物忘れの原因についてご説明しています
テーマ:物忘れ・ボケ・物忘れの症状・物忘れの原因

物忘れ

脳血管の動脈硬化を放っておくと、血液循環が悪くなって脳細胞の動きが低下し、記憶力や思考力などが鈍り物忘れがはじまります。

物忘れとは、脳は、体の機能全般をコントロールしている司令塔ですが、加齢とともにその働きは衰え物忘れの症状が出てきます。
40歳を越えた頃から「ど忘れや物忘れが激しくなった」「人の名前がなかなか思い出せなくなつた」などと物忘れを感じるようになるのは、脳機能低下のあらわれです。

物忘れに関して脳の機能を活性化する重要な栄養素がビタミンB12です。

脳の神経細胞は約140億個といわれ、25歳を過ぎると1日に10〜20万個ずつ死滅していきます。死滅した神経細胞は2度と再生されず物忘れもひどくなります。しかし、死滅した神経細胞は元に戻らなくとも、神経の通り、すなわちネットワークをよくすれば、低下した機能を補い、さらには高めることができ物忘れも改善されます。

物忘れに関する神経伝達物質の中で記憶と学習にかかわっているのはアセチルコリンで、このアセチルコリンはコリンと酵素を原料にしてつくられています。ビタミンB12は、アセチルコリンを活性化して神経伝達をスムーズに行う働きをもつています。アルツハイマー型痴呆症の患者の脳脊髄中にはビタミンB12が少ないことが確認されています。
マカの詳細は、インターネット百科事典をご参照ください
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。
会社案内お問い合わせ特定商取引法