糖尿病と勃起不全の関係について

糖尿病と勃起不全は密接な関係があります

糖尿病と勃起不全の関係は、糖尿病から生じる血管や神経の障害が、ペニスの血流を抑えてしまうからです。

また、心理的な要因も大きく関係しており、個人差はありますが、
糖尿病を患っている男性のほぼ半数は勃起障害と言われています。

糖尿病は、血中インスリンの絶対的不足、相対的不足が原因で起こり、その結果として血糖値の上昇が起こる病気です。

通常、糖尿病は、Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病に分けることが出来ます。
日本人の場合そのほとんどがⅡ型糖尿病です。
Ⅱ型(インスリン非依存型)糖尿病は、インスリンの分泌量が低下しているか、インスリンの血糖を下げる作用が弱くなって発症するもので、遺伝素因のほかに、エネルギーの過剰摂取や栄養の偏った食生活、運動不足、ストレスが大きくかかわっています。

その治療にかならずしもインスリンを必要としないもので、日本人の糖尿病の90%を占めています。
このタイプは40才以降に発症することが多いのですが、肥満児の増加と共に10代から発症するケースも増えています。


まず食生活の改善

糖尿病の90%はⅡ型(インスリン非依存型)です。
その原因の多くが生活習慣が引き金になっています。

そのため、糖尿病の患者さんの半数は食事療法をきちっと行えば血糖のコントロールができるといわれています。

過食は、大量のインスリンを必要とするので、それだけ膵臓に負担がかかります。
そこで、インスリンをできるだけ使わないですむようにすること、つまり膵臓をできるだけ休ませてあげることが、
食事療法の最大の目的になります。

インスリンの分泌を大きく二つに分けると「基礎分泌」と血糖上昇に合わせて分泌される「追加分泌」です。
健康診断では普通、空腹状態での血糖値を測ります。
このときは正常だが、食事によって血液中の糖分が増えるとそれを処理するためにインスリンが大量に追加されます。

糖尿病の初期は、「追加分泌の遅れ」や「分泌量の低下」という形で現れることが多い。この状態は高血糖を持続させ、長引けばやがて本当の糖尿病になってしまいます。

少ない量のインスリンで済むように膵臓をいたわらなければなりません。
まず運動する習慣をつけ、インスリンの効き目を高めることができれば、高血糖は予防されます。

もう一つは食事です。摂取する糖質の量を抑える、あるいは血糖にブドウ糖が流れ込むスピードを遅らせることです。
特に過食を原因とする多くの糖尿病、もしくはその予備軍では「食の感受性が低下している」と指摘されています。

つまり「味わって食べる」習慣を喪失し、「飲みこむ食事」が普通になっています。
大量の食事を一気に取ると血糖は急上昇します。
すい臓はおおわらわでインスリンを分泌して対抗します。
この状態が続くとインスリンの働きが悪くなり、高血糖が続くことになります。
高血糖は動脈硬化を促進するとともに膵臓自身をも弱らせます。
この悪循環を断つためには、腸における糖の吸収をゆっくりとさせる食事をとることです。

大切なことは、まず食事習慣の改善と男性ホルモンであるテストステロン値を上げることです。






■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!


 
中年男性の性欲 
性欲が弱い インポ 
性欲が弱い 中折れ
中年男性のセックスレス
中折れ克服体験
性欲とストレス
性欲とテストステロン
糖尿病と勃起不全
膣内射精ができない
中年の早漏
精力剤は妻が薦めた方が
膣内不感症
男性更年期と性欲減退 
     
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク