より健康で明るい生活をするための一言アドバイス
・・・ちょっと意識するだけで、健康な生活が・・・
炭ココアでダイエット

今話題になっているのが、竹炭とココアパウダー、オリゴ糖、ゼラチンなどが配合された粉末を、コップ一杯の牛乳溶いて飲むだけの健康「炭ココア」ダイエットです。こんなにお手軽に作れて、しかも食事制限もなしと言う理由から、実行し健康的に10キロ以上も減量した人が続々と出てきているようです。

温めた牛乳に炭ココアの粉末を溶かせば寒い今の時期にピッタリなホット炭ココアとなり、身も心も暖めてくれ、その上嬉しい健康ダイエット ちょっと試してみたくなりませんか?

健康にいいココアはご承知の通り、強い抗酸化作用で老化や病気の元凶である活性酸素の害を防ぐポリフェノールを多く含み、豊富に含まれた食物繊維は便通を良くしてくれます。

一方炭も健康よく、消臭や入浴時保温効果はおなじみですね

炭ココアの粉末には、竹炭が入っていますが、炭は昔から漢方薬や民間療法で、健康の為内用としてよく使われ、下痢止めや整腸剤などの医薬品の原料として使用されており、「薬用炭」として、日本薬局方にも載っていますよ。

末梢血管の縮小を改善するショウガみそ汁

健康を考えると、血行が悪い事が原因の冷え性は、肩こり、腰痛、ひざ痛、頭痛、めまい、頻尿などの原因にもなっています。また男性では、精力減退、女性では生理痛、子宮筋腫なども下腹部の冷えが原因であることも多いようです。そこで、ぜひ健康の為にご家庭で実行してほしいのが、ショウガみそ汁です。

ショウガは、できるだけ生のものを、そのつどすりおろしてつかいましょう。最初は、みそ汁1杯に対してショウガ5グラム程にして慣れてきたら親指の先ほどの大きさである10グラム程に増やしましょう。みそ汁に入れることで、ショウガの辛みや、つんとくる香りはある程度うすらぎますが、ショウガが苦手な人は、スライスしたショウガを10分煮出したものをで、みそ汁を作ってください。すりおろしたショウガに比べて効果は減ります。

冬の寒い時期は、ゴボウやサトイモなどの身体を温める根菜を具に使うと効果的です。

1日2〜3回食事ごとに熱々を飲むようにしてくださいショウガを毎回すりおろすのが面倒な人は、多めにすりおろしたものを、1回ごとにラップで包み、小分けにして冷凍保存しておくと便利でしょう。
健康の為に、お試しください。

にきびの対策とは

健康な人は、にきびができ始めるのは、11〜12歳頃からで、ティーンエイジャーを中心に、24〜25歳くらいまでが多いといえます。にきびが思春期に多いのは、にきびの発症は性ホルモンの分泌に関連があるからです。

にきびは毛孔(毛の生えてくるあな)に起こる疾患です。毛孔は、皮膚の奥の方で皮脂腺(脂腺)という皮脂を分泌をする腺とつながっています。皮脂腺から分泌された皮脂は、毛孔を通って皮膚の表面へと出ていきます。この皮脂が皮膚を保護し、しっとりと潤いを与えています。ところが、この皮脂が過剰に分泌されると、にきびができやすくなるのです。

男性ホルモンには、この皮脂腺の働きを活発にし、皮脂分泌を亢進させる作用があります。男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂腺が刺激を受け、皮脂を多量に分泌するようになります。男性ホルモンは、男性だけでなく、女性にもあります。思春期には、女性でも男性ホルモンの分泌が、わずかながらも増えてきます。この為、男女共に思春期になると、にきびができることが多くなる
のです。

にきび対策では、毛孔に皮脂を詰まらせないことが基本です。洗顔によって余分な皮脂を取ることが大切な予防法であり、治療にもつながります。石鹸を使用して丁寧に、石鹸成分を残さないよう、1日に数回洗顔します。できれば、ぬるま湯を使ったほうが効果的です。石鹸は普通のものでよく、特ににきび用、脂性の人用のものでなくてもかまいません。ただし、にきびができているときは、クレンジング剤やスクラブ入りの洗顔料などは、避けた方がよいでしょう。

