成長ホルモンと老化についてご説明しています  
 テーマ:成長ホルモン・成長ホルモンと老化

成長ホルモンと老化


老化は誰しも避けて通れない人間の宿命ですが、しかし、成長ホルモンで老化を遅らせることは努力によって可能です。


おなじ年齢のお年寄りでこうも違うのかと驚かされることがありますが、老化の差がでるのは、食習慣や労働環境などさまざま求められます。老化を防ぐポイントの一つは、成長ホルモンです。

成長ホルモンの働きとはなんでしょう。
正式にはヒト成長ホルモンといいますが、成長ホルモンは脳下垂体でつくられ分泌される、人間の生命活動の中でも最も重要なホルモンです。成長ホルモンの分泌は新生児で高く、20歳ぐらいから減少します。成長ホルモンの減り方が少ない人ほど若々しく、肌もハリや潤いがあります。逆に成長ホルモンの減り方が多い人ほど老化が進み、肌にもシワやシミが多く現れることになります。
したがって、老化が進んでいる人は成長ホルモンが減っている可能性があります。
成長ホルモンには成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があります。
成長ホルモンは、下垂体という器官から分泌されるホルモンですが、このホルモンには、その他の様々なホルモンの分泌をバランスよく高める働きがあるのです。

しかし、年齢とともに低下してゆく成長ホルモンは、年齢とともにに低下し、40前後では、最盛期の4割程度まで減少してしまい、それに伴って、全身に色々な不調や、老化現象が起きてきます。

ところが、
この成長ホルモンを若かった頃のレベルに戻すことで、全身のあらゆる部分が、驚異的に“若返って”くることが、世界中の専門家の研究で明らかにされています。

成長ホルモンを補充する治療法もありますが、アメリカなどでは最近様々な弊害が報告されてきていますし、費用が高額になりやすいです。
しかしながら、アルギニンを多く含むマカを飲用すれば、こうした人為的治療に頼らずとも
成長ホルモンを自力で増やすことができますので一時的な外部的なホルモン注入と違い、マカは長期飲用によって持続的に、しかもあなたの体内で自力で成長ホルモンの分泌を促すことが期待されます。

アルギニンは成長ホルモンの生成に不可欠な必須アミノ酸ですが、アメリカン植物治療センターの調べによると、アルギニンの含有量(100g当たり)は大豆で2600mg、鶏ムネ肉1500mgに対して、なんとマカは9940mgもあります。つまり、大豆の約3・8倍、鶏ムネ肉の約6・6倍ものアルギニンが含まれていることになります。


女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを
保つことが大変重要です
ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。
女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。
 



会社案内お問い合わせ特定商取引法