喘息の原因についてご説明しています  
テーマ:ぜんそく・喘息の症状や原因・気道の炎症

息苦しい喘息(ぜんそく)

喘息の患者さんの気道には炎症(はれ)があり、この炎症を抑えない限り発作(喘息)は何度も起こります。

喘息(ぜんそく)とは、何らかの刺激で気道(のどと肺を結ぶ空気の通り道)が急に縮み、
息苦しくなる病気です。

喘息の発作が起こると、息苦しくなり、呼吸をするときにゼーゼー・ヒューヒューという音が鳴ります。喘息は咳が止まらなくなることもあります。
これらの喘息症状は、夜間から早朝にかけて起こることが多いのが特徴です。
発作が起こっていないときは、ほとんど喘息症状はありません。ただ、喘息症状がないときも、気道(のどと肺を結ぶ空気の通り道)の炎症(はれ)は続いています。炎症が続いている気道は非常に敏感になるので、喘息の発作はさまざまな刺激によって何度も繰り返されますし、、喘息は最悪の場合には死に至ることもあります。

炎症とは、一般的に「細菌・薬品・物理的作用」などに反応して、体の一部に発疹、腫脹、疼痛、発熱などを起こす症状のことをいいます。

これは体の外側から加えられた種々の刺激に対して、私たちの体を守る為の反応です。喘息をおこす症状もつまり、外敵に対する防衛がおこす炎症反応で重要なのですが、炎症そのものが患者を苦しめる喘息となる場合があります。
キャッツクローは、お試しになられましたか?
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。

今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。
                            >キャッツクローのお試しはこちら
ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。
会社案内お問い合わせ特定商取引法