不眠の原因と効果的な対策とは
不眠は、色々な原因が考えられますが、大まかには2つほどに分類できます

蓄積疲労による睡眠障害
脳や神経の使いすぎのより、1日10時間寝ても疲れがとれない 日中も眠気におそわれる状況が続く場合は、蓄積疲労の場合 が多いようです

細胞を修復する成長ホルモンは、睡眠中にしか分泌されません。 蓄積疲労の人がいくら寝ても足りないと感じるのは、身体が 成長ホルモンを分泌して、疲労により失われた神経細胞を 修復している証なのです

自律神経バランスのくずれ
私たちの身体には、機能をコントロールする自律神経が備わっており、 これは活動状態をつくる交感神経と休息状態をつくる副交感神経があります。
ところが、緊張やストレスでこのバランスが悪くなると不眠やイライラ の症状が起こりやすくなります。
いずれの場合もホルモンバランスが悪くなっているようですが、 いち早く改善し質のよい睡眠を十分とりたいものです。

そこで、今回お勧めするのが、身近にあり、誰でもが簡単に摂取でき熟睡できる健康食材をご紹介いたします

それは、レタスなのです。
レタスには、脳をリラックスさせ、自然な睡眠を促す「ラクッコピコリン」という物質が豊富に含まれています。
これは、体内で分泌される睡眠誘導ホルモン(メラトニンやセロトニンなど)によくにた働きをします。
眠りを促す即効性があり、しかも必要以上には残らないので、朝の目覚めは妨げない便利な物質です。
レタスをそのまま食べるのもいいのですが、レタスジュースに牛乳を加えた「レタスミルク」を、就寝の30分前くらいに飲むと健康的でより効果的です。
免疫力を高めよう
21世紀、目に見えない、人類最大の健康の敵が猛威を振るい始めました。
2003年21世紀最初の最も危険な感染症に指定された、SARS。2004年食の安全を揺るがし人類の命をも脅かす鳥インフルエンザ。さらに得体の知れぬ感染の恐怖をまき散らすBSE。これらの現状を遠い世界の話だと、思っていましたが、しかし、現実に街からあの牛丼が、消えてしまいました。
そして、これら全ての原因は人類最大の健康の敵、ウイルスをはじめとする病原体です。
様々に進化を遂げ、人類未体験の病原体が我々を襲っているのです。しかし、元々健康な人間は自らの体内に、病原体と戦う力を備えているそれが、免疫力です。

免疫力とは、
身体の中で働く健康の防御システムの事。このシステムが、ウイルスなどの外敵から身を守っています。
免疫力のおかげで、我々は、ウイルスなどの存在する環境でも生きてゆく事が出来ます。
しかし、感染症にたいする免疫力に関しては、低下してきていると考えられます。
今後もこの傾向は進んで行くと考えらているのです。

その免疫力の低下が、いま、さらに加速しています。
しかし、ひとつの疑問が、例えばSARSを取り上げても、同じ環境で、罹った人と罹らなかった人がいる。
そして、このような違いは我々の日常の健康にも存在します。
旅先などで、体調を崩しやすく、すぐに風邪をひいてしまう人と、全く平気で健康な人がいます。
同じものを食べ、食あたりを起こしても、いつまでも腹痛が治らない人逆に、すぐ治る健康な人がいます。
病気にまつわるこのような健康の個人差は、一体、どこから生じるのでしょう。
実は病気に強い弱いの個人差は、免疫力の強さに比例つまり、自分の免疫力を把握しておかなければ病気と戦えないのです。
そこで、病気にかかりやすい人・かかりにく人とは

風邪を引いてしまったり、同じものを食べていても、自分だけお腹を壊してしまう人。
では、病気にかかりやすい人の免疫力はどんな状態になっているのかといいますと、その原因は粘膜系の免疫力の低下です。

そもそも粘膜とは何なのでしょうか。
粘膜とは、鼻や口などの、身体の内側にあり、外界と接する部分の事。そして、食道や、胃、腸などの粘膜から、人間は、栄養素や水分を吸収しています。
しかし、粘膜には様々な物が外界から流入するため、病原体の侵入場所になってしまいます。
粘膜は色々な病原体の侵入を阻止するバリアとして重要な役割を果たしています。
ウイルスや細菌などの病原体は、呼吸や食事と一緒に、人体に入り込みます。
健康な人はそこで、粘膜のバリア機能が病原体の侵入を阻止。病気にかかることはありません。
ところが、粘膜系の免疫力が低下していると、病原体が粘膜を体内に侵入。病気にかかってしまうのです。
つまり、病気にかかりやすいのは、粘膜系免疫力の低下が原因です。
粘膜を健康な状態にする事が重要それには、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミンの摂取が必要 です。

