冷え症は、抹消血管の血行が悪いためにおこります

その原因はなに? そして早いうちに改善の為の対策を考えましょう

冷え性の原因チエック

1
疲れやすい、疲れがとれずいつもダルイ
2
つまらないことでイライラする
3
寝つきが悪い
4
激しい動悸が起こることがある
5
よく頭痛が起きる
6
年中肩こりに悩まされている
7
手足、腰が冷えてるのに顔がほてる
8
最近、汗をかきやすい
9
憂うつになることがある
10 トイレが近くなった
11 月経が不順だ
12 年齢は35〜55才の範囲内
13 朝起きるのがとてもつらい
14 胃腸が弱い。下痢、または便秘をよくする
15 寝不足でもないのに目の下のクマがとれない
16 長時間立っていて立ちくらみを起こすことがよくある
17 立ったままでは靴下が履けない
18 運動不足だと思う
19 顔色が悪いとよく言われる
20 爪が白っぽい
21 偏食気味(緑黄色野菜やレバー類が苦手)
22 肌がカサカサしていて荒れやすい
23 ダイエットをしている
24 耳鳴りがすることがある

チエックの多いゾーンで原因が解ります
いちばん多くチエックがあるゾーンで原因を判定
いくつかにまたがってチエックがあった人は、その複合タイプだと思ってください。

1〜6にチエックが多い方 - 自律神経失調ぎみ
7〜12にチエックが多い方 - ホルモンバランスが崩れぎみ
13〜18にチエックが多い方 - ホンプ力低下(筋肉)ぎみ
19〜24にチエックが多い方 - 貧血ぎみ

自律神経失調ぎみ
おそらく、冷え症の人にいちばん多いのがこの自律神経失調タイプ。 自律神経失調症とまではいかないまでも、なんらかの原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっているために、血行が悪くなっているのです。気がつかない間にストレスがたまっていませんか? 生活が不規則になっているのでは? 冷え症は、あなたの体の黄色信号です。

                                       >詳細
ホルモンアンバランスが崩れぎみ
思春期、妊娠、出産、更年期……女性の一生に何度も訪れるホルモン分泌の大きな転換期。その時期には、肉体的にも精神的にもたくさんの変調があります。 冷え症も、そのひとつ。決して病気ではないけれど、やっぱりつらいのはイヤですもの。自分に合った対策をみつけましょう。 また、病気など何かほかの原因でホルモン分泌が変化している場合もあるので、要注意です。
                                        >詳細
ポンプ力低下ぎみ
血液は、心臓のポンプの力とそれを補佐する筋肉の力によって、体のすみずみに送られるわけですが、その力が弱くてきちんと送られていないのがこのタイプ。低血圧なんぞは、まさにポンプ力が弱いわけですが、持って生まれた体質なんだから仕方がないと、あきらめないで。あなたにだって、この冬、あったかく過ごすテはあります。


                                        >詳細
貧血ぎみ
血管よりも、そのなかを流れている血液そのものにモンダイがあるのが、このタイプ。代表的なのは鉄欠乏型の貧血。各器官に送られていく血液中の酸素の量が不足しているため、うまく栄養が燃焼されないのです。ですから、このタイプでは手足はもとより、全身が冷えてしまうことになります。まず、食生活の見直しを。

                                        >詳細
あなたを悩ませる冷え性は改善できる!

冷え性の効果的な改善と日常生活はこちら
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク