ストレスを解消する為のストレス度チェック

ストレスの度合いを診断

1 なかなか眠れない事がある。 YES NO
2 脱力感を感じる事がある。 YES NO
3 以前から、持病があり、気になる YES NO
4 肩こりが、気になる。 YES NO
5 勉強しなくてはならないが、勉強が好きになれない。 YES NO
6 他の人より、遊んでない方だと思う。 YES NO
7 神経をすり減らす事があり、疲れている。 YES NO
8 ちょっとした事でも、思い出せない事がある。 YES NO
9 勉強したいことがあるが、持続できない。 YES NO
10 休みの日、外出しようと思うが、ついめんどうになってしまう。 YES NO
11 やるべき事があるのに、よくなまけてしまう。 YES NO
12 最近、情熱とは縁が無くなってしまった。 YES NO
13 弱気になってしまい、思うように行動できない時がある。 YES NO
14 不安感に陥る為、精神的に疲労する事がある。 YES NO
15 自分は、人から好かれない方だと思う。 YES NO
16 自分は、人を愛せない気がする。 YES NO
17 憂うつな気分から脱けれない時がある。 YES NO
18 最近、知的好奇心が減退したようだ。 YES NO
19 自分は、普通より性格が暗いほうだ。 YES NO
20 眠りが浅いので、疲れやすい。 YES NO
21 何となく、元気が出ないことがある。 YES NO
22 最近、疲労が溜まっている。 YES NO
23 朝、起きれなくて困っている。 YES NO
24 やるべき事を始めても、なかなか集中できない。 YES NO
25 パソコンのしすぎで、疲れ気味だ。 YES NO
26 肝心な時、心が動揺してしまうことがある。 YES NO
27 もっと、行動的になれたらいいなと思う。 YES NO
28 自分は、スタイル(体型)が悪いので気になる。 YES NO
29 タバコは体に悪いので、禁煙したい(減煙したい)と思う。 YES NO
30 もっと体調良くなりたい。 YES NO
31 もっと気楽になれたらなあと思う。 YES NO
32 人前で、緊張してこまる事がある。 YES NO
33 今よりも自信がもてると、成功すると思う。 YES NO
34 今の仕事は、あまり好きでない。 YES NO
35 緊張、あせり、いらいら等を感じて困る。 YES NO
36 肉体よりも、精神的に疲れる。 YES NO
37 勉強したい事があるが、記憶力が劣る。 YES NO
38 もっと異性から、愛される人になりたい。 YES NO
39 話をしても楽しくない人が多い。 YES NO
40 人生はそんなに面白いものではないと思う。 YES NO
合計
各質問にチェックをいれたらYESの合計数を合計欄に入れてみましょう
(ストレスチェックのYESの数をご自分で数えご記入ください)
(YESの1チェックが1点となり、その合計チェック数で判定されます)

それでは、ストレスチェック結果に基く判定をみてみましょう
YESの合計数 判 定 の 結 果
1〜5点 特に問題はありません。
思い通りの生活ができ、人生をエンジョイしておられます。


6〜11点 シンプルなストレスがございます。
今の状態でも大きな問題はありませんが、ストレスを解消することでもっと快適な生活が送れるでしょう


12〜20点 一般的。ストレスが蓄積している状態です。
出来るだけ早く解消した方がいいでしょう。いろいろな面でストレスが今のあなたの行動を妨害しています。

ストレスを解消し、あなたの人生に素晴らしい才能を発揮してください。
ホルモンバランスを調整するマカをお試しになることをお勧めします。
21〜29点 かなり複合的にストレスが蓄積されている状態です。
精神的に疲れている状態ですので、休養をとったり、気分転換になることをいたしましょう。
特に気になる事から前向きに焦らずに解消しましょう。自律神経を正常にしホルモン失調を補う為、マカをお試しになるのもいいでしょう。
30〜35点 自律神経やホルモン分泌が問題で、病気になる直前の状態です。
まず、生活環境や習慣を変える事が必要です。安眠、神経疲労解消、不安解消などの心に安らぎが感じられる生活に切り替え、刺激的なものはさけましょう。
並行して、マカなどを飲み自律神経やホルモン分泌を正常化をはかりましょう。
36〜40点 思っておられる以上に危険な状態です。
あらゆる面のストレス蓄積が多すぎる為、早く専門医に相談し、治療することが重要です。
ほおっておくと大変な病気や症状に悩むことになります。
出来る限り早く、専門の先生の治療を受けるようにいたしましょう。
大変お疲れさまでした、ストレスは自分でも気がつかない間に蓄積されていきます
また、多くの病気の原因にもなりますので、日頃から気をつけて生活を見直しましょう。

タイプ別のストレス解消についてはこちら
会社案内お問い合わせ特定商取引法