この3つを、同時に手軽に取れるのがカボチャそして赤パプリカ。さらに、ホウレン草です。
粘膜の新陳代謝を活性化すれば、「粘液」や「IgA抗体」の産生量も増加します。
さらに、粘膜系免疫戦士が弱っている時その代役をしてくれる健康サポート食材をご紹介いたします。

健康サポート食材1はカテキンです。
カテキンには、ご存知の通り、高い殺菌作用があります。お茶の産地では"お茶うがい"は常識です。
その高い殺菌作用で、低下している粘膜系免疫力をバックアップ します。

健康サポート食材2はフコイダンです。
フコイダンは、海藻のヌルヌル成分のことで、海藻が他の生き物に食べられないようにする為に作り出すバリアの様なものです。
このフコインダンは、人間の粘液と非常に性質が似ていて、粘膜になじみやすく、粘液不足を補ってくれるのです。

健康サポート食材3 キムチ
実は、キムチには、大量の乳酸菌が含まれていて、腸内で、食中毒菌を退治してくれる働きがあります。
キムチ特有の乳酸菌「ラクトバチルス」は、胃酸で死滅しがちな乳酸菌の中で、もっとも腸に良く届く、優れた乳酸菌なのです。

冷え性を改善
冷え性とは
今ごろの気候から冬に向けて足が冷たくて眠れない、お風呂でよくぬくもったあとでも、上がったとたん足先はすぐに冷え始めあわてて靴下をはく。・・・などこの季節、「冷え性」という病名はなくても、実際に「冷え」に悩んでいる人は少なくありません。

「冷え」は体からの”ヘルプ”のサインです。生理痛や肩こり、便秘、肌荒れなども実は”冷え”と深い関係があるといわれています。
多くは女性の悩みのようにいわれていますが、最近では子供や成人男性にも冷え性が見られるようになってきました。
ほかの部分は何ともないのに手足だけが冷たくて、しびれたり痛んだり・・・そんな経験のある方は少なくないと思います。
冷え性は体温調節機能、血液の循環が悪いことが大きな原因です。また、低血圧・貧血の人の多くは冷え性に悩んでいるといわれています。そのような悪循環に陥らないようにまず「冷え性」対策をしっかりしましょう。

冷え性を防ぐ食事と栄養
冷え性治療の第一歩は、食生活の改善です。
バランスのとれた食事を摂りましょう。(できるだけ沢山の種類の食品をとりましょう!)

ダイエット志向の若い女性の間で「生野菜サラダ」中心の食事が好まれる傾向にありますが、冷え性の改善を望む方にはおすすめではありません。(一般に水分を多く含む野菜を生でたべると体を冷やしてしまうからです。)サラダを摂るなら、温野菜を中心にしましょう。また、四季のはっきりしている日本は季節の「旬」が豊富です。「旬」のものは栄養素も豊富です。上手に「旬」を取り入れ、とくに冷え性対策には火をとおした調理をお薦めします。

栄養素は単独ではなく、複数で手を組んで働きます。冷え性改善にとくに強化したい栄養素はビタミンEやCをはじめ鉄分などのミネラル類と良質のタンパク質です。できるだけ食事の形で自然に摂ることがベストですが、あくまで、"プラスαの補い"として栄養補助食品をお使いになることもお薦めです。

お酒は血行をよくし、体温を上昇させます。とくに冷え性の方にはあたためて飲むことをお薦めいたします。
ただし飲みすぎに注意しましょう。

この季節のおすすめ健康簡単レシピ。いろいろな野菜をコトコト煮込んだ「具沢山のポトフ」はいかがでしょう。入れるものによっても素材そのものの甘味・うまみを引き出しバラエティーに富んだ演出ができます。食物繊維が豊富なので、便秘解消にも役立ち一石二鳥です。

冷え性を改善する暮らしの工夫
快眠を得るため、起床・就寝の規則正しい眠りのリズムを整えることが大切です。

入浴で、体を芯から温めましょう。ぬるま湯に汗がでるくらいまでつかるのが効果的です。
「温冷浴」・・水とお湯に交互につかる。水のいやな人は風呂上りに足元に水をかけるだけでも湯冷めしにくくなりますよ。
自律神経の働きを活性化します。
「部分浴」・・おへその下だけ入浴する。あるいは手だけ、足だけあたためる。
冷えのもとである足や手に滞った静脈血の還流を促す効果があります。
「分散浴」・・10〜15分お湯に入り、2〜3分お湯から出てまた入る。
体があたたまり、湯冷めしにくくなります。

