免疫力についてご説明しています  
 
テーマ:免疫・免疫力の低下と免疫のバランス

免疫力低下について

免疫の働きを分かりやすく例えると、病気という津波から健康を守るための防波堤といえます。そのため、防波堤(免疫)が高ければ高いほど大きな波(病気)を防げます。

免疫力とは、生命の存続に不利な事柄(体内に侵入した細菌やウィルス、毎日体内で5000個程度発生している腫瘍など)を排除する力のことが免疫力であり、リンパ球など白血球に含まれる細胞によって担われています。 

これは、免疫抑制剤、HIV、先天性の免疫不全症など免疫力が低下した人では感染症やガンなど様々な病気が引き起こされることからも証明されています。
また、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息など現代人に急増しているアレルギー症状は、免疫のバランスが崩れることにより発症するのではないかとの見解が種々の学会でも発表されております。

免疫力は、生活環境、中でも日常生活におけるストレスや疲労などにより低下することが知られています。そのため、規制正しい生活習慣やバランスの取れた食生活、適度な運動などを心がけ、ストレスや疲労にうまく対処することが大切です。
免疫力低下はこんな病気に
異物」によるダメージをうけ、カラダに様々な症状となってあらわれてきます。
そういえば風邪をひく時はカラダが弱っている時、ではありませんか?免疫力は、わたしたちの健康を維持するために、人間が生きていく上で欠かせない力です。
免疫力の低下は、女性では冷えに、男性ではストレスによって引き起こされます。

重症のアトピー性皮膚炎、慢性リンパ性白血病、腫瘍、歯茎の病気、慢性関節リューマチ、糖尿病、膠原病、クローン病、多発性硬化症、繊維性筋痛、喘息(ゼンソク)、花粉症、アレルギー症、胃潰瘍、慢性疲労症候群、口内炎、ヘルペス、エイズ、インフルエンザ、気管支炎、結核症、心臓病、心筋梗塞、脳血栓、腎臓病、肝炎、アルツハイマー、自閉症、中毒症(サルモネア菌、大腸菌、クリプトス菌等)などなどがあります。
逆にいえばこうした病気は、免疫力を高めれば改善できるうえ、予防することもできるのです。
 免疫力低下の原因
老化
免疫力は年齢とともに必ず低下します。これは避けられないことです。どんなに規則正しい健康的な生活を送っていても、低下そのものを止めることはできません。免疫細胞を作り出している胸腺の大きさも、10代をピークに下降の一途をたどります。せめて免疫力を高める食事と生活習慣で、減りゆく免疫力を補いましょう!
生活習慣
暴飲暴食、偏食、睡眠不足などを繰り返すと、免疫力は確実に低下します。まずは食事で免疫細胞にバランスのとれた栄養を補給しましょう。また充分な睡眠がないと、免疫システムを活発にするたんぱく質合成ができません。免疫細胞はリンパ球として多く存在しますから、適度な運動やマッサージでリンパ液の循環を活発にすることも免疫力を高めます。それから薬の飲みすぎは、本来人間がもっている自然治癒力を低下させます。あまり薬に頼らないで。
ストレス
そのメカニズムはまだ究明されていませんが、さまざまな実験や調査により、ストレスが免疫力を低下させることがわかってきています。阪神大震災後の生活でストレスを受けていると答えた人は、ストレスを感じないと答えた人よりも10〜25%も免疫力が低下していた、という大阪大学医学部の調査結果などがその例です。反対に、シルバーコーラス部の女性のNK細胞(免疫細胞のひとつ)の活性度を調べたところ、平均値よりも20〜30%高く、さらにコーラスの練習後の値はもっと高くなっていたとの調査結果にもみられるように、精神が高揚したり開放的になることで免疫力は増すと言われています。「笑う」「前向きに考える」「ストレスを上手に発散させる」などの工夫をしてみて。
環境
老化の次に手を打ちにくい要因かもしれませんが、あなたを取り巻く環境は健康的ですか?排気ガス、騒音、タバコの煙、エアコンからのカビ、家ダニ、建材からの有害物質など、さまざまな物理的異物があふれているでしょう。最近気になる食品添加物だって物理的異物のひとつです。働き者の免疫細胞も、敵の数が増えてはたまったものじゃありません。よい空気を吸いに出かける、換気・掃除をまめにする、添加物の少ない食品を選ぶなど、できることから始めてみて。
免疫機能が回復すれば、ウィルスや病原菌などにも負けずにすみ、アレルギーなどの免疫疾患、さらにはガンなどに対しても、予防、改善などの期待がもたらされます。
人間の身体には風邪を引いたり、ケガをした時などに自分で直す力、つまり自然治癒力が備わっています。
キャッツクローに含まれるアルカロイドには免疫組織を刺激して、その機能の活性化を促し、病原菌に対する抵抗力を強くする働きをサポートします。

免疫力が強くなることによって、人間が持っている自然治癒力が高められるわけです。

キャッツクローは、お試しになられましたか?
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。

1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。
                              >キャッツクローのお試しはこちら
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、免疫機能の回復へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。
会社案内お問い合わせ特定商取引法