクタクタになって
しまいます。イライラしてゆとりをなくし、何をするにも元気がでなくなってしまいますよね。
夏バテ防止はもちろん、健康で元気な日常生活を送るためにも快適な睡眠環境を
心がけたいものですね(*´∀`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ ナチュラルインデックスからのお知らせ


ナチュラルインデックスでは先月より日頃のご愛顧を込めて、本商品(お試用以外)をご注文
いただきましたお客様に、ふりかけをプレゼントしております。おかげさまでご好評いただいて
おります。今月も引き続き同封いたしますのでお楽しみに。

こちらのふりかけは国産の穀物を使用した合成着色料・保存料は一切使用せず
作ったものですのでご安心してお召し上がりくださいませ。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 「あせも」はできる前に予防したい☆


エアコンなどの普及にともない、昔に比べると減ったといわれている「あせも」ですが
外で過ごすことの多い方や汗っかきな子供さんには相変わらず悩みの種ですよね。

そもそも「あせも」とは汗の出口がホコリや垢などでふさがってしまうことが原因です。
これにより通常なら皮膚表面に出てくるはずの汗が出られなくなって皮膚の中に溜まり、
炎症を起こしてしまうんですね。その炎症が小さなツブツブになってあらわれるのです。

私たちは、汗をかいていると感じていないときでも1日1〜1.5Lの汗をかいています。
汗が分泌されるのは皮膚にある汗腺という場所ですが、この汗腺は全身で約200〜
500万個もあります。しかし、汗腺の数は生まれてから死ぬまで変わらないといわれて
いますから、身体の面積が小さい赤ちゃんや子供さんは汗腺の密度が高いということ
になります。大人に比べて子供のほうが「あせも」になりやすいのにはこんな理由が
あったんですね(´ヘ`;)

普段の生活で自然に出る汗が「あせも」の原因となることはほとんどありません。
夏の高温多湿の環境で長時間汗をかき続けたり、激しい運動をして短時間のうちに
大量の汗をかいたときに起こりやすいといわれています。痒みが強く、無意識にかき
むしってしまうこともある「あせも」はできてからより予防することが重要です。皮膚を
乾いた涼しい状態で清潔に保ち、汗をかきすぎない環境を作ることが大切ですね。

「あせも」を予防する方法としては
・冷たくぬらしたタオルで汗をふき取り、肌に残さないようにする。
・汗をかいて湿った衣服はこまめに着替えて、細菌が繁殖しにくい状態を保つ。
・1日1回の入浴以外にも汗をかいたらシャワーを浴びるようにする。

など、日常生活のなかで行うには多少手間がかかってしまう方法が多いですが
夏の高温多湿な時期だけでもできる範囲で注意したいものです。

汗のかきすぎは皮膚のトラブルにつながることがありますが、汗は生命維持のために
必要不可欠なものです。「あせも」は一過性のものですから、肌を清潔にして予防する
ことで十分対応できるといわれています。身体のしくみを理解したうえで日頃からの
スキンケアを心がけましょう(*´∀`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ 健康生活のためのお役立ち情報


<NEW>サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントの違いについて
http://three-b.net/kenkou/shop/tennen-sapuri.html

納豆を使ってツルツルお肌を!今すぐ出来る「納豆ローションのレシピ」はこちらから↓
http://three-b.net/kenkou/shop/natutou.html

エコな生活を心がけてみませんか?
地球にもカラダにもやさしい「ロハスな生活」のご説明はこちらから↓
http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-06.htm

自然が生んだ中和して汚れをおとす効果!
掃除に役立つ「魔法の粉・重曹」のご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-05.htm

そして疲れたカラダを癒す簡単足ツボレシピのご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-03.htm

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
他愛のないお話も混ぜつつ、これからもどんどんみなさまのお役に立てる
情報を書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん教えてくだ
さいね♪管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.netまでどうぞ♪
■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせお役立ち相互リンク