【第14回】『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』   
ジメジメした日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
最近では日中の気温が30℃を超える地域も多いようで、ますます
体調管理に注意が必要になってきました。

夏に向けて起床時間をいつもより少し早めにし、涼しい時間帯を
有効に利用したいものですね♪

これからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎室内外の温度差は5℃以内にしましょう☆

◎ナチュラルインデックスからのお知らせ
発送時のお問い合わせ番号サービスについて

◎これからの季節とくに清潔を心がけて☆

◎健康生活のためのお役立ち情報
サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントについて

 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
・○○○
○○ 室内外の温度差は5℃以内にしましょう☆ 


室内で仕事をしているだけでも汗が噴出してくる今の季節、ついつい冷房の温度を低めに
設定してしまいます。
暑い外から涼しい室内に入ったときの冷たい風を感じるのは夏の特権かもしれません(*´∀`)
しかし実はこの室内外の温度差が、思った以上にカラダに負担をかけているのです。
「足腰が冷える、体がだるい、眠れない」といった症状ももしかしたら「冷房病」かもしれません。

今回はそんな夏の危険に注目してみたいと思います。
冷房病は、冷房による「冷えすぎ」と「温度差」によって起るといわれています。
私たちの体は気温の変化に反応して、体温を一定に保つ仕組みが脳に備わっています。
冷えた空気に当たり続けると体が冷えすぎてしまいます。
そんなとき体温を保とうとして皮膚の血管は収縮しますが、それでは対応しきれない寒さに
さらされると体には大きな負担がかかり、不調の原因になってしまうのです。
体温調節が適切に行われる温度差は一般に5℃以内といわれています。
そのため暑い屋外と寒い室内を行ったりきたりすることは体温調節が上手にできなくなる
原因のひとつなのです(´ヘ`;)

冷房の効いた部屋で長時間過ごす場合には風を弱めに設定し、冷房が直接当たらないように
気をつけましょう。
また、夏は暑いからといってシャワーを利用する人が多いものですが夏バテ防止には
「ぬるま湯で半身浴」が効果的だといわれています。
ついつい過剰にしてしまう暑さ対策を見直して、
夏と上手につきあえる体作りをしていきたいものですね

☆・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ ナチュラルインデックスからのお知らせ


ナチュラルインデックスでは先日から発送のご案内メールと一緒に出荷時の荷物の
お問い合わせ番号をご案内させていただいております。
お問い合わせ番号につきましては各社のお荷物追跡ページに入力することによって、
お荷物の状況をご確認いただくことができます。
なお、お荷物追跡ページのアドレスも発送のご案内メールに記載させていただいておりますので、
お問い合わせ番号をコピーしていただいて追跡ページにペーストしていただければ、
お荷物が現在どこにあるかがご確認いただけます。
ご活用いただければ幸いです。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ これからの季節とくに清潔を心がけて☆


6月に入り、本当に雨の日が多くなりました。
これから夏場にかけては湿気も温度も高い日が続きますね。
この季節になると心配になってくるのが食中毒です。
ただでさえ夏は体力が落ち、抵抗力が弱くなるといわれています。
シッカリした予防と体力づくりで食中毒のツライ症状から身を守りましょう!
食中毒と一言にいってもその種類はさまざまです。

一般的に頭に浮かぶのは食中毒=O-157という病原大腸菌のひとうですが、その他にも
卵や肉などが感染経路になるサルモネラ菌や、魚介類から感染する腸炎ビブリオ菌など
いろいろな種類があります(´・ε・`*)

食中毒はこれらの食中毒菌がついた飲食物を食べることで腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの
症状を起こすものです。
予防するには食品の取り扱いに注意し、清潔を心がけることがポイントだといわれています。
実は汚染された食品そのものによる感染よりも、食品を調理する過程において手や指、
調理器具などについた細菌が原因で感染することのほうが多いのです。

例えば肉を切ったあとのまな板で生野菜を切る場合、手や調理器具を洗ったつもりでも
包丁の柄の部分を洗い忘れたりすることで細菌が増殖してしまうケースも多いのです。
また、前の日のカレーなどを鍋で温めなおす場合もちょっとしたコツがあります。
単に火にかけるだけでなく、おたまを使い空気を混ぜながら温めなおすことが重要です。
空気に弱い細菌をより殺すことができます。逆をいえば、こういったポイントを見逃してしまうと
シッカリ再加熱したつもりでも殺菌しきれていないことがあるんですね。
この時期の食品は冷蔵・冷凍、そして調理方法での加熱などを上手に活用していつも以上に
食べ物に注意を払いたいものです。
体力や抵抗力の弱くなっている夏場は水まわりの清潔・清掃を徹底するよう心がけたいですね(*´∀`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ 健康生活のためのお役立ち情報


<NEW>サプリメントってどれも同じじゃないの?天然サプリメントと合成サプリメントの違いについてhttp://three-b.net/kenkou/shop/tennen-sapuri.html

納豆を使ってツルツルお肌を!今すぐ出来る「納豆ローションのレシピ」はこちらから↓http://three-b.net/kenkou/shop/natutou.html

エコな生活を心がけてみませんか?地球にもカラダにもやさしい「ロハスな生活」のご説明はこちらから↓http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-06.htm

自然が生んだ中和して汚れをおとす効果!掃除に役立つ「魔法の粉・重曹」のご説明はこちらから↓URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-05.htm

そして疲れたカラダを癒す簡単足ツボレシピのご説明はこちらから↓URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-03.htm

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
他愛のないお話も混ぜつつ、これからもどんどんみなさまのお役に立てる情報を
書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん教えてくださいね♪
管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.netまでどうぞ♪■
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせお役立ち相互リンク