ホルモンバランスと自律神経についてご説明しています  
テーマ:ホルモン失調と自律神経の関係・ホルモン失調の原因・自律神経のバランス

ホルモン失調と自律神経失調症

卵巣からのホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少すると、これを再び元のように分泌させようとして、性腺刺激ホッルモンが盛んに放出されます。
1つのホルモンが欠乏する一方で、他のホルモンが増えるといったホルモンの
アンバランスが自律神経中枢を乱し、自律神経の失調をきたし自律神経失調症となってしまいます。


ホルモン失調自律神経失調症との関係は、大切なホルモンが減少すると「白髪」「頭痛・めまい・立ちくらみ」「肌荒れ」「シワやシミ」「肩こり」「不眠」「イライラ」「どうき、息切れ」「だるさ」「腰痛」「尿失禁」「骨量の激減」「冷え症」など、様々な面であなたの体に悪影響を及ぼします。

ホルモン失調の更年期障害に多いのは、ほてり、発汗、動悸、頻脈などの「血管運動神経障害」や不安、イライラ、頭痛などの「精神神経障害」です。
自律神経は内臓や血管、リンパ節などの機能を自動的に調節する。いわば体のコントロールセンターなので、ここがおかしくなると全身に影響がおよぼす自律神経失調症になるのです。
ホルモンバランスを整えることは重要なことなのです。

ホルモン失調と自律神経失調症について

ホルモンバランスに影響される自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールしている神経のこと。交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって内臓の働きを調整しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあります

関連情報
女性ホルモンの低下
生理不順について
生理について 
生理痛について
更年期障害について
不妊について
ストレスについて
冷え性

ここには女性ホルモン、免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

自律神経のバランスが崩れると、さまざまな症状が全身にあらわれます。
肩凝りや頭痛、疲労感、めまい、不眠、冷え、下痢や便秘、食欲不振や生理不順などいわゆる不定愁訴といわれるもので、一度に複数の症状が出たり、日によって症状が違ったりするのが特徴。検査をしても異常がみつからないので、本人は原因がわからずに不安がつのり、ますます調子が悪くなるという悪循環にもなることも自律神経失調症の特徴です。

自律神経のバランスが崩れる原因は

精神的ストレス     

人間関係や仕事などの精神的ストレスは、ホルモン失調をおこし自律神経失調症の大きな原因となります。自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、ホルモンバランスを崩し自律神経失調症にかかりやすいといえます。

身体的ストレス

急激な温度変化や不規則な生活、激しい運動などの外的な刺激によってもホルモンのバランスは乱れ、自律神経失調症をおこします。

体の内部変化

更年期は、女性ホルモンの減少でホルモンバランスをくずし自律神経失調になりやすくなります。

また感染症なども原因のひとつ。

自律神経失調症は、一種の生活習慣病なので、以下のような点に気をつけましょう。

ストレスに強くなる
心身をリラックスさせ、ストレスに強くなりましょう。自分自身に暗示をかけてリラックスさせる自律訓練法で、心身をコントロールする術を身に付けるのも効果大。アロマテラピーを試してみるのも自律神経失調症の緩和にいいかもしれません。

カウンセリングを受ける
精神的ストレスが原因の自律神経失調症の場合、カウンセリングは効果的。
自分では気づかないストレス原因がみつかり、気持ちが軽くなることもあり自律神経失調症の方にはお勧めですます。


女性本来の最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です

ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。

女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。


 

もうマカは、お試しになられましたか?
マカにはホルモンバランスを整える作用があります。マカの作用は、男女に関わらず、性ホルモンのバランスを良くして、性的能力を上昇、妊娠をしやすい体内環境を整えます。

また女性の場合、生理や更年期に伴う症状の改善に効果があり、男性の場合、精子の数を増強するという研究報告もあります。
エネルギーを高める活力を生み、疲労回復作用もあるようです。
マカに含まれている成分は、タンパク質、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛、ヨード、脂肪、繊維、カロチン、アルカロイド等々、列記しきれないほど実に多彩で、
私たちが生きていくために不可欠な、アミノ酸もバランスよく含有しており、アメリカのZASAが宇宙飛行士の食料として採用した優れた食品です。
 
会社案内お問い合わせ特定商取引法