【第01回】 『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』   
サプリメント専門店】ナチュラルインデックスのユキと申します(´∀`∩)
気がつけばトンボの季節もも終わり、寒さが厳しく感じる毎日になりましたね。
こんな季節の変わり目には、いつも以上に時間の流れが早く感じられ、
一日一日を大切に過ごしていくことの大切さを改めて考えさせられます。
季節の移り変わりと共にこれからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎食欲の秋、おいしく食べて生活習慣病予防

◎ナチュラルインデックスからプレゼントのお知らせ

◎「主治医を複数持つ」セカンドオピニオンの考え方

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

○○○
○○ 食欲の秋、おいしく食べて生活習慣病予防


生活習慣病にならないための基本は、塩分のとりすぎに注意することだと言われて
いるそうです。健康のために大好きなメニューを我慢してしまう方も多いと聞きます。

でも、折角の食事制限も好きなものが食べられないストレスになってしまうと逆効果
ですよね?そこで最近では「楽しみながら生活習慣病予防」という考え方が重要視され

ているようです。では一体、どのようにして塩分の過剰摂取を防ぐのでしょうか。
一般的に言われている方法は主に2つあります(´・ε・`*)フム。

まず1つは「食事全体を薄味にすること」です。塩を使う代わりにカレー粉、ハーブ、

ポン酢などで味をシッカリさせることで塩分の低い食事に仕上げることができるそう
ですよ。
そして2つめは、塩分を多く含む食品や料理の量を減らすことです。
みそ汁やスープなどの汁物、さらに漬物などはできれば1日に1回にしましょう。
明太子や塩辛なども食べる量には十分注意が必要なんだそうです。また 汁物には
野菜をたくさん入れることで汁の量が少なくなり、結果的に減塩することになります。

体に悪影響を及ぼすからといって、無理な食事制限は食べる楽しみをも奪ってしまい
ます。少しずつ減塩して、薄味に慣れることが健康への第一歩なのかもしれません。
普段は濃い味のものが好きな私も、できる範囲で減塩に注意してみようかと思います
ヽ(*´∀`)ノ

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

○○○
○○ ナチュラルインデックスからプレゼントのお知らせ


ナチュラルインデックスではこのたび、日頃のご愛飲に感謝を込めて携帯に便利な
プラスチックのケースを作りました! サプリメントの特性である「継続して飲む」
という点から、持ち運びが便利で約5日分の量を収納できるケースなので、ちょっと
した旅行などのお供もできるかと思います。

現在、ご注文をいただいたお客さま全員に無料で、この携帯ケースを商品と一緒に
お送りしております。
野田時子様にもご活用いただければ幸いです。

■オリジナル携帯ケースは、こちらでご覧いただけます
 URL: http://www.tennen-kobo.net/newhp/s-13.html

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

○○○
○○ 「主治医を複数持つ」セカンドオピニオンの考え方
○ 

野田時子様はセカンドオピニオンという言葉をご存知でしょうか?
私自身はあまり聞きなれない言葉だったんですが先日病院に行き、意外と身近な言葉
だということを知りました。要は診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を
仰ぐ行為のことをセカンドオピニオンと言うようです。

主医師から説明を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定を
できなかったり、不安を覚える場合もあります。そこで知識を持っている人=専門医
に相談して意見を聞きたいということになるんですね (●゜ェ゜))コクコク

しかしセカンドオピニオンに際しては主治医にその意志を伝え、紹介状・検査結果
などを提供してもらわなくてはなりません。そこで、ついつい頭をよぎるのが「主治
医の機嫌を損ねるのでは・・・」という不安です。主治医に内緒でセカンドオピニオン
を受ける人もいるくらいです。

しかしこれでは主治医からの診療情報が十分得られないうえ、新たに検査を受ける必要
があります。
つまりは専門医に相談するというよりは病院そのものを変えてしまうよう なものです。
これでは本当の意味でのセカンドオピニオンとは呼べません。あくまで主治医を変え
るのではなく「主治医を複数持つ」、そう考えることが大切です。

もし主治医にセカンドオピニオン希望の意思を伝えたとき、妨害するような行為が
見受けられるのであればその医師は生涯の主治医にはなり得ないとも言えますよね。
病気にかかったとき、治療方針に不安を感じたり疑問を持ったときは正しいセカンド
オピニオンを受けるために少しだけ勇気を出してみることも必要みたいです(´ヘ`;)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

初回なので緊張していますが、これからもどんどんみなさまのお役に立てる情報を
書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん言ってくださいね〜。
管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.net までどうぞ♪

■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
お試用購入商品ご注文お問い合わせお役立ち相互リンク