適度な運動をしましょう。
運動をすることにより血液循環がよくなり、冷えの大きな要因であるうっ血が少なくなります。また、冷えにくく温まりやすい体をつくり、自律神経の働きも良くします。
適度な運動で一番身近なのは歩く事。エスカレーターを使わず階段を利用するなどして1日10000歩を目標に歩数を伸ばす事をおすすめします。

「冷え」は体からの”ヘルプ”のサイン。ご自分の生活で身近いにできる事から冷え性を改善する努力をしましょう。

風邪に気をつけよう

風邪について

食べたばかりなのに又食べたくなってしまう、いつもと違う空腹感。風邪の初期によく経験することです。
そんな時どんどん食べ続けると内臓が疲れます。
尿や便の排泄が悪くなり、身体が重いと感じた頃咽が痛んだりして風邪だったことに気づきます。

健康な人の場合、風邪のウイルスなど、病原体が体内に侵入すると、数時間で食細胞が病原体を発見し、捕食の活動を始めます。健康で抵抗力がある人はこの辺で風邪が軽くなり、一段落してしまいます。

しかし、体力低下や疲労などで抵抗力が落ちている人や、病原体の勢いが強すぎる時などは、食細胞の活動では間に合わないほど病原体が増殖します。
この増殖した病原体を処理するにはT細胞の働きが必要で、T細胞は病原体を破壊したり、食細胞に刺激を与え働きを高めたり、抗体を作るB細胞を活性化させたりし、病原体を破壊します。

このようにして風邪は回復に向かいますが、増殖する病原体を処理するT細胞が活動し出すのは感染後4日位からなので、風邪が早目に治らない場合、T細胞が本格的に活動を始め、病原体を破壊するまでの数日間は増殖する病原体に苦しむことになります。

うがいの励行、身体の保温、食べ過ぎの注意、早寝など、普段から健康管理にいそしみ、風邪を引いたら早目に医師を訪れ、適切な治療を受けることが大切なようですよ。

ストレスと自律神経について
自律神経失調症とは

自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールしている神経のこと。交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって内臓の働きを調節しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあります。ここには女性ホルモン、免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

自律神経のバランスが崩れると、さまざまな症状が全身にあらわれます。肩凝りや頭痛、疲労感、めまい、不眠、冷え、下痢や便秘、食欲不振や生理不順などいわゆる不定愁訴といわれるもので、一度に複数の症状が出たり、日によって症状が違ったりするのが特徴。検査をしても異常がみつからないので、本人は原因がわからずに不安がつのり、ますます調子が悪くなるという悪循環にもなることも。

自律神経のバランスが崩れる原因は

精神的ストレス人間関係や仕事などの精神的ストレスは、自律神経を乱す大きな原因となります。
自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、バランスを崩しやすいといえます。

身体的ストレス
急激な温度変化や不規則な生活、激しい運動などの外的な刺激。

体の内部変化

更年期は、女性ホルモンの減少で自律神経失調になりやすくなります。また感染症なども原因のひとつ。

自律神経失調症は、一種の生活習慣病なので、以下のような点に気をつけましょう。
ストレスに強くなる

心身をリラックスさせ、ストレスに強くなりましょう。自分自身に暗示をかけてリラックスさせる自律訓練法で、心身をコントロールする術を身に付けるのも効果大。アロマテラピーを試してみるのもいいかもしれません。

カウンセリングを受ける
精神的ストレスが原因の場合、カウンセリングは効果的。自分では気づかないストレス原因がみつかり、気持ちが軽くなることもあります。

肌荒について

肌荒れがなかなか改善されないようですね

肌のコンディションが悪いと、心も沈んでしまいますよね。
肌荒れは内臓の不調信号です。肌のコンディションをよくするには、
全身の栄養状態から改善することからはじめましょう!

ツルツルお肌によい脂肪酸・ビタミンE・ミネラル・食物繊維が豊富なアボガド!

