更年期障害の症状についてご説明しています  
テーマ:更年期障害の症状・更年期障害の原因・更年期障害と女性ホルモン

更年期障害の症状について

更年期障害の症状とは、
更年期には閉経の前後の時期にいろいろな生理的、心理的な症状があらわれてきます。
この心身の更年期の障害を一般的に更年期障害の症状と呼びます。
関連情報
更年期について
更年期の症状
更年期後の病気
更年期の生活
男性更年期障害

更年期の自己診断


女性は40歳を過ぎるころになると、卵巣の働きが衰えてきて、そして月経が停止します。
これを閉経といい、
閉経の前後更年期障害は、頭痛、のぼせ、ほてり、肩こり、腰痛、動悸、倦怠感などのほか、物忘れ、不眠などあらわれ方はさまざまです。

更年期障害の症状は期間や程度にも個人差が大きく、寝込んでしまうほどひどい人もいれば、何の更年期障害の症状もなく過ごしてしまう人もいます。
しかし、更年期障害は症状の差こそあれ、女性ならば必ず更年期に経験するもので、この症状に悩んでいる女性は少なくありません。


更年期障害の症状の原因はわかっていませんが、卵巣機能の低下、間脳や脳下垂体の異常などが考えられます。

更年期障害の症状は、また家庭内の悩みといった精神的なストレスも引き金になります。マカはこうした更年期・生理不順・生理痛などの女性特有の更年期障害の症状にも効果を発揮することがわかっています。それはマカに含まれるカルシウム、鉄、銅などの各種ミネラル、アミノ酸の相乗効果によって、ホルモンバランスが正常化されるからではないかと考えられています。
更年期障害の症状があらわれるのは、卵巣から女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が低下することが原因の1つといわれています。


更年期障害はなぜ

それにはまず、月経周期における正常な女性ホルモンの分泌状態を
知っておかなければなりません。

排卵前にはエストロゲンが徐々に増量し一時的にピークを迎えた後に減少するということ、排卵後にはエストロゲンとともにプロゲステロンが増量するということ、生理前になると両ホルモンが急激に減少していることですね。
このように、性周期(月経周期)に伴って二種類のホルモン量が変化していくことが「ホルモンのバランス」であると考えて良いでしょう。

さて、この二種類のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は卵巣から分泌されるのですが、これらのホルモンの分泌は排卵と密接な関係があります。
すなわち、エストロゲンは月経期から排卵が起こるまでの間(卵胞期)に卵巣内で育っていく卵胞から分泌されるものであり、プロゲステロンは排卵してから生理が来るまでの間(黄体期)に卵胞が変化して形成される黄体から分泌されるもの(同時にエストロゲンも分泌されます)であるため、排卵がきちんと行われているかどうかによってホルモンの分泌状態に変化が起こるものであるということです。

この排卵を含む一連の変化は、常に脳内の間脳という部分によって調節されており、そのため精神的ストレスや環境の変化、肉体的ストレスなどによる間脳への影響が、もろに卵巣に影響しやすく、結果として卵胞や黄体の働きを左右することになり、そこから分泌されているエストロゲンやプロゲステロンにも影響することになります。
つまり、精神的ストレスなどがこれら二種類のホルモンの分泌量に変化を来すということで、それが「ホルモンのバランスを崩す」ということなのです。
更年期に入ると卵巣から女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が低下することにより、ホルモンバランスがくずれた状態となり更年期障害の症状をおこす原因の一つと言われています。

また、先述のようにこれらの
ホルモンは、子宮内膜を増殖させ受精卵の発育に適した環境を整える働きを持っていますが、このどちらのホルモンが不足しても生理不順・生理痛や子宮内膜の剥脱を招いて出血を起こす可能性があるのです。
つまり、精神的ストレス等が生理不順・生理痛・不正出血を起こす原因となるのはこういう理由からなのです。

また、更年期障害以外でも「ホルモンバランスが悪い」という言い方をされた場合も根本的には同じことです。
原因は、卵巣の働きがもともとあまり良くない、間脳や脳下垂体の働きがもともとあまり良くない、過度のダイエットをしたことにより間脳の調節機構が低下してしまった、LHやFSH(卵巣を刺激するホルモンです)の分泌に支障を来すホルモン異常がある(高プロラクチン血症、甲状腺機能異常など)など、様々なものが考えられるにしても、結果的に排卵がきちんと起こっていないという病態があるのと同じことであって、それはすなわち「ホルモンバランスが崩れている」状態であることには違いがないのです

年齢とともに卵巣の働きが衰え、そして月経が停止することで、卵巣から女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が低下することが原因の1つといわれている更年期障害も、ある意味ではホルモンバランスが崩れたことが原因であると考えられます。

更年期障害は、女性本来の持つべきホルモンバランスを保つことが大変重要です

ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。

女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状や更年期障害は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。

 

会社案内お問い合わせ特定商取引法