個人のご感想です
   
   
支持されている理由をご自分で体験してみませんか? 
   
 
     
  同じペルー産のキャッツクローでも、産地や樹齢にもより、樹皮の色や味、成分の含有量なども大きく違います。
キャッツクローには、ウンカリア・ギアネンシスとウンカリア・トメントーサの2種類ございますが、世界的な研究ではこの2種類の内、ウンカリア・トメントーサの方が効能的にも高いとされています。また、ウンカリア・トメントーサの中でも奥アマゾンの自生と植林したものとの違いの他、キャッツクローの樹齢による有効成分の違いも確認されています。
 品質の高いキャッツクローの三要素
1、キャッツクローの種類がウンカリア・トメントーサであること
(世界的な研究で有効成分の含有率が高いと確認)
2、植林したものより、奥アマゾンの自生キャッツクローであること
(アルカロイドなどの有効成分の品質もよく含有率も高い)
3、樹齢7年以上の成木の樹皮であること
(ペルーでは植林が進み5年以上成長したキャッツクローの樹皮を採取し出荷することができますが、 欧米の研究ではキャッツクロウは7年以上経過して成木となり、含有成分が大きく変わる)
*原料価格も自生物、植林物、樹齢、採取時期により、原料価格に差があります。
*6種類の
アルカロイドの含有率と量を表示している品質の高いキャッツクローを選びましょう。 
 
キャッツクロースーパーDXのアルカロイドの種類と保有量はこちら
その歴史は古く、古代インカ帝国時代から樹皮や根を煎じて飲もことで利用されてきました。
現在に至るまで継承されています。1990年に入ってから数々の研究によって、キャッツクローの薬効の秘密が次第に明らかになってきました。数千年に及び人々の健康に役立ってきた実績と歴史こそ何よりの証明といえそうです。
「キャッツクロー」には6種類のアルカロイドが含まれており、特にアメリカでは「キャッツクロー」の研究が進み、薬理研究も盛んにおこなわれています。科学薬品と違い、副作用の心配がないキャッツクローは、ぜひお試しいただきたい伝承植物です。
キャッツクローが一躍世界から脚光を浴びたのは、1990年代。WHO(世界保健機構)が、1994年のジュネーブ会議にて、公式に認定したのです。
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております
天然100%の副作用がなくても、私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです。

初めてキャッツクローをお飲みになる方、他社商品をお飲みになられて実感が持てない方、
いきなり商品をお求めになることが心配の皆さまへ、
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。 
 |会社概要通信販売法||お支払いについてお問い合わせ