冷え性の症状や対策についてご説明しています  
テーマ:冷え性・冷え性の症状と原因や自律神経との関係、そして冷え性の為の食事と栄養について

冷え性はいがいと多い

冷え性は、体温調節機能(自律神経)のトラブルです

寒いところでも暑いところでも、体温を一定に保つ機能が身体に備わっています。
人は周囲との温度差がだいたい30℃以内であれば自力で体温を維持できますが、冷え症の人は、この体温調節機能(自律神経)のトラブルが起こるようですよ。
体温調節のしくみは、周囲の気温が下がると皮膚から脳に「寒い・冷たい」という情報が伝達されます


冷え性の原因

(1)皮膚にある、温度を感じる神経の機能が鈍くなる

冷え性の人は、冷暖房完備の生活で、夏も冬も内と外の温度差が激しく、こういったところを出入りする生活を続けているために、気温の変化を感じる神経(自律神経)が鈍くなってしまつている

冷え性の人は、夏も冬もビールやジュースなど冷たい飲み物や食べ物をとるため、内臓内の温度調節機能も鈍くなってしまう

冷え性の人は、ハイヒールなど足に合わない靴をはき続けることで、温度を感じる神経をはじめ、足先の感覚が鈍ってしまう

(2)自律神経がうまく機能しなくなる(自律神経失調)

冷え性の人は、自律神経は、喜怒哀楽などの感情をコントロールする神経中枢(交感神経、副交感神経)の影響を受けているため、強いストレスが続くと上手く機能しなくなることがある

自律神経は、女性ホルモンの分泌をコントロールする神経とも密接な関係にある。このため、出産、閉経時などに自律神経のバランスが崩れ、冷え症になる女性が多い

(3)血流が悪いため末端まで暖かい血液が流れにくくなる

冷え性の人は、動脈硬化などが原因で血管が細くなり、末端の毛細血管に温かい血液が流れにくくなっている

冷え性の人は、静脈の流れが悪いため、動脈の血液が体中にいきわたる前に冷えてしまう。この状態を「静脈のうっ血」といい、手足のほか下腹部でもよく起こり、女性の腰の冷え性の主な原因になっている

冷え性の人は、貧血(血液の量が少ない)、低血圧(血液を全身に流れさせる力が弱い)のため、温かい血液が毛細血管まで届かない

冷え性の原因チエック表はこちら
■冷えは身体からの信号です
冷え性つまり、「冷え」は体からの”ヘルプ”のサインです。
生理痛や肩こり、便秘、肌荒れなども実は”冷え”と深い関係があるといわれています。

冷え性は女性の悩みのようにいわれていますが、最近では子供や成人男性にも冷え性が見られるようになってきました。

ほかの部分は何ともないのに手足だけが冷たくて、しびれたり痛んだり・・・そんな経験のある方は少なくないと思います。
冷え性は体温調節機能、血液の循環が悪いことが大きな原因です。また、低血圧・貧血の人の多くは冷え性に悩んでいるといわれています。そのような悪循環に陥らないようにまず「冷え性」対策をしっかりしましょう。

冷え性を防ぐ食事と栄養

冷え性治療の第一歩は、食生活の改善です。
バランスのとれた食事を摂りましょう。(できるだけ沢山の種類の食品をとりましょう!)

ダイエット志向の若い女性の間で「生野菜サラダ」中心の食事が好まれる傾向にありますが、冷え性の改善を望む方にはおすすめではありません。(一般に水分を多く含む野菜を生でたべると体を冷やしてしまうからです。)サラダを摂るなら、温野菜を中心にしましょう。また、四季のはっきりしている日本は季節の「旬」が豊富です。「旬」のものは栄養素も豊富です。上手に「旬」を取り入れ、とくに冷え性対策には火をとおした調理をお薦めします。

栄養素は単独ではなく、複数で手を組んで働きます。

冷え性改善にとくに強化したい栄養素はビタミンEやCをはじめ鉄分などのミネラル類と良質のタンパク質です。できるだけ食事の形で自然に摂ることがベストですが、あくまで、"プラスαの補い"として栄養補助食品をお使いになることもお薦めです。

お酒は血行をよくし、体温を上昇させます。とくに冷え性の方にはあたためて飲むことをお薦めいたします。
ただし飲みすぎに注意しましょう。

冷え性のおすすめ簡単レシピ

冷え性方には、いろいろな野菜をコトコト煮込んだ「具沢山のポトフ」はいかがでしょう。入れるものによっても素材そのものの甘味・うまみを引き出しバラエティーに富んだ演出ができます。食物繊維が豊富なので、便秘解消にも役立ち一石二鳥です。冷え性の方は一度お試しになられたらいかがでしょう
■冷え性を改善する暮らしの工夫
冷え性と感じたら快眠を得るため、起床・就寝の規則正しい眠りのリズムを整えることが大切です。

冷え性の人は、入浴で、体を芯から温めましょう。
ぬるま湯に汗がでるくらいまでつかるのが効果的です。
「温冷浴」・・水とお湯に交互につかる。水のいやな人は風呂上りに足元に水をかけるだけでも湯冷めしにくくなりますよ。
自律神経の働きを活性化します。
「部分浴」・・おへその下だけ入浴する。あるいは手だけ、足だけあたためる。
冷え性のもとである足や手に滞った静脈血の還流を促す効果があります。
「分散浴」・・10〜15分お湯に入り、2〜3分お湯から出てまた入る。
体があたたまり、湯冷めしにくくなりますので冷え性の人にはお勧めです。

適度な運動をしましょう。

運動をすることにより血液循環がよくなり、冷えの大きな要因であるうっ血が少なくなります。また、冷えにくく温まりやすい体をつくり、自律神経の働きも良くします。
冷え性の方は、適度な運動で一番身近なのは歩く事をお勧めします。
エスカレーターを使わず階段を利用するなどして1日10000歩を目標に歩数を伸ばす事をおすすめします。

                        >冷え性の日常生活での改善について
女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です
ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。
女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。
もうマカは、お試しになられましたか?
マカの詳細は、インターネット百科事典をご参照ください
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいま
会社案内お問い合わせ特定商取引法