ストレスの解消についてご説明しています  
テーマ:ストレスとタイプ別対策・ストレスと体質・ストレス診断

ストレスを解消する

ストレスはホルモン失調をおこし自律神経を乱します

自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、ホルモンバランスを崩しやすいといえます。


人間関係や仕事などの精神的ストレスは、ホルモン失調をおこし自律神経を乱す大きな原因となります。

自律神経のバランスが崩れると、さまざまな症状が全身にあらわれます。
肩凝りや頭痛、疲労感、めまい、不眠、冷え、下痢や便秘、食欲不振や生理不順などいわゆる不定愁訴といわれるもので、一度に複数の症状が出たり、日によって症状が違ったりするのが特徴。検査をしても異常がみつからないので、本人は原因がわからずに不安がつのり、ますます調子が悪くなるという悪循環にもなることも。


タイプ別ストレス対策とは

現代はストレス社会です。
ストレスをため、発散できないでいると体のバランスが崩れて、さまざまな症状があらわれてきます。


人の性格、考え方、感じ方、心のあり方は、心の病をもたらす重要な因子になると考えられています。ストレスの多い環境を避けられない現代人にとって、ストレスを受けやすい特徴的な思考や行動のパターンを知り、ストレスを受けた時の自分なりの対処法を発見することが重要です。

まじめで几帳面な努力家タイプ
まじめで几帳面、責任感が強く、自分のなすべき仕事を地道にコツコツと進め、最後までやりとげようとする努力派。このタイプの人は、いい加減なことが許せない正義漢であり、誤魔化しができない完全主義者でもあります。ただ、仕事につまずいたり、人間関係にトラブルが生じると、深刻に考えすぎたり強い自責の念にかられることになりがちです。こうしたタイプを粘着性気質といい、日本人に多く見られます。

(解消のポイント)
頑張りすぎないこと。オンタイムとオフタイムを上手に切り替えることで、心身のリフレッシュを図ってください。

熱中しやすくエネルギッシュタイプ

ストレスを積極的に克服しようとするタイプの人で、限られた時間の中で精力的にいくつもの仕事をこなし、残業もいとわず、必ずノルマを達成しようとします。このようなエネルギッシュな人は、逆に自分では気づかないうちにストレスをため込んで、ある日突然何らかの病に倒れてしまう危険性があります。ストレスから身体の病気を発症する心身症や、仕事が一段落したころに精神的エネルギーが低下するうつ病に陥るケースも少なくありません。

(解消のポイント)
ストレスに対する自覚が薄い傾向にあるので、どんなことがストレスの要因になるかを把握して、ストレスをため込みそうになった時には休息をとることが必要です。

自己主張が下手で周囲の目が絶えず気になるタイプ
自分のことよりも他人を思いやったり喜ばせようとし、自分の怒りや悲しみなどの不快な感情は押え込もうとする傾向があり、このタイプは癌の患者さんに多いといわれています。嫌といえずにストレスをため込み、物事がうまく進まないとつい悪いほうへ考えてしまい、気分が落ち込み、やがてうつ病を発症するパターンが多く見られます。

(解消のポイント)
周囲を気にしすぎてクヨクヨしたり、自分を責めたりしやすい性格の傾向を知って、少しずつ自己主張や感情表現をしてみるように心掛けましょう。

挫折を知らないエリートタイプ
一流大学を卒業し、有名企業に就職した自他ともに認めるエリート。しかし仕事や人間関係でトラブルが生じた時に、プライドや自己愛が大きく傷付けられ、心の病を発症することがあります。掌中の玉のように大事に育てられた人や、他人とぶつかる経験をしたことがない人も自己愛が強い傾向があります。

(解消のポイント)
プライドや自己愛が心の病に関係していることは、本人にも他人にもわかりにくいものですが、自分の傾向を知り病との関係を自覚することが、心の病に陥らないための第一歩です。

自分流のやり方にこだわる完全主義者
たいへん能力が高く、確実にしっかりした仕事をすると周囲から評価される人が、突然心の病を発症することがあります。頼りにされるため、上司や同僚から相談されることも多く、オーバーワークになり過剰なストレスを抱え込むことになりやすいのです。何でも完璧にこなそうとしたり、自分のやり方に強いこだわりのある人は、いつでも全力で取り組み、心身を疲れさせることになりがちです。

(解消のポイント)
力の配分を考えたり仕事の一部を他人に任せてみるなど、物事に柔軟な姿勢で取り組むようにしてみるとストレスを軽減することができます。

対人関係が苦手な引込み思案タイプ
自分のペースで仕事を進めていくのは得意でも、他の人とかかわることが苦手という人は少なくありません。しかしその気持ちがあまりに強いと、他人とのかかわりを徹底的に避け、ひいては心の病を発症してしまうおそれがあります。対人関係が苦手な人は、必ずしも人嫌いというわけではなく、他人から非難されたり拒絶されるのではないかと心配しすぎていることが多いようです。

(解消のポイント)
今まで回避していた状況をまずひとつクリアしてみる、というように一つひとつゆっくりチャレンジしていき、少しずつ行動範囲を広げていきましょう。

ストレスに負けない体質を


ストレスを完全に避けることは不可能です、そこで大切な事が上手なストレス解消とストレスに負けない体づくりなのです。ストレスはホルモンのバランスを崩す原因となりますが、体内のホルモンバランスを正常にもどし、かつストレスに強い体をつくってくれるのがマカです。
ビタミンやミネラルは特に神経やストレス、免疫力に関する栄養素です。
ストレスに対抗する代表的なビタミン、ミネラルをあげてみましょう。

ビタミンB群
ストレスに対抗し、神経のはたらきを保つ栄養素で、B1、B2、B6など8種類があります。
このビタミンB群は食事でとった3大栄養素(たんぱく質・脂肪・糖質)を消化したり、エネルギーに変えるとき、補酵素の役割をします。

ビタミンC
ストレスを遮断してくれます。コラーゲン合成を高め、血管や骨、軟骨、筋肉、皮膚などを丈夫に保ってくれます。免疫増強作用もあり美容効果や鉄の吸収を促す働きもあり、鉄欠乏を防ぐのに欠かせません。

                >気になるご自分のストレス度の診断はこちら

もうマカは、お試しになられましたか?
マカにはホルモンバランスを整える作用があります。マカの作用は、男女に関わらず、性ホルモンのバランスを良くして、性的能力を上昇、妊娠をしやすい体内環境を整えます。
また女性の場合、生理や更年期に伴う症状の改善に効果があり、男性の場合、精子の数を増強するという研究報告もあります。
エネルギーを高める活力を生み、疲労回復作用もあるようです。
マカに含まれている成分は、タンパク質、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛、ヨード、脂肪、繊維、カロチン、アルカロイド等々、列記しきれないほど実に多彩で、
私たちが生きていくために不可欠な、アミノ酸もバランスよく含有しており、アメリカのZASAが宇宙飛行士の食料として採用した優れた食品です。
マカの詳細は、インターネット百科事典をご参照ください
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。
会社案内お問い合わせ特定商取引法