< 材 料 > 2人分

アボガド・・・・・・・・1/2個
納豆・・・・・・・・・・2パック
卵・・・・・・・・・・・1個
しょう油・わさび・・・・適量

< 作 り 方 >
アボガドは皮をむいて、包丁でたたく
卵・調味料、アボガドを混ぜる。
ご飯にのせる。

その他、意識してほしいこと

ビタミンA
お肌の潤いを保つには欠かせません(緑黄色野菜・うなぎ・レバー・バターなど)

ビタミンB2・B6
美容のビタミン。ニキビをできにくくするために、皮脂腺の働きをよくします。
(納豆・大豆製品・卵・アーモンドなど)

ビタミンC
シミ防止(メラニン色素の沈着を防ぐ)。ストレスにも強くなる。
(ブロッコリー・小松菜・キウイ・いちご・じゃがいもなど)

ビタミンE
抗酸化作用も強く、老化防止・若返りのビタミン。冷え性にも○。
(ピーナッツ・アーモンド・ごま・緑黄色野菜・サフラワー油など)

1. 洗 顔
いつもお肌を清潔にしておく。(厚化粧もさける)

2. 睡 眠
規則正しい生活をし、できるだけ夜10時から12時までの間に眠り、
睡眠時間を7時間以上とる。

3. バランスのとれた食生活
暴飲暴食はさけて、野菜・果物・きのこ類・海藻類などの食物繊維、
ビタミン、ミネラルが豊富な食事、便秘を解消し腸をいつもクリーンにしておくと、
肌もきれいでいられます。

4. ストレス・疲労をためない。
ストレスをためると、肌に関わるホルモンバランスが崩れます。自分の好きな趣味などで
ストレスを発散させることで心も元気になり、疲労回復につながる。

5. 甘いもの・脂っこい動物性脂肪・コーヒーなどのカフェインは控えめにする。

出来ることからお試しくださいね

風邪におばちゃんの知恵を
爽やかな味わいと香りが魅力の緑茶。
私たち日本人の生活にはあまりにも溶け込みすぎていてその効能を見落としがちですが、健康にも美容にも効果的と、
今密かなブームになっています。

一口に緑茶といっても、代表的な煎茶をはじめ、玉露、抹茶、番茶、茎茶など種類はいろいろ。暮らしのシーンやお好みに
合わせてそれぞれの味わいを楽しめ、それが身体にいいのであればまさに一挙両得ですね。

緑茶にはカテキン、ビタミンC、カフェイン、フッ素などが含まれ、中でも有名なのが渋みの成分であるカテキン。カテキンは
赤ワインやココアに含まれるポリフェノールの一種で、おもに優れた抗酸化作用、抗菌作用、抗ウイルス作用が
認められています。

身体の細胞の機能を低下させ、老化の原因にもなる活性酸素。
カテキンは抗酸化物質としてこの活性酸素を抑えると共に、体内への蓄積を防いでくれます。

高い抗菌作用は、食中毒の原因になる腸炎ビブリオ菌などの撃退にも効果的。お寿司と“あがり”の組み合わせというのは、
まさに理にかなっていると言う訳です。

近年、猛威を振るった病原性大腸菌O−157にもその効果が期待されています。

また、美肌作りに欠かせないビタミンCの豊富さも見逃せません。
その含有量はレモンの約4倍とか。日焼けやストレスなどのダメージから肌を守り、さらに、カテキンの持つ抗菌作用とのダブルパワーで、ニキビにも働きかけてくれます。

その他にも、緑茶でのうがいは虫歯や口臭を防いだり、風邪の予防、またカフェインの作用で気分もすっきり!と、身体にいいことづくめの緑茶ですが、水に溶けにくいビタミンA、Eや食物繊維は抽出されず茶がらに残ってしまいます。

茶葉をそのまま飲む抹茶や、茶葉をまるごと食べる、まるごと飲めるタイプも一緒に取り入れると、100%の効果が得られます。

おいしい緑茶を飲んだ後に残った茶がらを、そのまま捨ててしまうのはもったいない話。茶がらには消臭成分が残っています。そのを成分を生かし、冷蔵庫や靴箱の天然の消臭剤として活用してみましょう。

乾燥した茶がらをヨーグルトやプリンなどの容器に入れ、2ヵ所くらいに置きます。
1週間に2回ほど取り替えてしばらくすると、嫌な臭いが気にならなくなります。
また、一度洗剤でよく洗ったまな板を、出がらしの茶葉でもう一度出したお湯で洗うと魚臭さなどが残りません。

飲んでよし、残ってよしと丸ごと活用できる緑茶の力をもう一度見直して、健やかさとキレイを手に入れましょう。

トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク