【第22回】『健康へのお役立ち!ナチュラルニュース』 
朝晩は冷え込むようになり、秋を感じることも多くなりましたが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

この時期、栗拾いや紅葉狩りなど季節を楽しむ行楽が溢れていますが
そんな外出時に油断できないのが「秋の花粉症」です。

秋はイネ科や雑草類(ブタクサ、ヨモギ)などの花粉が飛散する季節です。
この花粉が原因でアレルギー性鼻炎などを引き起こす花粉症は、春についで
秋に多く発症するといわれています。くしゃみ、目の痒みなど症状は様々ですが
悩まされている人も多いのではないでしょうか?

季節を楽しむ行楽は心のリフレッシュになりますが、無理をして体調を崩して
しまわないよう自分のペースで楽しむことが大切です。アレルギー体質の人は
自分の体とよく相談したうえで野原や草むら、山などへの外出を考えましょう。

これからも『皆様に喜んで頂ける情報』を心がけ
提供させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

〜今回の内容のご紹介〜

◎歯の形と本数でベストな食事バランスを考える☆

◎ナチュラルインデックスからのお知らせ

◎入浴で心と体のリフレッシュ☆

◎健康生活のためのお役立ち情報
サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントについて

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 歯の形と本数でベストな食事バランスを考える☆ 


若いころは肉類が美味しく感じたけれど、近頃は野菜ばかりを好んで
食べるようになった。そんな経験をしたことが皆さんはありますか?
年齢とともに食の好みや量は変わっていきます。地域や国によっても
食べ物には大きな違いがあり、それによって発症しやすい病気も違って
くるといわれています。

それでは、人間が健康に生きていくうえで最も優秀な食事とは一体どんな
ものなのでしょうか。今回はそんな疑問について面白い考え方をご紹介
したいと思います(*´∀`)

皆さんは生き物の持つ「歯の形と本数」について考えたことがありますか?
例えば牛のような草食動物の歯は平べったく、草を食べるのに適しています。
逆にライオンのような肉食動物の歯は尖っていて肉を食いちぎるのに適しています。
つまり、その動物の歯の歯の形を見れば、その生き物にとってどんな食事がベスト
であるかが分かるのです。

人間の場合は32本の歯のうち20本は穀物を食べるための臼歯。8本は野菜や果物を
食べるための門歯。4本が肉や魚を食べるための犬歯となっています。

割合にして考えてみると
穀物=62.5%(32本中20本の臼歯)
野菜=25%(32本中8本の門歯)
肉類=12.5%(32本中4本の犬歯)
これが人間にとってベストな食事バランスだということが分かります。

肥満が多かったアメリカでは1975年に栄養問題特別委員会を設置し、全世界の
栄養状態と病気について調査が行われました。その調査報告書である「マクガバン
レポート」内でも、この食べ合わせが健康に良いということが実証されています。
またこのレポートによって「和食こそが世界一の健康食」であることが注目され、
アメリカでの和食ブームに拍車をかけたともいわれているのです。

歯の形や本数からベストな食事バランスを考える、というのはとても面白い発想
です。普段気にしたことのないような歯の役割を知ることも大切なんですね。
食の豊かさとともに洋食を好む傾向が強くなっている日本ですが改めて、和食に
隠された健康食のチカラに注目してみるのも良いのではないでしょうか(*´Д`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ ナチュラルインデックスからのお知らせ


・これまでお送りいたしましたメールマガジンのバックナンバーを見れるようにいたしました。
以下のURLよりご覧いただけますので、ご活用くださいませ。
http://three-b.net/kenkou/shop/meru1.html

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
○○○
○○ 入浴で心と体のリフレッシュ☆


1日の終わり、ゆっくりと湯船につかりその日のことを思い返す。
そんな日本人ならではの風景も寒い季節の醍醐味です。入浴は日常生活で
1番簡単な体を温める方法だといわれていますが、最近ではシャワーだけで済ませて
しまう人も多くなりました。しかし、シャワーだけでは体はますます冷えるばかりです。
そこで今回は血液浄化・病気の予防にもなる入浴法についての豆知識をご紹介します。

湯船にゆっくりつかると温熱効果で血管が拡張して血行が促進されます。
それによって全身の細胞に酸素や栄養が供給されて代謝が活発になるのです。
代謝により汗が出て、老廃物も排泄されることで血液は浄化されて疲労は回復します。

また、肩までお湯につかると水圧によって血管やリンパ管が刺激され、血行が良くなり
特に腎臓の血流が改善されるともいわれています。さらに入浴にはリラックス効果もある
ため白血球の働きが高まり、多くの病気予防にもなるのです。

近年では一般的な入浴方法に加えていろいろな入浴方法が注目されていますので、皆さんも
自分に合った方法で心と体のリフレッシュをしてみてくださいね(*´ェ`*)


@手浴
洗面器に42度ぐらいの湯をはり、手首から先を10〜15分つける。その後、冷たい水に手を
1〜2分つけて温冷浴を2〜3回繰り返す。肩こり・ヒジの痛みに効果があるといわれ、冷えで
不眠になっている人は、寝る前に行うのがお勧めです。

A半身浴
湯船にみぞおちの辺りまで湯をはる。体が芯から温まるのが特徴で、30分で驚くほどの発汗
作用がある。特に腰の痛み・下肢のむくみに効果が期待できる。長時間の半身浴をするときは
脱水症状にならないよう注意しましょう。

B足浴
洗面器やバケツに42度くらいの湯をはり、両足首から下を10〜15分つける。塩やショウガを
入れると効果が倍増する。腎臓の血流が良くなることで排尿が促進され、むくみや水太りを
解消します。

C薬湯
自然塩・ショウガ・菖蒲・みかん・大根・レモン・ユズなどの薬湯は、植物精油の香り成分が
神経をリラックスさせ、心身の健康を増進させる。40度くらいの湯をはり、10〜15分つかる。
湯の温度が低すぎると植物の成分が十分に溶け出さないので、湯船の温度に気をつけましょう。


これから肌寒い日も増えて今まで以上に湯船につかるのが気持ちの良い季節になります。
暑がりで長く湯船につかることが苦手な人、湯船につかってもすぐに体が冷えてしまう
冷え性の人など、人によって好みの入浴タイプは違いますが体と心の健康のためにも
日ごろから湯船につかる習慣を身につけましょう(人´∀`)

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
○○○
○○ 健康生活のためのお役立ち情報


サプリメントってどれも同じじゃないの?
天然サプリメントと合成サプリメントの違いについて
http://three-b.net/kenkou/shop/tennen-sapuri.html

納豆を使ってツルツルお肌を!今すぐ出来る「納豆ローションのレシピ」はこちらから↓
http://three-b.net/kenkou/shop/natutou.html

エコな生活を心がけてみませんか?
地球にもカラダにもやさしい「ロハスな生活」のご説明はこちらから↓
http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-06.htm

自然が生んだ中和して汚れをおとす効果!
掃除に役立つ「魔法の粉・重曹」のご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-05.htm

そして疲れたカラダを癒す簡単足ツボレシピのご説明はこちらから↓
URL:http://www.tennen-kobo.net/newhp/t-03.htm

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
他愛のないお話も混ぜつつ、これからもどんどんみなさまのお役に立てる
情報を書いていきますので、ご意見やご要望があれば、どんどん教えてくだ
さいね♪管理人【 ユキ 】へのメッセージは hayasi@n-index.netまでどうぞ♪
■・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせお役立ち相互リンク