メタボリックシンドロームの予防をサポートするエルカンプーレ
エルカンプーレは、メタボリックシンドロームの予防をサポートする

エルカンプーレ

アンデスの薬草エルカンプーレがメタボリックシンドロームの予防をサポート
エルカンプーレは主にペルーの標高3500mから4000mのアンデス高地のプナと呼ばれる寒冷な荒地に自生しているリンドウ科リンドウ属の双子葉植物で、地上部位(全草)が使用されております。

エルカンプーレの語源はケチュア語で“町から町を歩いて移動する(インカ帝国時代は「往診する医者」のことを指していました)”という意味で、ペルーでは古来より珍重されてきました。古代文明の遺跡から発掘された土器や織物の多くには、エルカンプーレと一緒に痩せた女性が描かれており、欧米諸国でも関心が持たれています。
またエルカンプーレは様々な事柄に利用されており、ペルーでは近年、最も人気のある植物です。
エルカンプーレはアルファリポ酸やLカルニチンに続き、今最も注目されるダイエット成分なのです

                   
■本能性高血圧の予防をサポート
日本人の三大死因は癌が約30パーセントと最も多く、次いで脳血管疾患と虚血性心疾患がおのおの 約15%で、両者をあわせると癌とほぼ同じになります。

脳出血や脳梗塞など脳血管疾患や、狭心症、心筋梗塞など虚血性心疾患は高血圧と密接な関係があり、 血圧が高い程、またその期間が長い程、これらの病気にかかる率が上がるのです。

本能性高血圧は、遺伝的因子に悪い生活環境で発症すると思われます。
これといった自覚症状もなく、直接の死因になることもない「高血圧」。しかしその正体は、
『サイレント・キラー=沈黙の殺し屋』の異名を持つ侮れない病気です。
放置しておけば静かに進行し、場合によっては生命に係わる合併症を引き起こしかねないという恐ろしさを持っています。
つまり、この高血圧を放置していると起こってしまう異変の1つが、動脈硬化。血圧の高い状態が続けば、血管に負担がかかって障害を受け、動脈硬化が進んだり、血栓ができやすく
なってしまいます。
そして、これが影響して脳や心臓、腎臓などの主要臓器が侵され、脳卒中や心筋梗塞等の合併症が現れることになります。
また心臓は、高い圧力で血液を送り続けることでポンプの役割を果たす筋肉(心筋)が厚くなり、心肥大の状態になってしまいます。
さらに進行すれば、心臓の収縮、拡張機能が弱まり、やがては心不全に至る場合もあるのです。
かねてから先進国の人々の間では、高齢になるほど血圧が高くなる傾向がありましたが、同時に各種の生活習慣が血圧に影響を及ぼすことから、その予防・治療として、減塩や適度な運動など生活習慣の改善に注意が払われてきました。
また原因となる環境因子には、食生活の欧米化や肥満、ストレス、睡眠不足といった現代人が抱える悩みも多く、平素からの適切な対策を怠らないことが大切といえるのです。
■活性酸素の害を抑える働きをサポート
私たちの生活の中で、呼吸によって体内に取り込まれた酸素は、体内で栄養分を燃やして、生命を持続させるために必要なエネルギーをつくり出しています。
この栄養分を分解するときに酸化作用が起こり、活性酸素が生み出されます。
呼吸によって体内に取り込まれた酸素の約2〜3%が活性酸素に変わるといわれているが、これらの活性酸素は、もともと人間の身体に備わっている抗酸化物質によって無害化され、活性酸素の害から体が守られています。
しかし、激しいスポーツ、タバコや車の排気ガス、大量の紫外線、農薬などの化学物質、食品添加物の大量摂取、ストレスなどによって、活性酸素が過剰に発生すると、老化や発がん性、腎障害、動脈硬化、白内障などの促進につながる原因となるようです。

日本では1990年代初め頃から活性酸素に注目が集まるようになり、活性酸素の発生を抑える生活習慣や食べ物、サプリメントなどが話題となりました。
また、放射線医学総合研究所の放射線安全研究センターでは、大阪大学などとの共同研究で、ビタミンEやカテキンなどの抗酸化物質によるフリーラジカル消去メカニズムを分子レベルで解明するとともに、溶媒によってメカニズムが大きく変わることを、2005年に公表しています。
活性酸素やフリーラジカルによる生体組織の酸化を抑えることで、がんや動脈硬化などの予防効果が高い新薬の開発が可能となると期待されています。
天然の抗酸化成分としては、ビタミンE(a-トコフェロール)がよく知られていますが、エルカンプーレの
抗酸化活性もよく知られています。
■血糖値の上昇を抑える働きをサポート
糖尿病は血糖(または血中ブドウ糖)値が異常に上昇する疾患です。
II型糖尿病は、以前はインスリン非依存型糖尿病(または成人性糖尿病)と呼ばれていたものです。
このII型糖尿病では、インスリンは体内において分泌されており、通常であれば、インスリンによって体内の細胞がブドウ糖をエネルギーに変換させることができるはずですが、それが正常に行われないために起こる疾患です。

