腰痛についてご説明しています  
テーマ:腰痛・腰が痛い・腰痛の原因と症状そして骨の老化や骨盤のゆがみ

腰痛、腰が痛い

腰痛の原因・症状は様々ですが、根本は骨の老化と骨盤のゆがみが腰痛の大きな原因だと考えられています。
腰痛”これは経験のない人には解らない痛さです。

腰痛は、朝、顔を洗おうとして前かがみになった時急に痛くなったり、物を持とうとしてギクッと腰に痛みがきて動けなくなったり、様々な時に激痛が突然やってきます。又、慢性の腰痛や椎間板ヘルニア.ぎっくり腰等いろいろな症状が腰痛にはあります。
腰痛のひどいときはベットから起きあがることすらできません。

腰痛の原因は骨の老化
骨の老化は、残念ながら誰でも、20才位から始まってしまいます。

腰痛の原因は骨盤のゆがみ
骨盤は体の要となっており、骨盤がズレると他の骨や神経等に影響を及ぼし腰痛となります。

骨盤がゆがむ(ズレる)と脊髄までズレて、少しずつ老化している骨と骨の間にある椎間板が潰され、椎間板の中にある髄核と呼ばれるゼリー状の物質が、椎間板の外にはみ出て、神経を圧迫することから炎症が起こり、激痛(腰痛)が走ります。(これを椎間板ヘルニアといいます)
椎間板ヘルニアだけではなく、骨盤や脊髄の周りにはいろいろな神経があり腰の他、膝が痛くなったり足がしびれたり様々な腰痛以外の症状が現れてきます。

腰痛の根本は、いまから50万年ほど前、それまで四本足だった動物が二本足で立ち上がり、地球上に人類が誕生したことはご存じのとおりです。
地球上には重力が働いているので、それまでのように四本足で這うのと二本足で歩くのとでは、重力のかかり方がまるで違います。

また、内蔵にしても、四本足の時は横に並んでいればよかったわけですが、二本足で立ち上がると内蔵はタテにぶら下がる形になるので、なにかと異常が起こりやすくなります。
そこで創造主は、重力に抗して直立歩行ができるように、背骨にS字状のカーブをつけて、体の重みが一ヶ所に集中しないようにしてくれました。
このS字状のカーブを生理的湾曲といい、人間が直立するため絶対必要です。
腰痛等を患っている方は、その他の病気を疑ってかかる必要があります。
腰痛を一時的に解放させたとしても、その痛み(腰痛)の原因は医者に診てもらわないと分かりません。

内臓疾患が原因で肩こりにもなりますし、骨のズレによる腰痛などは、整形外科で骨のズレを治さなければ、痛みはいつまで経っても治まりません。 

とにかくその痛みの原因を病院に行って特定することが腰痛には大変重要です。


                >腰痛の原因について< >坐骨神経痛


会社案内お問い合わせ特定商取引法