日本では、糖尿病人口は690万人、治療を受けていない人を含めると1,370万人を超えると推計されます。
通常、40歳以上の成人に見られますが、青年期においても発病する場合もあります。
家族にII型糖尿病の既往歴がある場合には、発病する可能性が高くなります。
最も多くみられるのが、過食、運動不足また精神的ストレスなどの原因によるもので、全体の95%以上を占めています。
■マンジフィリンで、体脂肪のコントロールをサポート
肥満度は、体重に占める脂肪の割合、つまり「体脂肪率」で決まります。
体重が純粋な体の「重さ」であるのに対し、体脂肪率とは体重に占める「脂肪の割合」のことです。

肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす原因として問題視されてきました。
例えば、20〜30代の人にも急増中の糖尿病は肥満ともっとも関係が深い病気だとされています。
体脂肪量が多いと、インスリンというホルモンの働きが悪くなり、血糖の高い状態が続いてしまう糖尿病になってしまいます。
同じように体脂肪量が多ければ、血液中の脂肪量が増えることから血中コレステロール値が高くなり、動脈硬化の引き金になる高脂血症の原因にもなります。
動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中といった死に直結する病気を引き起こしてしまいます。
また、肥満の人は酸素の消費量が多く、血液の循環量が増加するとともに、体が大きい分だけ心臓は高い圧力で血液を送り出さなければいけません。
そのため、高血圧にもなりやすいのです。
さらに、食習慣では食べすぎ、特に動物性脂肪をとりすぎることからガンまでが懸念されるなど、肥満は多くの病気の原因となっています。
これらの生活習慣病は、特に内臓脂肪型の肥満の人に多く見られます。
生活習慣病が恐いのは、これらは自覚症状が現れるまでに時間がかかることです。
肥満へと向かう日常生活を送っていく中でだんだんとその原因が作られていきます。
■コレステロールの正常化をサポート
コレステロールは脂質の一種で、なにかと嫌われてばかりですが、細胞膜を維持するという大切な役割を持っており、人間が生きていく上で欠かせない栄養でもあります。
細胞膜の材料となる他にもホルモンや、食べ物の消化吸収を助ける胆汁の材料としても使われています


コレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)と呼ばれるコレステロールがあります。
正確にはHDLやLDLは、コレステロールそのものではなく、コレステロールを運ぶ容器です。
脂質の一種であるコレステロールは血液に溶けないため、リポタンパクという容器に入れられて血液中を移動するのです。
それぞれの容器に入れられたコレステロールがHDLコレステロール、LDLコレステロールと呼ばれています.

一般的に善玉と呼ばれるHDLは、血液中に余っているコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割をしています。
不要なものを回収してくれるわけですから善玉と呼ばれています。
もう一方のLDLは、全身にコレステロールを運ぶ役割をしています。
しかし、LDLが増えすぎると血液中にコレステロールが余ってしまいます。
この余ったコレステロールが酸化して変性し、血管壁に入り込んで動脈硬化の原因となってしまうことがあるので悪玉と呼ばれています。
善玉コレステロールは、悪玉コレステロールにより血管壁に蓄積したコレステロールを肝臓に回収する作用があります。
エルカンプーレDX
メタボリックシンドロームの予防をサポート
目安:1日3〜6カプセル
成分:エルカンプーレ粉末
容量:100カプセル23g(23mg×100)
使用目安:1ヶ月ほど
原料:エルカンプーレ
原産地:ペルー

品質:
ペルー厚生省食品衛生局登録商品
販売者:株式会社ナチュラルインデックス
植物由来カプセル(プラントキャプス)
 ● 1粒あたりの栄養成分表示
エネルギー 0.73kcal たんぱく質 7.3mg 脂質 1.46mg
炭水化物 182.5mg ナトリウム 0mg
価格表
メーカー小売希望価格 販売価格 ご継続価格 3個セット 6個セット
1個 9.800 9.200円 8.800円 8.400円 8.100円
合計 - - - 25.200円 48.600円

     ※まとめ買いがお得です

                             >お申し込みはこちらから<           
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク